『魔法少女プリティ☆ベル』

Posted at : 2010年 / 05月 / 21日


35歳のムキムキボディビルおやじが魔法少女に! という衝撃的
テーマが話題になってるようですので読んでみましたKAKERU
『魔法少女プリティ☆ベル』?。

こういうナンセンスなコンセプトは大好きですんで、期待大きかった
んですが……うーん。

まず読みにくいです。キャラの数と設定が構成力を越えていると
いいますか。なんだかんだでオッサンが魔法少女になってからは
ボケも少なく、中途半端なバトルマンガになります。

マッチョ/ロリのミスマッチボケが作品の背骨であるはずなんです
が、マッチョおじさんが普通に強いのでは、もはやナンセンスでも
なんでもないですね。

萌え属性とマッチョ男というミスマッチをテーマにしたマンガには
『仮面のメイドガイ』がありますね。やや癖のあるコマ割りや、
ネームの多さで読みづらい作風に共通項がありますが、『メイドガイ』
はそれを埋めて余りあるブレのないギャグセンスとバランス感覚が
ありますね。

出オチキャラのバカ度をキープし続けるのは、実は大変な才能と
努力が必要という話でした。



Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0
 |