『THE MENTALIST』見た

Posted at : 2010年 / 05月 / 28日


少し前、伊集院もラジオで話題にしてた外ドラ『THE MENTALIST/
メンタリストの捜査ファイル』、スーパードラマチャンネルで
第1話見たっす。

「メンタリスト」てのは、心理学ではなく、手品業界の用語。
ちょっとした表情や筋肉の反応で人の心を読み操るトリックを
用いる奇術師を指す言葉ですね。

主人公パトリック・ジェーンはこのメンタリスト。手品師ではなく、
霊能者としてテレビで大金を稼いでいましたが、ある番組で、話題の
連続殺人鬼を揶揄したところ、その殺人鬼に家族を殺されてしまいます。
以来彼は、その技術を活かして犯罪捜査に協力することに…という
設定。一見キザで人をイラつかせるニヤケ男ですが、その心の奥には
自身が家族を殺される原因になってしまった罪悪感から、底知れない
闇を秘めている、というなかなか魅力的なキャラクター。

この主人公が、妻を殺したシリアルキラー「レッド・ジョン」を
追うというのがシリーズの骨子ですが、もうちょっとピリッとした
緊迫感とかスピード感があるかなーと。たとえば初対面の人の
プライベートな情報を一目でズバズバ言い当てる、というのは
それこそ19世紀のシャーロック・ホームズですでにやってること
ですし、犯人を追い詰める課程にもいまいちスリルがありません。
大詰めのいいところで、ちょっと眠くなってしまいました。

何話か続けて見れば、もうちょっと面白くなるのかな。
とりあえずレッド・ジョンが出張ってくるまで視聴続行します。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

F3のなんが悪いとですか

Posted at : 2010年 / 05月 / 28日


けっこう毎週楽しく見ているアニメ『B型H系』。
ヒロインに狙われる男の子が持ってるカメラがニコンF3(しかも
アニメには割りと珍しく正確に描いてある)というところも
気に入ってます。ストーリーにも時々効果的に使われてますし。

で、今日東京で放送された回には、ニコンD3系にニッコールのゴーヨン
かなんか付けたイケメンキャラが登場して、その男の子が自分の
F3にちょっと劣等感を持つというシーンがあるんですが、個人的には
カメラの「格」はぜんぜんF3の方が上だと思ってますw


まあF3は程度のいいものでも中古で数万円、シャッタースピードも
最高で1/2000までしかありません。かたや最新のD3sはボディ単体で
50まんえん。レンズがゴーヨンだったらプラス80まんえん。
そこそこの車とおんなじ値段です( ̄▽ ̄)スペックも較べようが
ないんですけど、でも所詮2、3年でお払い箱になっちゃうカメラ
ですからねえ。

それに較べて、写真がメディアとして力を持っていた最後の時代、
1980年代というディケイドを支えた歴史的名機としての威風は、
こりゃもうお値段じゃ計れません。ジウジアーロ・デザインも
保守的な美しさにあふれています。わしもいつか持ってみたいと
昔から願いつつ、なかなか触れるご縁がないのが残念です。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 |