figma涼宮ハルヒ 中学生ver.予約開始

Posted at : 2010年 / 06月 / 30日

昨日のルカ姉に続き、figmaの新作、涼宮ハルヒ中学生ver.の
予約が開始です。figmaのハルヒは一段落した空気でしたが、
まさかの新作ですね。白線引きに、ベンチという大物アイテムも
付属ですよ。

気になるのは高校生ハルヒと表情パーツ互換性があるのかですが、
体のスケールがけっこう違うようですので、なんか無理くさい
ですね。

ハルヒはたくさん作られるので、だいたいダブついて安売りになる
んですよね。わしも初号機のながもん以外、ほとんどワゴンセール
で入手してます。これも特売待ちでいいかなあ。


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

日本×パラグアイ

Posted at : 2010年 / 06月 / 30日
他国開催のワールドカップでベスト16。
カメルーンに勝ち、デンマークを下し、パラグアイに延長までやって
0-0。PKで負けたとはいえ、日本サッカー史に残る大善戦でした。
常日頃ブラジル、アルゼンチンとバチバチやってる南米の強豪の
強さはダテじゃなかったですね。

日本の守備的戦術をワケのわからないオレ様美学で批判している
阿呆なスポーツライターも散見されましたが、この少々退屈では
ありますが手堅いリアリズム・フットボールは、この大会、
ヨーロッパや南米の強豪国にも多く見られました。

「たとえ負けても美しいフットボール」を志向し続けたオランダ、
ファンタジーの宝庫ブラジル、ともに今大会はその国是を捨て、
「堅く勝つ」リアリズムを追求し、かつ圧倒的強さを見せている
一方、華やかなプレイが売り物の欧州強豪であるフランス、
イタリア、イングランドが早々に敗退しているのは象徴的です。
「ファンタジスタの時代の終焉」という人もいますが、確かに
そうかも知れません。ドイツ大会が「ミドルシュートのWC」で
あったように、この南ア大会は「リアリズムのWC」なのかもしれ
ません。

日本の若き代表選手たちは、誰に言われるでもなく(おそらく
岡田監督すら言っていないのではないでしょうか。妄想ですが)
この潮流を肌で敏感に感じ取り、開幕とともに本能でものにして
勝ち進んだのです。これはデンマークに勝ったことそのものより
はるかに大きな収獲だったのではないでしょうか(今の日本に他に
選択できる有効な戦略がなかったというのも事実ですが)。
少なくとも、バルセロナのようでなかったから醜い、負けろなどと
書いたライターの歪んだ美学より、よほど美しい果実でありました。
お疲れさまでした、日本代表。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

figma巡音ルカ予約開始

Posted at : 2010年 / 06月 / 29日

ボーカロイドファミリーのエロ担tゲフンゲフン「巡音ルカ」姉さんの
figmaが本日から予約開始になりました。リンレンは顔があんまり
可愛くないので、叩き売りの時期も結局スルーしてしまいましたが、
ルカ姉はなかなか色っぽかわゆげに仕上がってそうですね。
クラシックタイプのマイクもマグロも付いてるし、これはポチ。


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

燃えるマグマのファイヤーマン

Posted at : 2010年 / 06月 / 27日

東京MXの円谷劇場、今日から『ファイヤーマン』です。
子供の頃に一回だけ見て、なぜか主題歌レコードまで持ってましたが、
中身はまったく覚えていない、そんな作品です。

タイトルにも「円谷プロ創立十周年記念作品」と銘打ってありまして、
特撮はなかなか贅沢です。『ミラーマン』と較べると、ミニチュアは
広いスタジオを使ってますし。ファイヤーマンのデザインもけっこう
好きです(当時は今ほど一般的に知られてませんでしたが、グレイ
エイリアンそっくりなのが面白いです)。

ただ内容的に地味すぎて、裏番組が強力だったこともあり、迷走した
あげく打ち切りになったようですね。特撮ヲタが集まってもほとんど
語られることがない作品です。今日の第1話を見た限りでも、主人公も
脇役もまったく立っていないと言いますか。ファイヤーマンの出現も
なんだか唐突です。そのくせ変身するまでムダに気絶したりして
脚本がとっても雑。

主題歌や、挿入歌『出撃!SAF』の歌詞は味わい深くて好きなんですが。
全然関係ないんですけど、昔出ていたこじゃれたマンガミニコミ誌
『漫画の手帳』の面白いコラムマンガが、この歌詞を拝借した
「一ノ谷博士の不思議の謎を解かねばならぬ」というタイトルでした。
しぶいとこから引っ張ってくるなあと感心した記憶があります。


Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

アンテナもう来た

Posted at : 2010年 / 06月 / 26日

昨日サービスセンターに電話で注文したDIPLY ICR-RS110MFの
ループアンテナ、入荷は月曜くらいという話でしたが、今日さっそく
届いたという連絡。サービスセンター、チャリで20分ほどの近場
でしたので、ささっと受け取りに行ってきました。

サンヨーはこういうところフットワーク軽くていいですね。
つーか土曜なのに営業所開いてて、ちゃんと対応してくれるとか凄い。
RS110MFはもう手放せない名機なわけですが、こういうアフター
サービスを受けると、ますます愛着が湧きます。


Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

しまった

Posted at : 2010年 / 06月 / 24日
DIPLY ICR-RS110MFのループアンテナをうっかり踏んで断線して
しまいました。AMの受信状態がすっかり悪くなっちゃった…
メーカーに問い合わせたら、600円くらいで分売してくれるとの
ことで、近いうちに取り寄せます。

こーゆーのって取り寄せに時間がかかるのが相場なので、そろそろ
手を出すかと思いつつスルーしていた、radikoの録音ソフトも軽く
チェック。radikaとradikoolが好評みたいですね。使い勝手は
どちらも良さそうですが、録音フォーマットにmp3を選べる
radikoolがわし好みです( ̄▽ ̄)


Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

『大宇宙人―銀河宇宙人大百科』

Posted at : 2010年 / 06月 / 23日

明日が「UFOの日」だからってわけじゃないんですが、今日の一冊。
太陽出版の21世紀BOXというムックのシリーズ。

よくあるヲタク向けのUFO本に較べると、いかにもザ・サブカルって
感じのデザインですね。イラストも狙った感じのヘタウマ調ですが、
中身はタイトル通りの宇宙人百科。記事やコラムの内容はほぼ
中村省三『宇宙人大図鑑』(グリーンアロー出版社)や、並木本から
引き写してきた感じです。

70年代ロックとUFO・エイリアン神話との関連を解説したコラムは
ムー系とは一味違って面白かったですが、ぶっちゃけコレが書き
たくてこの本企画したんじゃないかと( ̄▽ ̄)まあそんな感じです。

Category :  | トラックバック(-) |  コメント:0

男の娘ねんどろキター

Posted at : 2010年 / 06月 / 22日

今日のミカタンブログで紹介されてる新しいねんどろいど「和久津智」
よく知りませんが、このキャラいわゆる男の娘らしいです。ついに
ねんどろいどもこのジャンルに進出ですか! …まあねんどろいどには
おにんにんが付いてるわけではないので、意味があるようなないような
微妙な感じではありますが。ちなみにこのねんどろは、えろげの
ファンディスクのオマケだそうです。


そーいえば渡良瀬準にゃんフィギュアなんかもちょっと前に出ましたし、
ちょっとずつ男の娘キャラの三次元化が始まってますな。さすがに
そのものズバリを造形したものはほとんどないですが。ある意味
スジより手がかかるしヤバさも倍増ですからね( ̄▽ ̄)

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

『謎の円盤UFO』

Posted at : 2010年 / 06月 / 21日

スーパーチャンネルで始まりました懐かしの外ドラ『謎の円盤UFO』
(Wikipediaによると5年ぶり?)。ちょうど個人的にUFO強化週間
続いてますんで、いいタイミングです。

いいですねえ、やっぱり。
1970年当時の、「最高にクールな10年後」が、メカから衣装から
小道具に至るまで、見事なトータルコンセプトでデザインされてる
んですよね。シルヴィア・アンダーソンの時に先鋭的すぎる感性は、
ちょっと古い言葉で言えば「キャンプ」の世界です。

主人公ストレイカー司令官。ちょっとオネエっぽいヘアスタイルに
マオカラージャケットがイカしすぎです。


最前線基地ムーンベースを指揮するエリス中尉(右)。
第1話ではたっぷり時間をかけてミニスカスーツに着替えてくれる
サービス満点美少女指揮官。

ムーンベースの指揮所はなぜか全員女性。しかもみんな同じヘア
スタイルでお揃いというキッチュな感覚がまたいいんですね。
外宇宙からの侵攻を迎撃する女性だけの衛星基地、巨大なミサイル
を抱えた宇宙迎撃機という設定は、後に日本のアニメ『ストラトス4』
がちゃっかりいただいてました。

対空攻撃潜水艦スカイダイバーの乗員制服がなぜかスケスケという
のはちょっとトンガリすぎのような気もします( ̄▽ ̄)女性なら
いいんですが、男もスケスケ。ガチホモしか乗ってないみたいっちゅ。


ストーリーはかなりシリアスなSFなんですが、ちょいちょいエロい
サービスがあるのは、やはり70年という時代の空気でしょうかね。
そーいえば第1話のサブタイトルバックのショットは、モヘアの
ミニスカはいた女の子のお尻をアップで追い続けるという素晴らしく
ゲイジュツ的なものでした( ̄▽ ̄)最高っちゅ。


Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

日本×オランダ

Posted at : 2010年 / 06月 / 19日
0-1はまあ想定内の点差ですか。最悪の事態は免れました。
前半は対等かそれ以上にやれてましたから、立派なものでした。

後半、日本の引きこもりが予想以上に堅いと判断したとたん、
スパッと長い縦パス主体の速攻に変えてきたオランダの戦術の
豊富さ、老獪さがやはり一流国の実力でしょう。

問題は、松井の運動量が落ちてきた苦しい時間帯に、オプションを
中村俊輔と判断した岡田監督の慌てっぷりでしょう。案の定、
無意味にこねてボールを奪われる、守備にも攻撃にも貢献しないと
いつもの司令塔ぶりで、前半とはガラリとチームの色が変わりました。
テストマッチで無様な連敗を続けたあのカラーです。中村がピッチに
登場した瞬間の、あのサポーターの死んだ目が印象的でした…

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 | Next Page»