『ゾルタン★星人』

Posted at : 2010年 / 06月 / 04日


ゆうべ遅くにやっていた『ゾルタン★星人』、面白かったなあ、バカで。

10年前の映画なんですが、今年アメリカで大ヒットしたコメディ
『THE HUNGOVER』の元ネタと言われている作品です。

ボンクラ青年コンビ(アシュトン・カッチャーとショーン・ウィリアム
・スコット)がある朝目を覚ますが、昨夜のことを全く覚えていない。
冷蔵庫にはなぜかいっぱいのプリン。二人の彼女(双子)は電話で
激怒している。そして車がなくなっている。車を探してさまよう二人
ですが、彼らの前には「アタシの金返せ!」と怒り狂っているニュー
ハーフのストリッパーやら、「宇宙エネルギーを秘めた連続変形体を
渡せ」と言ってくる怪しいUFOカルトの面々やらが次々とやってきます。
さらには、どうも本物の宇宙人らしき美女軍団まで現れて……
このボンクラたち、果たしてゆうべ何をやらかしたのでしょうか?

ユルくてバカなギャグと下ネタ満載の能天気コメディでして、決して
質のいいお笑いではないんですが、アメリカ的なヲタクっぽさという
か童貞臭が嫌いになれない映画です。クライマックスのラスボス
「スーパー・ホット・ジャイアント・エイリアン」(半裸の巨大
ねーちゃん)とかもう最高。

双子のガールフレンドの片割れやってるのは『エレクトラ』の
ジェニファー・ガーナー。まだマッチョガールになる前で、とても
カワイイです。UFOカルトのメンバーとしてちょこっと出てくる女の
人は、『24』のクロエ役で有名になる前のメアリー・リン・ライスカブ
ですね。また80年代から『デッドリー・フレンド』だの『バッフィ
ザ・バンパイア・キラー』だのしょーもない映画にばかり出続けて
いるクリスティ・スワンソンが、このトシでまだティーンエイジャー
みたいな役で出てたりするあたりもたまりません。

ちなみに「ゾルタン」とは、作中出てくる、実家の納屋でUFOカルト
を主宰しているバカの名前で、ゾルタン星人なるエイリアンは登場
しません。念のためw



Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

『歓迎!UMA研究部』

Posted at : 2010年 / 06月 / 04日


ネタ集めのために、UFO宇宙人に続いて、並木伸一郎センセや南山宏
センセのUMA図鑑本をアマゾンで買い漁ってるんですが、届いた本の
中に混ざってましたこのマンガ。

えーと、どうもBL雑誌に連載されてた4コマ漫画のようです。

当方、百合は大好物なんですがヤヲイはどうもいけません。
が、それはさておいても、ギャグマンガとして普通に面白かったです。
UMA研究会を作りたい変人の男の子と、冷ややかなメガネ生徒会長の
ボケとツッコミ、という基本構図。

まータイトルはUMA研ですが、どーせメインは男子同士のいちゃ
いちゃで、UMAネタはさっくりしてんだろーなーと思いきや、意外や
全編ぎっちりブレることなくマニアックなUMAギャグが散りばめられ
てまして、それへのツッコミもなかなか切れ味鋭いです。ヘタな
萌え4コマよりはギャグマンガとしては上質でした。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0
 |