figma涼宮ハルヒ 中学生ver.予約開始

Posted at : 2010年 / 06月 / 30日

昨日のルカ姉に続き、figmaの新作、涼宮ハルヒ中学生ver.の
予約が開始です。figmaのハルヒは一段落した空気でしたが、
まさかの新作ですね。白線引きに、ベンチという大物アイテムも
付属ですよ。

気になるのは高校生ハルヒと表情パーツ互換性があるのかですが、
体のスケールがけっこう違うようですので、なんか無理くさい
ですね。

ハルヒはたくさん作られるので、だいたいダブついて安売りになる
んですよね。わしも初号機のながもん以外、ほとんどワゴンセール
で入手してます。これも特売待ちでいいかなあ。


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

日本×パラグアイ

Posted at : 2010年 / 06月 / 30日
他国開催のワールドカップでベスト16。
カメルーンに勝ち、デンマークを下し、パラグアイに延長までやって
0-0。PKで負けたとはいえ、日本サッカー史に残る大善戦でした。
常日頃ブラジル、アルゼンチンとバチバチやってる南米の強豪の
強さはダテじゃなかったですね。

日本の守備的戦術をワケのわからないオレ様美学で批判している
阿呆なスポーツライターも散見されましたが、この少々退屈では
ありますが手堅いリアリズム・フットボールは、この大会、
ヨーロッパや南米の強豪国にも多く見られました。

「たとえ負けても美しいフットボール」を志向し続けたオランダ、
ファンタジーの宝庫ブラジル、ともに今大会はその国是を捨て、
「堅く勝つ」リアリズムを追求し、かつ圧倒的強さを見せている
一方、華やかなプレイが売り物の欧州強豪であるフランス、
イタリア、イングランドが早々に敗退しているのは象徴的です。
「ファンタジスタの時代の終焉」という人もいますが、確かに
そうかも知れません。ドイツ大会が「ミドルシュートのWC」で
あったように、この南ア大会は「リアリズムのWC」なのかもしれ
ません。

日本の若き代表選手たちは、誰に言われるでもなく(おそらく
岡田監督すら言っていないのではないでしょうか。妄想ですが)
この潮流を肌で敏感に感じ取り、開幕とともに本能でものにして
勝ち進んだのです。これはデンマークに勝ったことそのものより
はるかに大きな収獲だったのではないでしょうか(今の日本に他に
選択できる有効な戦略がなかったというのも事実ですが)。
少なくとも、バルセロナのようでなかったから醜い、負けろなどと
書いたライターの歪んだ美学より、よほど美しい果実でありました。
お疲れさまでした、日本代表。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |