『紀元1年が、こんなんだったら!?』

Posted at : 2010年 / 07月 / 31日

スターチャンネルプラスで。
『ゴーストバスターズ』のハロルド・ライミスが監督したコメディ。

はるか昔。小さな村で、原始的な狩猟採集生活を送っている人々。
その中の一人ゼド(ジャック・ブラック)は、狩りもヘタクソ木の実
採りもできない性格はちゃらんぽらんのロクデナシ。ついには村の
最大のタブーである「知恵の木の実」を食べてしまう。

「うおお、アタマがよくなった気がする!」というゼドですが、
実際はボンクラなまんま。しかしタブーを破った罪で、村を追放
されてしまう。シニカルないじめられっ子の少年オー(童貞)と
ともに、ゼドはあてもない旅に出ることに。

世界の果てだと思っていた崖を越えて進むと、そこには農耕牧畜を
して暮らす人々の世界があった。そこでゼドとオーは、お調子者の
羊飼いカインが、弟のアベルを殺害する現場を目撃。そう、ゼド
たちがたどり着いたのは、旧約聖書の世界なんですな。

あやうくカインの共犯者にされそうになりながら、どうにか逃げ
出すゼドたち。

さらに大きな町にやってきたゼドたちは、そこで奴隷にされている
かつての村の仲間たちと再会。しかし助けだすつもりが、またまた
カインにだまされて自分たちも奴隷にされてしまいます。

どうにか自分たちだけ逃亡したゼドとオー。今度は荒野の真ん中で、
我が子をイケニエとして殺そうとしている老人と出会います。
アブラハムとイサクです。「俺は神の使いだ」とテキトーなことを
言ってイサクを助けるゼド。「こうして出会えた祝福として、今
すぐ割礼をしよう。これは神のお告げだ」と言い出すアブラハムに、
「ちんこの先っぽ切れなんて神さまの言う事聞けっかよ!!」
と吐き捨てて、またまた逃げ出すゼドたち。

今度は目的地があります。アブラハムに聞いた悪徳の都ソドムです。
「男は美食に肥え太り、女は淫らで誰とでもセックスする街」と
聞いて、行きたくない男がいましょうか(いやいない)。
かくしてゼドたちは、ソドムの門へとやってきたのですが…


全編おバカと下ネタ満載のおポンチコメディ。ライミス監督は
ユダヤ系なのに、聖書ネタとかよくやりますねえ。アブラハムが
「神はこの土地を我らヘブライの民に約束された…」というと
すかさずイサクが「他の人たちには伝え忘れたみたいだけど」
と突っ込むあたりは、イスラエル情勢へのチクリとした皮肉にも
聞こえます。

もっとも、ソドム到着以降は、結局悪い王様と神官長の圧政から、
ゼドが街を解放するというありがちな展開。『ライフ・オブ・
ブライアン』みたいに徹底的に聖書世界を茶化してふざけのめす
まではいかないあたりは、ちょっぴり残念。とりあえずライミス
監督には、『ゴーストバスターズ3』を面白く撮ってもらいたいなと。

吹替え版でブラックの声をアテたのは、芸達者声優の三宅健太さん。
高木渉さんもいいですけど、こちらもなかなかでした。こういう
アドリブの効く若い世代の声優さんがいると、吹替えがますます
楽しみになります。


Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

サンシャイン祭なおも続行中(わし的に)!

Posted at : 2010年 / 07月 / 30日

おっとあぶなく買いそびれるところでした、バンダイの食玩
「プリキュアキューティフィギュア2」。近所のコンビニで
発見しましたので、すかさず確保。もちろんメインはサンシャイン。

なにしろ現行唯一のキュアサンシャインのリアル等身フィギュア
ですから、これはゲットせずにはいられません。

ていうか出るのはやっ。バンダイは大友向けのラインナップも
もうちょっと手早く商品化して欲しいですね。特に可動フィギャー。

いやしかし…出たとしてもどうせフィギュアーツだし、過大な
期待はできないか…

そろそろfigmaがプリキュアに乗り出してくれないかなあ…

あ、このサンシャインは、なぜかつんのめり気味でして、顔が
やや下向きです。ちょっと高い場所に飾らないと顔が見えません。


10月に出るDXガールズフィギュアにはちょっと期待してるんです
が、なにぶんにもプライズなのでアマゾンで取り扱いがなく、
入手は値引きなしのうえに送料手数料たんまりかかる業者に
予約入れるか(しかもキャンセル不可)、アキバで運試しする
しかないですね。ガチ人気のあるプライズはアキバでも瞬間
暴騰しますんで、これは予約入れといた方が賢いかな…?



おっと、アマゾンではリボルテックQBエクストラとして、
「門を開く者アリス」の予約開始。9月2日発売予定だそうです。
ひんぬーワッショーイ☆


特撮リボルテックはあの「13金」ジェイソンが予約開始!
こ、これは個人的に買うしかないセットになってますよ!
10月1日楽しみです。


同日はメーサー殺獣光線車も発売予定。サンダとガイラも出るん
ですかね…?



Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

ねんどろいど桂ヒナギク予約開始

Posted at : 2010年 / 07月 / 30日

おっ、日付変更と同時に、ねんどろ桂ヒナギクさん予約開始ですな。
なぜ今ハヤテ?とは思いますが、作中いちばん人気のあるキャラ
ですから、シリーズトップバッターにふさわしい登板でしょうか。
次が女装ハヤテ、最後がナギお嬢さまですか。まあ個人的には
ヌルー予定( ̄▽ ̄)


アルファオメガから出るイースさまのスタチューフィギュアも
ちょっと気になりますね。サンプル見る限り出来よさそう。
お値段もそれなりですが( ̄▽ ̄)



figmaセイバーオルタは作りすぎたのか不評なのか、アマゾンで
絶賛暴落中。現在1500円台。とほー。



Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

ワイヤレスと相性が悪い

Posted at : 2010年 / 07月 / 29日

マウスの調子が悪くなったので、数日前に新調しました。
たまにはワイヤレスでも使ってみようと、ビックカメラであれこれ
探して、バッファローコクヨサプライのBSMOW03て安いやつ。

で、これがやっぱり調子悪いのです。
まず、パッケージから出して接続しても、反応がない。
説明書にある通り、ペアリング作業をやり直しても、まだ動かない。
やれやれ、と諦めかけたところで、突然反応しました。

なんだ、動くじゃん、としばらく使っていたのですが、今朝PCを
起動させたら、また動かない。バッテリーをチェックし(替えた
ばっかり)、ペアリングをリセットし、レシーバーとマウスの
作業距離も30cm程度なのを確認。さらに接続したまましばらく放置。

でも、動かない。

先に「やっぱり」と書きましたが、実はわし、前からワイヤレス
マウスとは相性が悪いのです。どれを買っても、まずちゃんと
動いたためしがない。もちろんマニュアルを読み、FAQを読み、
1時間もかけてチェックしてもダメ。

さすがに何年もたって、技術も進歩してるだろうから、わしが
使ってもなんとかなるモノになってるだろうと思って買って
みたのですが、どうもダメっぽいです。わしの体から何か毒
電波が出ているのかも知れません。

しかしワイヤレスはやっぱり快適。
くやしいので、アマゾンで別のやつを注文しました。
ロジクールのM215。よくよく見れば、BSMOW03より安くてスペックも
高いです。帯域は2.4GHzだし、分解能も高いし。これがダメだったら
もう一生ワイヤレスマウスは使いません( ̄▽ ̄)



Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

ねんどろいどルッキーニちゃん

Posted at : 2010年 / 07月 / 27日

注文したのすっかり忘れた頃に届きました。
ねんどろいどフランチェスカ・ルッキーニちゃんです。
定価4000円とぶっちゃけ高いパッケージですが、アマゾンで早めの
予約をしたんで2980円。出足はあまりよくないようですから、多分
宮藤さん同様、アマゾンで投げ売りがあるかもです。

にゃん♪


尻尾が2種類ついてます。


にひひ顔。正直、ビミョー。
ねんどろとしては非常に珍しい褐色キャラなので、他の子への
付け替えも困りそうです。これだったらふつーに口開け笑顔で
よかったような。


ツインテはボールジョイントで可動します。


縞パン ズボン。


腰に関節があるねんどろいどは、このストパンシリーズと、こじかの
宇佐美々くらいでしょうか。


ストライカーユニット装着。




水平飛行モード。台座は宮藤さんと同じものですが、ジャケットの
裾の角度が違うのか、ルッキーニちゃんはうまいこと上を向けません。


てことで宮藤さんとツーショット。

思えば宮藤さんがリリースされてから約1年半もたってからの発売
なんですね。アニメの第二期本編同様、難産だったようです。

しかし宮藤さんもそうですが、このシリーズはいまいち表情パーツ
に魅力がないですね。ストライカーユニットにコストがかかりすぎ
てるのかも知れませんが…




Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

『オカ学』にモスマン登場

Posted at : 2010年 / 07月 / 27日
夏の深夜枠アニメ最注目作品『世紀末オカルト学院』ですが、
回が進むにつれますます好調です。

雑誌「ムー」公式監修というフレコミで、どのくらいデンパゆんゆんか
楽しみにしていたんですが、スタッフの「わかってふざけてる」感が
また面白い。

[『オカ学』にモスマン登場]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

figma 真鍋和 受注開始

Posted at : 2010年 / 07月 / 26日

昨日のワンフェスで限定販売されたメガネちゃんことfigma真鍋和の
WEB受注が昨深夜から順調に始まっておりますね。もちろん会場に
行けなかったわしもすかさずポチりました。

あー、今年は会場ちょっと行きたかったなー。
まあこのfigmaは瞬殺で完売だったんでしょうが、海洋堂ブースで
特撮リボルテックのGR2は買えたような気がします…

そーいえば昨日のワンフェスで、ねんどろの新作予定の中に
「男の娘」キャラが二つもあったとか(綾崎ハーマイオニーと
木下秀吉)。どこへ行くねんどろ…

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

『デジカメ少女百景』

Posted at : 2010年 / 07月 / 26日

秋葉鮫隊長からの情報で、さっそく買ってきました。
一迅社が出したカメラ少女イラスト集『デジカメ少女百景』。

『萌えるヘッドホン読本』が出て以来、わしのようなカメラ少女
フェチが今か今かと首を長くして待っていた企画ですよ!
もっとも、ヘッドフォン少女フェチはヲタ業界になぜか多くて
ですね、オンリー本イベントすら一度ならず開催されている隆盛
ぶりなわけですが、カメラ少女はジャンルとしてまったく盛り
上がっておりません。二次元業界界隈でカメラに興味のある人が
極端に少ない。さみしい。

そんなおり、とうとうこんな本が出たわけです。
んなもん即買いですよ当然ですよ!

フォーマットとしては『萌えるヘッドホン読本』のそれをほぼ
踏襲。見開きの左ページが一枚画。右ページがカメラの解説。
解説ページのフォントまでそっくりですw 紹介されるカメラは
オール現行デジタル。最高級一眼からトイデジ・ケータイまで
幅広く取り上げてます。(中身紹介はアキバBLOGさんに有り)

イラストのレベルが割と玉石混淆だった『ヘッドホン』に較べる
と、こちらは画の平均点は高いです。とりあえずカメラ少女の
ヴィジュアルだけをタンノーしたいわしみたいなモンにとっては
嬉しい作りです。カメラのスケールがちょっとちがくね?と
思う画もなくはなかったですが、主題がどマイナー機なのでそこ
まで言うのは酷ですよね。

とまあ褒めまくりましたが、不満がないかっつーとまあ、いくつか。

★実写レビューがない
解説文はほぼカタログの文章をまとめ直しただけです。
実際に出力される画像の傾向は、使い心地は、という辺はスルー。
プロのオーディオライターが徹底した実用批評を行った『ヘッドホン』
とここが大きく違います。

★絵師コメントがない
やっぱ欲しかったですよね。イラストレーターさん個々の一言は。

★薄い
90ページで2千円弱。オタ向け画集なんてだいたいそんなもんよ、
という声もありましょうが、わしの経済感覚では高いです。

まあとりあえず、この企画を通して商品化してくれた方々には
カメラ少女フェチとして深く感謝しますが、カメヲタ的満足度は
60点というところですか。


Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

サンシャイン祭開催中(わし的に)!

Posted at : 2010年 / 07月 / 25日
先週から引き続き「キュアサンシャイン祭」絶賛継続中であります。


[サンシャイン祭開催中(わし的に)!]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

プチぷりちぃー 春風どれみ

Posted at : 2010年 / 07月 / 24日

池袋のポストホビーで1500円の叩き売りでしたんで、買ってみました。
EVOLUTION TOYSの出した可動フィギュアシリーズ「プチぷりちぃー」の
どれみっちです。figma、リボルテックと較べると、二回りくらい
大きいですね。遊びでのある大きさです。

付属品も多数。上の画像で持ってるクルールポロンのほかに、
下のペペルトポロン、


それにホウキも。


帽子のない頭パーツに、口を閉じた笑顔のフェイスパーツ。
帽子自体の着脱はできず、それぞれ別体のパーツになります。
この顔カワイイんでお気に入りです。


はっちゃけ顔パーツも。


ヒジはここまで曲がります。が・・・


左腕の前腕パーツだけがなぜか右腕のものになっていて、左腕は
ここまでしか曲がりません。これだから1500円なのか、それとも
たまたま不良の個体を買ってしまったのかは不明です。
交換してもらうか、あとで自分で関節を削るかします( ̄▽ ̄)


ヒザの可動域はここまで。もうちょっと欲しいですね。


肩関節、股関節の構造はなかなか凝ってます。


前々からこのブログでも書いてますが、可動フィギュアのキモは
肩関節の可動域の広さにあります。figmaともリボルとも一味違う
このアプローチは高く評価したいところです。

この肩のおかげで、両腕を体の前に揃えるというポーズが可能です
(あ、この子の場合、お胸がないおかげでもありますがw)。


付属の専用スタンドもなかなか頑張ってます。

アーム部分だけでなく、台座の部分も各所稼働します。


関節がちょっと緩みやすいんですが、ビス留めなのでドライバーで
ちょっと締めてやればすぐ元通りです。

せっかく大きめサイズなんだから、表情にもうちょっと活き活きと
したところや(アイプリにあと一息力が欲しいです)、塗りの
丁寧さがあったらなあと思ったりもするんですが、意外に気に
入っちゃったので、明日あいこも買ってきます。

あ、明日と言えば、ワンフェス会場でももこが限定発売される
ようです。まあわしは遠慮しときますが。1500円ならいいですけど、
定価の4000円はちょっと出す気になれません……
さらに今後はおんぷたんや、どれみの私服verも出るそうです。
『マリー&ガリー』のマリカも出るんですねー。『どれみ』より
かなりお値段お高めですが、ちょっと気になります。




以下オマケ。


[プチぷりちぃー 春風どれみ]の続きを読む

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
 | Next Page»