特撮リボルテック・バットマン

Posted at : 2010年 / 07月 / 02日
ジャイアントロボと同日発売になりました、バットマンです。

コミック版でもなくTV版でもなくティム・バートン版でもなく、
『ダークナイト』版からのリボルテック化というところに涙です。
これは買わずにおれようか。

そしてこれまた期待を上回る出来。


可動域も申し分なし。


夜の闇の中、悪を見張る者。


付属品はバットラング。


そしてグラップネルガン。万能ベルトに取り付けることもできます。


さらにクリスチャン・ベール演じるブルース・ウエインの顔パーツ。
似すぎててほとんど不気味の境界線に差し掛かってます。


感動したのはここ。足の裏まで塗装とか! 誰が求めてんの!?


バットマン対エイリアン! 近日公開!


いやー正直ここまでの完成度とは思いませんでした。
ジャイアントロボとどっちを先に遊ぼうか迷うくらいです。
ここまで来たら『ダークナイト』のジョーカーや『ビギンズ』の
スケアクロウ、バートン版のキャットウーマンとかも出して欲しい
ところです。マーヴェルのスパイディやアイアンマンもぜひ。





Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

特撮リボルテック・ジャイアントロボ

Posted at : 2010年 / 07月 / 02日

特撮リボルテックの中でも待ちに待ったタイトル「ジャイアントロボ」
がついに発売。発売日から一日遅れでアマゾンから届きました。
たるんでます、アマゾン。ホビーショップでもっと安いとこもあったし。

それはそれとして、出来がいいですロボ。
昭和特撮に登場したロボットキャラの中でも、群を抜く秀逸な
デザインと着ぐるみ造形だと思ってるんですが、もうまんま、
見事にリボルテック化されてます。

じゃきん!

じゃきん!


ま゙!


指のロケット弾が飛び出した手首パーツ。
ミサイルじゃなくてロケット弾てのがイイですよねえ。


メガトンパンチだ! 「ま゛!!」


固定用のダボが足の裏にしかないので、飛行ポーズで飾る時は
di:stageで。


パンチ、チョップ、ロケット弾、そしてこの格闘時用の開き手。
ああ、こんなに出来がいいんなら、限定のGR2注文しとくんだった。
WFかキャラホビ行くか?


背中。ブースターの色合いが泣けます。


ロボの特徴である蛇腹関節を、リボジョイントでどうやって表現
するのかとても興味があったんですが、実によく考えたデザイン。
デザイン処理だけでなく、膝は二重関節になってまして、ここまで
曲がります。元の着ぐるみをはるかに越える可動域でしょう。


完璧なプロポーション再現、充分以上の可動域確保、撮影時の
赤土で汚れた表面処理までパーフェクト。いやもう素晴らしいの
一語です。あー、ロボと絡めるためにバラゴンも買おうかなあ。


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
 |