サンシャイン祭(3週目)

Posted at : 2010年 / 08月 / 01日
わし的キュアサンシャイン祭3週目に突入であります!


[サンシャイン祭(3週目)]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

TV『スパルタカス』

Posted at : 2010年 / 08月 / 01日

スターチャンネルプラスで。
アメリカではペイチャンネルのみで放送され、驚異的高視聴率をあげた
というテレビシリーズの#1,2。いやー期待以上に面白かったです。

かのサム・ライミも製作者の一人として名を連ねる、ローマ時代の
史実を元にしたアクション叙事詩。

#1。属領トラキアの戦士としてローマ軍に召集された主人公。しかし
出世の亡者である将軍グラベルからことあるごとに差別的待遇を受け、
トラキア軍内には不満が蓄積。しかもグラベルは、にわかにトラキア
領防衛線を放棄し、手柄の大きな東方戦線へ移動を決定。このまま
では母国が蛮族に蹂躙されてしまうと、主人公たちは軍に造反、逃亡。
結果として軍務の大失態を演じ激怒したグラベルは、逃亡トラキア兵
を全員捕縛。コロッセオでの公開処刑に処すことに。首謀者である
主人公には四人の剣闘士が襲いかかる。しかし主人公は、激闘の末
四人の剣闘士を剣ひとふりで皆殺しにする。観客の大喝采を浴びた
主人公は処刑を免れ、奴隷剣闘士として命をながらえることになった。

#2。奴隷戦士スパルタカスの名を与えられ、剣闘士ディーラー・
バティアトゥスの預かりとなった主人公。剣闘士養成所での
地獄の訓練が彼を待つ。奴隷の名も、剣闘士の境遇も受け入れよう
としないスパルタカスだったが、グラベルによって奴隷として
売られていった愛する妻との再会を果たすため、彼はおのれの
すべてを捨てて、奴隷剣闘士として生きていく覚悟を決める。

まずアクション。すげえです。バイオレンスです。カッコイイです。
剣劇シーンではスプラッタ映画並みの血がしぶき、首や手足が
ぽんぽん飛びます。演出面でも止め画やスローモーションを
実に効果的に用い、スピーディでありながら、まるでコミックの
一コマを見るような独特のスタイルがあります。随所に往年の
名作アクション『ダークマン』を思い出させるカットがあり、この
あたりはライミの趣味がふんだんに盛り込まれている感じです。

お次はお色気。こちらもすげえです。どんくらいすげえかって
いうと、台詞のある女性キャラは全員おっぱい見せてくれます。
マジで。男女が二人きりになったら、もれなくセックスシーンが
始まります。これまた濃厚です。エキストラにも、無意味に
おっぱい出してる人がいます。剣闘士商人バティアトゥス
(『ハムナプトラ』でコミックリリーフ役であるヒロインの兄貴
やってたジョン・ハナ)が奥さんとよからぬ企みを語り合うシーン
があるんですが、それぞれ女奴隷にフェラチオさせたり手マン
させたりしながら喋ってるんですよ。エロ過ぎワロタ。
もちろん、もろもろあってR15指定です( ̄▽ ̄)

悪役であるグラベルを中心としたローマ帝国の政治的権謀術数。
スパルタカスの復讐劇と、剣闘士としての成長。テレビシリーズ
らしく、いくつもの要素が絡まり合いながら展開していく
シナリオも楽しめそうです。なんといってもエロと暴力! 男の
娯楽ですよこれは。すべての娯楽が女目線になってしまった
腑抜け国家日本では考えられないドラマです。これから毎週
ワクテカですよ!

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |