『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』

Posted at : 2010年 / 10月 / 31日

ずっと見忘れてた!てことでスターチャンネルプラスで( ̄▽ ̄)

しょーじき、「どれも悪くないけどイマイチ」だった『X-MEN』
トリロジーですが、スピンオフのこれ、アクションの迫力だけなら
ピカイチですな。ひじょーにスケールがデカい。このギャヴィン・
フッド監督が全部撮ったらよかったのに。

特にオプティック・ブラストの描写がイイ!
旧トリロジーでもアニメ版でも、サイクのブラストはなぜか物理的
「圧力」として描かれることが多く、標的をぼいーんとふっとばす
ことはできるんですが、溶解切断する「熱線」として描かれることが
ほとんどありませんでした。ところが本作では学校の校舎を切断し、
原発の冷却塔をコマギレにする大破壊ぶり。ここ、お気に入り!

プロフェッサーXと出会う前のスリム・サマーズ少年に、キザな
ギャンブラー・ガンビット、そしてラストの強敵にはデッドプール
登場と、新旧キャラがほどよくちりばめられてるのもよかったなー。



ついでなので昨日見た『フォース・カインド』も。

今時マジっすか、というアブダクションもの。
75年のテレビ映画『UFOとの遭遇』(『未知との遭遇』ではない)
以来、手垢つきまくりのネタですが、「実際の記録映像」という
ふれこみのビデオ映像と再現ドラマを組み合わせたドキュドラマ
手法で、宇宙人やUFOを見せずに、あくまでも「恐怖」を主眼に
描いたコンセプトが新鮮でした。

まあ上映直後に「実際の映像」が全部捏造で、データも全部ウソ
というのがバレちゃってましたけど。そもそも本作のキーになって
いる逆行催眠では、実際はマトモなことは何一つわからないという
のはもはや常識なわけで、その時点でリアリティは破綻しちゃってます。

とはいえ当節UFO映画は貴重なので、とても楽しんで見ました。
ビデオに記録されてた「宇宙人のシュメール語」もなかなかキモチ
悪くてよかったです( ̄▽ ̄)




それにしても、今日もよかったなあハトプリは。

[『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』]の続きを読む

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

『森山大道 路上スナップのススメ』

Posted at : 2010年 / 10月 / 31日

『森山大道 路上スナップのススメ』(光文社新書)を読みました。
常に路上にあり、路上にこだわり続けるスナップの巨人が語る
スナップの奥義、そして創作哲学を聞き書き形式でまとめてあります。

本を読むのが苦手な人は、序章だけ読みましょう。そこにすべてが
集約された一文があります。

『歩け。とにかく歩け。それから、中途半端なコンセプトなどいったん
捨てて、なんでもかんでも、そのとき気になったものを、躊躇なく
すべて撮れ』

序章にはもうひとつ、卓抜した言葉があります。

「でも、街はいたるところが異界だからさ、街をスナップするって
ことは、その異界を撮るっていうことなんだよ」

荒々しく攻撃的なプリントで平凡な都市風景を異界へと変貌させて
きた森山ならではの名言であります。

この二つのくだりを読んで興味をそそられない人は、もうスナップ
写真にはハナからご縁のない方でしょうから、本書に用はありません。

ところで森山は、2008年頃からデジタルカメラを使っています。
来年には初のオールデジタル撮影の写真集も予定されているそうな。
銀塩プリントの圧倒的な個性で世界的に名高い森山ですが、本書には
こんな言葉もありました。

「もう無理だよ。僕は、デジタルでやったほうがいいって思ってる」

このあとも、完全にフイルムへの未練がないともとれる言葉が続き、
正直フイルムもいいなあと思っているわしなどは、けっこうショック
だったりします。

でも終章のこの言葉を読むと、やっぱりこの人はカッコイイなあと
しみじみ思います。

「本当なら、僕の写真集からも(C)を外したいぐらい。(中略)
複写ご自由にということ? そう、そういうこと。だって所詮、
コピーなんだから。鼻の穴膨らませて、オリジナリティだ、
アートだって言ってるのを聞くと『なあに言ってるんだか……』
と思うよ」




あ、池袋をウロウロしていたら、消防車キタ━(゚∀゚)━!!!!

新宿書店の隣のラブホでなんかあったみたいですが、大事では
なかったようでした。

Category : 写真 | トラックバック(-) |  コメント:0

野沢那智さん逝く

Posted at : 2010年 / 10月 / 30日
俳優・声優の野沢那智さんが肺がんで亡くなったそうです。享年72。

本当に大好きな、ああこの人が吹き替えてるんなら今夜のテレビ映画は
見ようと思わせてくれる数少ないアテ師さんでした。『狼たちの午後』
のアル・パチーノや『ダイ・ハード』のブルース・ウィリスの狂躁的な
演技、『シークレット・サービス』や『スペース・カウボーイ』での
クリント・イーストウッドのちょっとふてくされたような演技。アニメ
では『スペースコブラ』で二枚目半の宇宙海賊コブラをときに飄々と、
ときにカッコよくキメる小粋さは、まさに野沢節の真骨頂でした。
近年では『モンスター』のラスボス・ボナパルタが印象的です。
甘い二枚目はもちろん、病んだニューロティックな役どころもよく
はまる声でしたね。『インソムニア』のパチーノや、『セブン』の
ケヴィン・スペイシーも素晴らしかった。洋画吹替え黄金時代の
巨星がまたひとり墜ちました。合掌。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

台風接近

Posted at : 2010年 / 10月 / 29日
朝6時までウダウダ仕事して、今日は起きたら午後2時。
このところ寒いからよく眠れるとはいえ、時計見て我が事ながら
どん引き。ラジオつけたら甲本ヒロトさんが喋ってました。

特に書くこともないので、先日初スキャンした昔の写真とか。


(Nikon FM2/T + Ultron40mmF2)


あ、黒木メイサのダイワウーマンのCMよすぎです( ̄▽ ̄)
しかしあーいうのに喜ぶ層がもう家を買う世代なのか・・・
時事通信配信のメイキング動画はコチラ(YouTube)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

つーことで本日アマゾンより到着、ねんどろいどセイバー スーパー
ムーバブルエディションです。ついにねんどろが可動関節を装備です。

正直ねんどろいどはもう卒業しようと思ってたんですが、こういう新
基軸を出されちゃスルーはできません。

肘関節。

上腕部にも軸があり回転します。

肩関節。こちらが軸受け部。


こちらが肩の軸。回す、開くと想像以上の可動域。


肩の軸受けにつけられた独特の角度のおかげで、この小ささでも
腕を体の前に揃えるポーズが差し替えナシで可能!
こんなポーズも。

こんなポーズも可能。

残念なのは、この肩関節が非常に抜けやすいこと。可動のための
トレードオフなんでしょうが、動かしてると常時ポロリするので
けっこうイライラします。

下半身も凝ってます。
股関節とスカートの左右は軸受けタイプのボールジョイント、
スカートの前後にも軸があり、脚の可動をスポイルしません。


もちろんヒザにも関節あり。脚ものびのび動きます。
足首まで自由自在に動くのはシビレました。

スカートのせいでちょっとわかりにくいですけど( ̄▽ ̄)
あとわしの個体は片足のヒザがやや癒着気味でした。

鞘持ち専用手首パーツもありますから、2種類の鞘どちらも保持可。


抜剣! ねんどろいどでこのポーズができるのはちょっとした感動です。
怒り顔もカッコカワイイです。


一方、剣の持ち手は通常タイプと、この手首を曲げたタイプが二種。


おかげで切っ先を前に突き出すポーズもできます。


最後は不可視の剣と「みぎゃー!」顔。


この顔は他に流用しても使い勝手がよさそうです。

いわゆる「ミク互換」は保持されてますが、ハマリ具合が微妙に
キツいです。

台座はB★RSで採用された新方式。

特に土台は完全新規タイプですね。B★RSもそうでしたが、すこぶる
使い勝手のいい台座です。動きのあるポーズを保持できますし、
ねんどろいど=すぐコケるの公式を完全に覆す抜群の安定性。
まるでdi:stageねんどろ版。アームはもちろんdi:stage互換です
から、よりダイナミックなジオラマも楽しめますね。対応してる
ボディがまだ2種類しかないのが本当に惜しい!

てことで、いろいろ遊んでみる。


みなみけ千秋の顔。


ネコセイバー!


「そのカボチャもらったあ!」ハロウィンに備えるセイバーさん。


表情三つに剣三本、鞘二つと付属品も充実、予測をはるかに超えて
ぐりぐり動く全身可動。思わず時間を忘れて遊んでしまいました。
可動ポーズフォトコンも開かれるそうですよ。

ぜひぜひ、セイバーリリィも可動化させて欲しいですし、後続に
どんなモデルが出るのかも楽しみです。ああ、またグッスマへの
お布施が増えてしまいそう・・・


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

完熟フイルム

Posted at : 2010年 / 10月 / 28日
フイルムネタ続けます。

胸ポケットサイズのコンパクトデジカメが出回るまで、肌身離さず
持ち歩いた銀塩高級コンパクトの名機・リコーGR1s。

もうかなり長いこと放置されてて、付属品のフードを入れるための
小さな合皮のポーチは、自然の劣化でグズグズになっちゃってました。

電池を抜いておいたせいか、幸い本体には全く不調はないので、
天候が回復したらまたコレで撮ろうかなーと電源入れたら、ややっ、
コレ、フイルム入ったままだ。

うーむ、この窓からかすかに見えるブルーのコンテナカラー。
コニカのJX400っぽい。っていつからここに入りっぱなしなの!?
ていうか使用期限切れて何年たってるの!?
しかもまだ25枚も残ってるし!

現像に出したらすげえ色が出そう。楽しみです( ̄▽ ̄)
ちなみに手元にはこのほかに、使用期限が6年過ぎたフジカラー
スペリアも三本あります。こーゆージャンクで遊ぶのも、また
銀塩ならではの遊びってことでひとつ。



Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

銀塩で超広角スナップ

Posted at : 2010年 / 10月 / 27日
ずっと冴えない天気が続いてますが、今日はひさびさに晴れました。
明日から台風接近でまた崩れそうですが。

いつもと気分を変えて、ニコンFE2にRMCトキナー17mmF3.5付けて
ぶらぶらお散歩。フイルムはセンチュリア200。

トキナー17mmF3.5は78年頃発売。超広角レンズは今でも高価ですが、
これは当時としてはかなりお手頃価格で売られてたみたいですね。
レンズ自体の設計を変えずにかなり長期にわたって販売されました。

設計年代ゆえにさすがに逆光には弱いですが、順光ならまずまず。
最近のレンズに較べると、線の太い描写ですね。

ニコンFE2はシャッターユニットが経年劣化で、オートでもマニュアル
でも半段オーバーとSSで診断された機体。感度を2/3段プラスに設定
してゴマカしてます。でもハニカムエッジングされたチタン幕が
たてる「ぱしゃっ」というシャッターの響きは今も心地いいのです。

(NIKON FE2 + TOKINA RMC17mmF3.5)

Category : 写真 | トラックバック(-) |  コメント:0

figmaブラックゴールドソー予約開始

Posted at : 2010年 / 10月 / 26日

先日デッドマスターちゃんが発売になったfigmaB★RSシリーズですが
3体目のブラックゴールドソーも本日アマゾンで予約開始に。

figma公式ブログ
でもどんなキャラだかあんまり把握できてないよう
ですがw、とりあえず敵キャラなんでしょうね。個人的には様子見です。




Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

よしなしごと 秋

Posted at : 2010年 / 10月 / 26日

OM-4Ti欲しい病、再燃中。


[よしなしごと 秋]の続きを読む

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

季刊クラシックカメラNO.12

Posted at : 2010年 / 10月 / 24日
古本屋で安かったので買いました、『季刊クラシックカメラNo.12』。
双葉社刊。オリンパス特集号。

2001年刊。クラカメバブルが好調だった頃。クラカメ業界の中心人物
だった田中長徳氏責任編集。

ほんの9年前、オンリー・イエスタデイですが、まだデジカメはカメラ
産業の一部に過ぎず、オリンパスOMシステムは現役商品でした・・・

このムック、古本屋によっちゃけっこうなプレミアム価格になって
ます。OMシステムを中心に、基本はオリンパスの歴代機種をざっくり
と紹介。米谷氏のインタビューは著書『一眼レフ戦争とOMの挑戦』
(名著!)をさらっとなぞるのみ。オリンパスフレックスやオリンパス
ワイドの使い方マニュアルをカラーでやってるのはいいですね。

背表紙のコピーは「オリンパス、ズイコーの輝き」だけに、実写
レビューはそれにりに。35mmF2、シフト24mmF3.5、マクロ50mmF3.5、
300mmF4.5、28mmF3.5、35mmF2.8、ズーム35-80mmF2.8。サンダー
平山氏がミニスカポリスやってた福山理子(なつかしー!)を
モデルに24mmF2、85mmF2、100mmF2、40mmF2、180mmF2を実写。
180mmF2の実写はけっこうレアですよね。

オリンパス本はあんまり数がないですが、その分濃いムックが
ちらほらしてますね。わしが一番気に入ってるのは、OM生産終了が
決まった2002年に出された『さらば!オリンパスOM』(学研)。

CAPAらしい見やすいレイアウトで、OM一桁の名機から、80年代の
高校生たちの手元で活躍したであろうOM40PやOM707といった徒花
低価格マイナー機まで紹介。アクセサリー類カタログやレンズ
レビュー(ただし一色ページなのが残念)も豊富で、特に80年代
当時のインプレ記事の再録は、その頃に流行してた若者文体が今
読むとなんともムズガユイです( ̄▽ ̄)非常に読みやすい誌面
づくりで資料価値も高く、わしのOMバイブル。

こちらは2002年えい出版から出た『オリンパスのすべて』

えい出版らしく、OMとペンシリーズのメカニズムに徹底的に
こだわったムック。文字通り剥いて剥いて中身全部見せちゃうぜ
ぐへへな内容は分解マニア修理マニアにはたまらないでしょう。
実写が極端に少ないのもこの会社らしいです。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 | Next Page»