『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』

Posted at : 2010年 / 10月 / 31日

ずっと見忘れてた!てことでスターチャンネルプラスで( ̄▽ ̄)

しょーじき、「どれも悪くないけどイマイチ」だった『X-MEN』
トリロジーですが、スピンオフのこれ、アクションの迫力だけなら
ピカイチですな。ひじょーにスケールがデカい。このギャヴィン・
フッド監督が全部撮ったらよかったのに。

特にオプティック・ブラストの描写がイイ!
旧トリロジーでもアニメ版でも、サイクのブラストはなぜか物理的
「圧力」として描かれることが多く、標的をぼいーんとふっとばす
ことはできるんですが、溶解切断する「熱線」として描かれることが
ほとんどありませんでした。ところが本作では学校の校舎を切断し、
原発の冷却塔をコマギレにする大破壊ぶり。ここ、お気に入り!

プロフェッサーXと出会う前のスリム・サマーズ少年に、キザな
ギャンブラー・ガンビット、そしてラストの強敵にはデッドプール
登場と、新旧キャラがほどよくちりばめられてるのもよかったなー。



ついでなので昨日見た『フォース・カインド』も。

今時マジっすか、というアブダクションもの。
75年のテレビ映画『UFOとの遭遇』(『未知との遭遇』ではない)
以来、手垢つきまくりのネタですが、「実際の記録映像」という
ふれこみのビデオ映像と再現ドラマを組み合わせたドキュドラマ
手法で、宇宙人やUFOを見せずに、あくまでも「恐怖」を主眼に
描いたコンセプトが新鮮でした。

まあ上映直後に「実際の映像」が全部捏造で、データも全部ウソ
というのがバレちゃってましたけど。そもそも本作のキーになって
いる逆行催眠では、実際はマトモなことは何一つわからないという
のはもはや常識なわけで、その時点でリアリティは破綻しちゃってます。

とはいえ当節UFO映画は貴重なので、とても楽しんで見ました。
ビデオに記録されてた「宇宙人のシュメール語」もなかなかキモチ
悪くてよかったです( ̄▽ ̄)




それにしても、今日もよかったなあハトプリは。

[『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』]の続きを読む

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

『森山大道 路上スナップのススメ』

Posted at : 2010年 / 10月 / 31日

『森山大道 路上スナップのススメ』(光文社新書)を読みました。
常に路上にあり、路上にこだわり続けるスナップの巨人が語る
スナップの奥義、そして創作哲学を聞き書き形式でまとめてあります。

本を読むのが苦手な人は、序章だけ読みましょう。そこにすべてが
集約された一文があります。

『歩け。とにかく歩け。それから、中途半端なコンセプトなどいったん
捨てて、なんでもかんでも、そのとき気になったものを、躊躇なく
すべて撮れ』

序章にはもうひとつ、卓抜した言葉があります。

「でも、街はいたるところが異界だからさ、街をスナップするって
ことは、その異界を撮るっていうことなんだよ」

荒々しく攻撃的なプリントで平凡な都市風景を異界へと変貌させて
きた森山ならではの名言であります。

この二つのくだりを読んで興味をそそられない人は、もうスナップ
写真にはハナからご縁のない方でしょうから、本書に用はありません。

ところで森山は、2008年頃からデジタルカメラを使っています。
来年には初のオールデジタル撮影の写真集も予定されているそうな。
銀塩プリントの圧倒的な個性で世界的に名高い森山ですが、本書には
こんな言葉もありました。

「もう無理だよ。僕は、デジタルでやったほうがいいって思ってる」

このあとも、完全にフイルムへの未練がないともとれる言葉が続き、
正直フイルムもいいなあと思っているわしなどは、けっこうショック
だったりします。

でも終章のこの言葉を読むと、やっぱりこの人はカッコイイなあと
しみじみ思います。

「本当なら、僕の写真集からも(C)を外したいぐらい。(中略)
複写ご自由にということ? そう、そういうこと。だって所詮、
コピーなんだから。鼻の穴膨らませて、オリジナリティだ、
アートだって言ってるのを聞くと『なあに言ってるんだか……』
と思うよ」




あ、池袋をウロウロしていたら、消防車キタ━(゚∀゚)━!!!!

新宿書店の隣のラブホでなんかあったみたいですが、大事では
なかったようでした。

Category : 写真 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |