『ヘブンズフラワー』

Posted at : 2011年 / 01月 / 15日

川島海荷たんが主演の近未来アクションドラマ、というフレコミに
釣られて見てみましたよ『ヘブンズフラワー』。

いや、深夜ドラマとしてはなかなか頑張っておカネ使ってるんじゃ
ないでしょうか。まあ日本のドラマはゴールデンの見ても「わあ、
さすがにおカネかかってるなあ」と思う事なんてまずないですけどね。

50年後の未来。環境変動によって砂漠化が進みつつある世界。
食糧危機と、極度の貧富の格差に覆われたディストピアで、殺し屋
として生きる美少女を描く・・・というのが大筋です。

女3人で書いてるぬるまっちい脚本に、海荷たんのたどたどしい
台詞回しもまた香ばしいスパイスと思えれば、(大映ドラマ的な
意味で)それなりに楽しめる番組じゃないでしょか( ̄▽ ̄)
ワキを固めるは「ヘンなドラマにはだいたい出ている」本田博太郎
に、「もうこのクラスの仕事もします」三田佳子というのも実に
香ばしい。週末のお楽しみがひとつ増えました。『タモリ倶楽部』の
真裏というのがツライんですが。

関係ないんですが、海荷たんはいつまで9nineにいるつもりでしょうか。
近年あれほど顔面格差のあるアイドルユニットもないっていうか、雑な
作りのユニットですよねえ。



Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |