ヘアカタログを買ってみた

Posted at : 2011年 / 02月 / 04日
「女子の髪型を文章で説明するのは難しい」
「ていうか女子の髪型のバリエーションを知らねえ」

というプチな悩みを、萌え関係の仕事に携わっているY君から
聞かされました。なるほど、いわゆる「萌え」記号論において女子
キャラの髪型は重要な要素。女子キャラの数が多いほど、髪型の
記号性は便利になってきます。

マンガなら「描けば済む」けど、文章だと多少ヘアスタイリングの
名称や用語も知ってないといかんだろう。ポニテとツインテと三つ
編みしか髪型知らんというのもどうだろうか、とY君。お互いモテ
ないキモメンなので、そういうことを懇切丁寧に教えてくれる若い
オサレ女子の友達もおらん。

つーことで、二人で本屋へ。
恥を忍んで女子コーナーへ乗り込み、ヘアカタログをあれこれチェック。

ほとんどは20代かそれ以上向けの本。何冊かぱらぱらとめくります。
「むう…」
「参考にならん…」
唸るわしら。なんか全体的に、「街で働いてるちょっと派手めの
おねいさん」がしてるような髪型ばっかりなのであります。萌えの
対象であるティーン女子が学校でできるようなスタイルが全然ない。

アマゾンでも探してみました。検索したら、こんなのがヒット。
『ティーンのヘアカタログ』(女性モード社)

2009年11月刊。見出しには、
「女子中高生のための最旬★ヘアスタイルBEST145」
「校則OK!の最強カワイイ☆SCHOOLヘア」
とあり、なかなかよさげです。しかし定価2980円! 高ぇ!
2年も前の本だぞ! わしは若干値段に引きましたがY君
がんばって買いました。えらい。

結論から言うと、資料としては悪くないです。
ショート、ミディアム、ロングと長さ別に、基本スタイルと
アレンジのバリエーションがいろいろ載ってます。「学校でできる
スタイル」が基本なので、黒髪清楚系のアレンジが多いのが萌え
資料として有用。モデルさんもカワイイ子が多くて、そのへんも
二次元的イメージを作りやすいです。

ところで、オールカラーとはいえたかだか100ページのムックが、
なんでこんなに高いのか。理由は巻末付録を見て判明。
「ティーン市場調査書2010」という別冊綴じ込みがありまして、
要するにコレ、美容業界向け資料。美容室で待合室に置くための
ムックなんですね。

もう一冊、こちらは書店で見つけました。
『かんたん!ちょっ早!めちゃかわ・ヘアアレンジ―休日・
イベント・スクールみんなの流行ヘア』(学研)

50ページしかありませんが、その分お値段も490円とリーズナボー。
こちらはキッパリと学生さん向けですね。情報量も決して少なく
ありません。タイトル通り休日・イベント・通学とシチュエーション
別にさまざまなアレンジが掲載されてます。

女子のオシャレは先鋭化するほど男子の萌えからは光速で乖離して
ゆく、というのはよくあることですが、この本は「ギャル系ではない
女子高生ができる範囲のオシャレ」を基本ラインにしてますので、
わしらキモータが見ても「おっ、これは萌える!」と思うアニメ
キャラっぽいスタイルがけっこう載っております。その意味での
資料価値は一級品。ワンコインで買える手頃な価格も魅力的です。

「モデルが『ピチレモン』のモデルさんなので、全員めっさ美少女。
たまらん」とはY君の弁でした( ̄▽ ̄)萌え絵描きやラノベ書きの
参考資料に100点のオススメ本です。


Category : お仕事 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |