あいつの名は

Posted at : 2011年 / 03月 / 31日

 俳優で歌手の杉良太郎(66)が、東日本大震災で大きな被害を
受けた宮城県石巻市雄勝町で炊き出しおよび物資支援を行うことが
31日、わかった。夫人で演歌歌手の伍代夏子(49)や事務所の
スタッフら総勢24名で、あす4月1日早朝に都内を出発し被災地へ向かう。
(中略)
 今回、杉が支援活動を行う雄勝町は、宮城県内でも特に津波に
よる被害が大きかった町の一つ。同町の家屋約1600戸のうち8割が
全壊。今でも電気、ガス、水道、電話回線などのライフラインは
全滅状態で、14ヶ所の避難所に1803名が避難しているといわれる。

 変わり果てた同町に“温もり”を届けるべく、車両12台
(20トントラック2台、タンクローリー車1台、冷蔵・冷凍車2台、
車7台)に水2トン、男女下着類4000枚、歯みがきセット1万セット、
入れ歯洗浄剤500個、クレベリン業務用セット2000セット、だるま
ストーブ21台、石油ストーブ8台、灯油・ガソリン
など、大量の
救援物資を搭載する。 (以下略)

                    (オリコンスタイル)
------------------------------------------------------------------

杉様まじかっけー。

自分一人でスーパーマーケットに交渉して物資を集めて、全部自腹
でトラック借りて福島に乗り込んだエガちゃんもかっこいい。
今日のサウンドパティスリーでの吉田豪氏の話によると、芸能活動
では全然お金が儲かってないらしい。この人もまた、
「でも、やるんだよ」精神の漢。


Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

桜ほころぶ

Posted at : 2011年 / 03月 / 30日
東京・石神井川。
桜が咲き始めました。

(IXY DIGITAL 930IS)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

『オトメの帝国』

Posted at : 2011年 / 03月 / 29日

『MAKA-MAKA』『マルスのキス』と、ガールズラブの濃厚なセクシュ
アリティを描き続ける鬼才・岸虎次郎がビジネスジャンプで連載中の
女子高エロコメディ。相変わらず達者ですねーこのヒトは。

夢も希望も恥じらいもない女子高で、それでもクラスメートや先輩の
カラダにちょっとドキドキしてしまう女の子たちの生態を軽やかに
描くショートストーリー集になってます。

ためし読みは⇒コチラ

[『オトメの帝国』]の続きを読む

Category : 百合 | トラックバック(-) |  コメント:0

『くろよめ』

Posted at : 2011年 / 03月 / 28日

震災前に買ってたかずといずみの単行本。

同人誌で発表した表題作と、『つぼみ』に掲載した『めとらば』を
収録。どちらもテーマは「アタシ女だけど可愛いお嫁さんが欲しい」。

自立して働くオトナの女と、お嫁さん派遣会社からやってきた美少女
とのうれしはずかし家庭生活というフォーマットは共通してますが、
『くろよめ』は仕事も家事も完璧超人のデキる女と、不器用なお嫁
さん初心者、『めとらば』は家事が全くダメの女流作家と、家事万全の
大和撫子という点が違ってます。


[『くろよめ』]の続きを読む

Category : 百合 | トラックバック(-) |  コメント:0

グッコレ39 マジカルエミ

Posted at : 2011年 / 03月 / 26日

いいトシした大人がオモチャ買ってる場合じゃないんですが、こんな
ご時世だからこそ、貴重な思い出キャラのグッズは手にしておきたいなー
というわけで、グッコレ「マジカルエミ」です。実勢価格8千円前後の、
かなりお高い商品ですが、ポストホビーのポイント消化で、どうにか
お財布の痛みも最小限にとどまりました

1985年放送、ぴえろ魔女っ子シリーズ第3作であり、わしが最も好きな
タイトルであります。全編を貫く暖かな日常主義や、大人びた社会観、
当時としては洗練された作画のクォリティなど、ずっと後年になって、
大人になってからDVDで見直しても、その魅力がほとんど色あせて
いなかったのには驚かされました。

背中から。グッコレは概してそうですが、原作に較べると全体に
むちむち度がアップしてます。お胸もお尻も30%増って感じです。
不評だったビス穴ムキ出しは改善されたようです。


付属品はマジック用のステッキ、シルクハット。


飛び出すトランプを表現したエフェクトパーツ。


こんな風にオープニングの再現も。


魔法の導き手トポ。この頃のマスコットはキュウベエと違って
いいヤツです( ̄▽ ̄)


手のパーツはめちゃくちゃたくさん付いてます。


表情パーツ各種。これはデフォルト。


明るい笑顔。歯が見える笑顔はフィギュアでは珍しいかも。
遠目にはいいんですが、近くで見るとちょっと塗りが粗いような。


左目線のスマイル。飾っておくならこのパーツがベスト。


グッコレのお楽しみ、ちょっぴりエロい照れ顔。本当はもう少し
ほっぺが赤くなってるはずなんですが、個体差なんでしょうか、
わしのは桃色がすごく薄く見えます。写真ではほとんど見えませんね。
かなりタレ眉なんですが、前髪のせいで見えないのも残念。

あとイヤリングはポロリしやすいので要注意です。

グッコレ買うのは初めてだったんですが、やはり第一印象は「でかっ!」
エボリューショントイズの「ふるプニっ」と較べてもこのデカさ。


腰や肩の関節が抜けやすかったり、こんだけデカいし高いんだから、
もうちょっと塗りを頑張って欲しかったなあというのは正直なところ。
ただ脚の自由度が非常に高いのには感心。あぐらもOKです。


当節、マジカルエミが立体化されるなんてことも、もうそうそうは
無いでしょうから、とりあえず個人的には買って悔いなしです。
しかし企画した人、趣味が濃いですなあ・・・。今夜はこれを飾って、
傑作OVA『蝉時雨』を見ましょうかね。


オマケ。


[グッコレ39 マジカルエミ]の続きを読む

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

グッスマ、復興義援ねんどろミク発売

Posted at : 2011年 / 03月 / 24日

ミカタンブログによると、定価3000円のうち1000円が日本赤十字社への
寄付金となる「ねんどろいど 初音ミク 応援ver.」が発売されるとな。

これまでの通常版ミクに、新規フェイスと応援旗、ポンポンが新たに
追加された特別版。それでお値段据え置き・送料無料なのはメーカー
としても頑張っているアティチュードの現れでしょう。特にねんどろ
ミクは何度再販しても瞬殺されるモンスターアイテムですから、
相当な注文数が見込まれます。

グッスマ通販サイトで3/25〜4/7の間、受け付けするとのことです。
わしも日赤への義援金はすでに送っていますが、注文しようかな。
東京だってすでに被災地になってまして、精神的にかなり落ちている
人も多いです。ホビー好きのそんな人たちの机に、こんな子がいて
励ましてくれるというのも悪くありません。

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

今日のいいニュース

Posted at : 2011年 / 03月 / 23日
・岩手出身の編集者と、震災以来久しぶりに連絡を取る。
 ご実家は人的被害なしで、本人も元気に仕事をしていた。

・KARAと少女時代、日本での活動の無期限延期(朝鮮日報
フジテレビ涙目wwww

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

ラジオ

Posted at : 2011年 / 03月 / 23日
爆笑問題のラジオは、一定の配慮はしつつ、通常営業のようです。
昨日の痴豚様ラジオは、冒頭できちんとエクスキューズをしたにも
かかわらず、最終的に湿っぽい放送になってしまい、その重苦しさは
正直、今日の昼間も気分にのしかかってしまいました。そういう
放送になってしまうのも人として当然とは思いますが…

それにしても爆問放送開始直後の「緊急地震警報!」には胆が
冷えました…

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

被害報告

Posted at : 2011年 / 03月 / 21日
先の地震での我が家の被害は、都内の多くのご家庭同様、おおむね
軽微なものでした。せいぜいフィギュアや本の山が崩れたくらいで。

カメラ機材にも被害無し、と思っていたのですが、さっき被害を
発見してしまいました。手持ちのカメラの中では最も堅牢と思われた
ニコンFM2/Tです。

ファインダーを覗くと妙な違和感が。むむ?
どうやら絞り直読窓のレンズがズレたかなんかしたようで、光が
ちゃんと入ってこず、絞り値がハッキリ読み取れません。倍率も
狂ってしまっているようです。世の中がもうちょっと落ち着いたら、
修理に出そうと思います。ニコンでは直してくれっかな…?

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

河畔にて

Posted at : 2011年 / 03月 / 19日

東京は上着が要らないような暖かな土曜。
自転車で川っぺりまで行って、ぼーっとしながら聴く、TBSラジオの
サンドウィッチマン特番。

芸人らしい笑いと軽さを保ちながら、前向きに震災の実情を語る、
とてもいい番組でした。

被災地の方からの生の声もいくつかありました。宮城県でしたか、
比較的被害の少ない地域のお話でしたが、高校の吹奏楽部のOB、OGが
四人ほど集まって、娯楽のほとんどない避難所のお年寄りに音楽を
プレゼントするボランティアをやっているという話題がありました。

中心になっているのは18歳の女の子だそうで、電話口で語るその子の
衒いも、気負いも、悲壮感もない、ただただ明るく弾んだ声を聴いて
いると、不覚にもぼろぼろ涙がこぼれて止まりませんでした。

いい歳の大人がまったくもってお恥ずかしい。まわりに誰もいなくて
ほんとによかったです・・・

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 | Next Page»