chibi-artsキュアマリン

Posted at : 2011年 / 06月 / 04日
えーとまあ例によって池ポで叩き売られてましたので、個人的には
あんまり高まるものはなかったんですが、一応プロッサムの相方が
いないことにはね。つーことでキュアマリンです。


基本構成はブロッサムと同じ。
ただ、このウインク顔はマリン独特ですね。


「ハートキャッチ!」


ハート印☆


フローラルパワー・フォルテッシモ!


シプレとコフレ。


わしが買ったパッケージはゆるゆるの腕があったりキツキツの腕が
あったり、相変わらず品質管理がもうひとつですが、まあこんな
もんでしょう。このあと出るであろうサンシャインと、二人の私服
版と揃えるために買ったみたいなもんですハイ( ̄▽ ̄)





「それはそうと、7月いっぱいでリボチップ廃止ですってーー!!」


「ああ〜?聞こえんなぁ〜〜〜」


わしの手元にはハンパな枚数が残ってるんですよねー。あと二ヶ月
弱でリボルテック3個も4個も買うとは思えないので、5枚送って
ミニアッセンブルもらっておきますか…

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

リポゼッション・メン

Posted at : 2011年 / 06月 / 04日

スターチャンネルプラスで。

高額な人工臓器が自家用車のように人々の生活に定着した近未来。
巨大臓器メーカー・ユニオン社は、顧客に高金利のローンを組ませて
臓器を売りまくり、支払いが滞ると「リポ・マン」を派遣、強制的に
臓器を「回収」する商法で莫大な利益を上げていた(もちろん臓器を
抜かれた人は死ぬ)。

ジュード・ロウ演じるレミーはこのリポ・マン。相棒(フォレスト・
ウィティカー)とともに、毎日滞納者の腹を切り開き、人工臓器を
じゃんじゃん持ち帰る。その営業成績はトップクラス。

しかしそんなレミーも奥さんには弱い。いいかげん安全で定時に
帰れる販売部に移ってよ、と突き上げがきつい。真剣に異動を考え
はじめるレミー。

ある日、いつものように回収におもむいたレミーは、そこで機材の
不調で心臓に重傷を負う。半ば強制的に、ユニオン社の高価な人工
心臓を移植されてしまうレミー。自らも「債務者」になってしまった
レミーは、急に滞納者の腹を切り裂くことができなくなってしまう。
彼らが、家族も生活もある人間だという事が、初めて実感できたのだ。

販売部に異動するが、給料は半減。たちまちローンの滞納はふくれ
上がっていく。妻は家から出て行けと三行半を突きつけてきた。
彼の元にリポ・マンがやってくる期日が、刻々と迫ってくる。
そんな時、レミーはスラムの片隅で、かつて酒場で歌っていた女
ベス(アリシー・ブラガ)と再会する。ベスは病気と麻薬中毒と
売春サービスのために、体中に人工臓器を移植していた。ボロボロ
のベスを連れ、逃亡の生活を始めるレミーだったが・・・。


(以下ネタバレ)

[リポゼッション・メン]の続きを読む

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |