高エネ研など3次元の宇宙誕生を再現

Posted at : 2011年 / 12月 / 22日
 宇宙が3次元で誕生する様子を高エネルギー加速器研究機構と
静岡大などの研究チームがシミュレーションで再現することに
成功した。宇宙空間を「9次元」と考える最先端理論を使って、
現実の3次元の世界が生まれる瞬間を初めてとらえた。宇宙論の
発展につながる成果で、米物理学会誌電子版に来年1月4日に
掲載される。

 研究チームは、物質を構成する最小単位の素粒子は丸い粒ではなく、
ひも状のものだと考える「超ひも理論」に基づき、約137億年前の
宇宙誕生の様子を数値計算した。

 超ひも理論はノーベル賞受賞者の南部陽一郎氏らが約40年前に
提唱した「ひも理論」を発展させたもので、物質や宇宙の根源的な
謎を説明する理論として広く支持されている。しかし超ひも理論は
宇宙を「9次元の空間と時間」で定義しており、現実の3次元の
空間とどう結びつけるかが長年の課題だった。

 研究チームは、時間の経過に伴い宇宙空間がどう変化するかを
探る新手法を開発し、スーパーコンピューターで解析。その結果、
初期は非常に小さい9次元の空間だったが、あるとき3つの方向
だけが自然に急拡大し、膨張し始めることを発見した。これが
3次元の宇宙誕生の瞬間という。      (後略)

                         (産経新聞)
----------------------------------------------------------------

おおー、長いこと理論上の存在だった余剰次元が、いよいよスパコンで
この世界とつながっていることがわかっちゃったの? たの?

ちなみに余剰次元はどんな姿をしているかというと、10のマイナス
35乗m、人類が観測可能な最小の長さプランク長に折りたたまれ
ていて、その形はループでも球面でもない「超球」あるいはカラビ・ヤウ
多様体と呼ばれる形状になっている・・・と予測されています。

白水先生の本とか読むと、可視サイズの0.1ミリくらいに巨大化
できんじゃねという理論もあるようですが、文系のわしには
よくわかりません。

もうなんでしょうね。ウルトラマンの世界ですよね。
そらブルトンも住んでそうですよ。

以前読んだ本では、余剰次元は我々の四次元時空を残して
縮んでしまったと書いてありましたが、この記事を読むと、元々
小さな量子宇宙から、我々の時空だけがどーんと膨張した
と解釈できるみたいですね。面白い。

ちなみになんで我々の四次元時空だけがでかいのか?という疑問に
ホーキング博士は独自の人間原理で解釈を述べています。
要するに、四次元時空は宇宙や知的生命が進化するのに「ちょうどええ」
からだそうです。二次元だと単純すぎ、五次元だと物理法則が
不安定すぎ、知性体や銀河が成長する余地がないんですって。
確かにブルトンは知性体ではなかったような・・・いやでも
ブルトン原理の宇宙観で見れば、この時空は窮屈すぎる物理法則で
ガチガチに固められた、信じられないほど不自由な世界だったの
かもしれませんね。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |