特撮リボルテック・アイアンマンMark3

Posted at : 2012年 / 03月 / 03日
池ポで安売だったので買って来ました、特撮リボルテック 
アイアンマンMark3。映画第1作の主役バージョンですね。

やっぱりアーク・リアクターは円形がいいわー。原作コミックでも
胸のシンボルは最近のダイヤモンド型とかデルタ型より丸が好き。



Mark2から実装されたアーク・リアクター発光機能。

わしの買った個体はややスイッチの接触が悪くて、光が明滅したり
します。残念。店頭で見比べると、顔の塗装にもけっこう個体差が
あり、ヨゴレや気泡がある個体をいくつか見かけました。

電池ボックスが入っても胴体の可動にさほど影響ありません。






Mark6のパーツ流用でリパルサー・レイ!

実はこの流用にはちょっと無理があります。

よーく見るとヘンなことになってます。


Mark3には腕パーツに手甲アーマーが付いていて、


Mark6には手首に手甲アーマーが付いてるので、

流用するとこれが干渉しちゃうんですね。
せめてMark3に、穴あきの手首パーツを付けてくれてもよかったと
思うんですが、ちょっとサービス不足ですよね。

足の裏のダボ穴はそのまま。


Mark2と同じ社長ヘッド。微妙。




Mark6と並べて。3の方が顔が細くてシャープです。


ブルース・ウエインと社長対談「お互い経営大変だね」



Mark2買ってないので、やはり肩や膝の関節機構が新しくなったのは
新鮮でした。どちらもMark6より洗練された感じです。足首カバー
にもジョイントが付いて、より可動域が拡がったのも高評価。
ただやっぱりリパルサー・レイ流用がしづらいのは理解に苦しみ
ますね。なんとかならんかったのかと。それさえ我慢できれば、
やはり実写映画版のオリジナル・アイアンマンがアーク・リアクター
を輝かせた姿で飾れるのは満足度が高いですよ、ハイ。



Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
 |