シベリアで謎のチタン物体発見

Posted at : 2012年 / 03月 / 23日

ロシア・ノヴォシビルスク州の森では、薪を調達していた住民に
よって、直径約2メートル、高さ約1メートルの奇妙な金属性の
物体が発見された。

 発見した住民らは、地元の非常事態省に連絡した。非常事態省の
専門家が検査したところ、この物体から放射線の放出はないことが
明らかとなった。

 非常事態省の職員らはジャーナリストらに次のように語った−

「発見された物体はチタンからつくられている。これは恐らく宇宙
探査機の一部ではないかと思われる。」 

 発見された物体の写真は、ロシア宇宙庁(ロスコスモス)へ送られた。
ロスコスモスはこの物体について、ロスコスモスの宇宙機器で使用
されているものではないとの声明を表した。発見されたチタンの物体は、
未解決の問題として残った。

                         (ロシアの声)
----------------------------------------------------------------

うはwwwww
こういう不思議なニュース、ロシアはまだまだ出てきますねえ。
まあ真相がわかったら、どうせまたガッカリなしょーもないもの
なんでしょうが、「直径約2メートル、高さ約1メートル」の
金属体が全部チタンだとすると、用途がなんにせよ、とんでもなく
高価で高品位な工業製品です。それ自体がちょっとゴイスー。
やっぱり兵器関連ですかねえ・・・。

【追記】
てなことを書いてたら、東京MXTVのカルトワイドショー『5時に
夢中』のメインゲストがミステル・ヤオイこと矢追純一さん! 
もちろん番組テーマはUFOですよ。いやー衰えてないです矢追さん。

・「フェイスブックで個人情報が?」というニューストピックに
コメントを求められ、「それより心配なのは宇宙からの脅威です!
と勝手に話題を変えてしまい、「二つの小惑星が地球に向かっている。
NASAもさりげなく警告を出しています。地下都市も作っている」
と断言。なぜさりげなく警告をww 警告ならはっきり出さないとw

・「銀行について」と話を振られ、「銀行は使いませんよ。今は
全部預金とか全部電子情報でしょ。『消えちゃいました』って
言われたらそれっきり」矢追さん、金融業界の電算システムの
イメージが昭和のままです・・・。つーかこの二つ、MX以外の
テレビ局で言ったら、速攻局アナが不適切発言をお詫びするレベル。

・後半は矢追さんのUFO講義スペシャル。主たるテーマは
「ナチスとUFO」・・・って、ブレないですねえ矢追さん。

・「ナチスは実は秘密結社だったんですよ。政党はその政治部。
ヒトラーは政治部長」「ナチスはUFOだけでなく、スペース・
ステーションも完成させていた」

・「そんな科学力があったのになぜUFOを軍事利用しなかったのか。
ヒトラーはUFOで火星に行きたかったんですね。火星には古代の
超科学が眠っていると言われていて、それを利用しようとしていた」
・・・いや矢追さん、空飛ぶ円盤と宇宙ステーション作れる科学力
あったら、それだけで連合軍といい勝負できますって( ̄▽ ̄)
わざわざ火星まで行かんでも・・・。

・「僕はその秘密結社のメンバーと会ったけど、UFOなんか遊びで
飛ばしている、って言ってましたよ」
・・・最高です矢追さんっ!
しらっとした中尾ミエさんとミッツ・マングローブの顔がたまらんw



全然関係ないですけど、先ほどからネットがプチ祭りになってます、
昨日の『ぐるナイ』wwww

◆ゴチで出た高級韓国料理ワロタwwwwwwwwww

料理も酷いけどフライパンがプロの道具として論外な件wwwwwww

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |