カメラ少女マンガ

Posted at : 2012年 / 06月 / 08日
暑い!なんすかこのいきなりな夏本番天気。

えーと、お昼に成海璃子たんのカメラを見てコーフンしたので、カメラ少女
マンガを買って来ました。

まずは先月末に出た月子『彼女とカメラと彼女の季節』1巻(モーニングKC)。

百合 + カメラ少女ものです!

女子高生あかりは、美人なのにいつもぽつんとしているクラスメート・ユキに
なんとなく惹かれ、やがて親しくなっていきます。最初こそ少し反発するあかり
ですが、古いカメラを愛好し、人に流されず凛然と生きている、でもときどき
むしょうにカワイイところを見せるユキに、次第に萌え萌えしてきます。


ところが二人の間には、野球部の爽やか少年・凛太郎という存在が。
凛太郎はどうやらあかりに好意を持っているようですが、実はユキとも
過去に浅からぬ関係が・・・ということで、百合プラス少年の三角関係が
ストーリーの軸になってきます。こういうマンガではカメラは味付け程度の
小道具であることが少なくありませんが、『カノカメ』は割りときっちり
キャラをつなぐ重要なアイテムとして使われていて好感です。

濡れ場もちゃんとありますし。

あかりちゃん意外にきょぬー。

お風呂だから水中カメラのニコノス垢任垢茵しかしピント合うんでしょうか
この距離で( ̄▽ ̄)

いかにも女性作家らしい陰湿な少女社会の空気も描かれたりしますが、
これまで描かれたカメラ少女マンガとしては出色の作品(つーかこれまで
ほんとロクなマンガがなかった)かと。

ちなみにオマケのフリーペーパーには連載に至る裏話が描かれてまして、
とある女性編集者が会議の席で「月子の百合が読みたい」と発言したこと
からこの作品が生まれたとか。ええ編集者さんやないか!

余談ですが芳林堂さん、なぜかフリーペーパー同じのが2枚ずつ入ってましたよ。

お次。
半年くらい前に出た桐木憲一『東京シャッターガール』(ニチブンコミックス)。

こちらは1回6ページで、カメラ少女が東京名所をめぐるエッセイ風マンガ。
つーかほとんどの話が雑誌の散歩記事をマンガに仕立てたみたいな感じで
キャラクターのドラマはほぼありません。ヒロインのカメラがキエフで
しぶいという以外、とりたてて語るところのないマンガです。あ、鉄ちゃん
少年とニアミスする話はちょっとよかったな。

都電荒川線公式サイトにて、#23が無料公開されてます。



お、ラノベでも間もなくカメラ少女ものが出るみたいです。
イラストがカメラ少女アニメ『たまゆら』の飯塚晴子氏ですね。



Category : 百合 | トラックバック(-) |  コメント:0

成海璃子ちゃんのカメラ

Posted at : 2012年 / 06月 / 08日
今日の「いいとも」、テレフォンショッキングのゲストは成海璃子たん。
手に持っていたのは『宇宙人ポール』仕様にデコった京セラT-Proof!

1995年発売の銀塩コンパクトカメラ。
持ってた持ってた! 懐かしーなー。とっても写りのいいカールツァイス
テッサーT*35mmF3.5に加え生活防水機能まであって、気軽にどこへでも
持っていけるカメラでした。タモさんもかなり食いついてましたね。

このテッサーは開放でちょっと周辺減光が目立ちますが、発色のスッキリした
いいレンズでして、安いコンパクトカメラなのにプロビアを使っても力負け
しないところがとても痛快でした。GR1買うときに手放しちゃったけど・・・

いやーいいカメラ持ってますね璃子たん。つーか女優さんはプロカメラマンと
仲良しの人が多いせいか、総じて持ってるカメラのセンスがよろしいな。



Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 |