カメラバッグ新調

Posted at : 2012年 / 06月 / 18日
2年ほど前に買ったロープロエクスチェンジメッセンジャーですが、さすがに
毎日毎日酷使してますので、あちこちすり切れてしまいました。てことで、
アマゾン見たら68%OFFとか投げ売りされてました、ハクバのプラスシェル
コンパクトメッセンジャーカメラバッグ(L)を買いました。

当節の女子カメラブームの余波かも知れませんが、最近は国産の老舗もしゃれた
バッグを作るようになったものです。

とりあえずEOS50Dにシグマ17-70mmF2.8-4.0、されに超広角ズームを詰めて
肩にかけてみました。ストラップの重心バランスがいいのか、すこぶる軽快。
肩パッドも思ったより効いてます。


口を開けたところ。
口折れバッグというのは本来、折れた部分を伸ばしてそこにも物を詰められる
という入れ物なんですが、まあファッション的にそんな使い方する人は
いませんから、このバッグにもそうした機能はありません。口折れ風の
フラップは単なるデザイン。ただ、普通のフラップと較べると雨の浸水は
防げそうです(防水ではありません)。


中身。
EOS50Dはちょっと窮屈そう。フラップの閉まりがいくぶん悪くなります。
やはりKissクラスやミラーレスの方が余裕をもって使えそうです。
壁のクッション性はまずまずですが、本格的なカメラバッグに較べると
やっぱり薄いです。まあよっぽどあちこちぶつけたりしなければ平気でしょう。


大ぶりなポケットはB5サイズのノート(not PC)などがギリギリ入ります。
中にはインナーポケットも。バッグ全体のデザインとして、マチというか
幅に余裕がありませんので、ここにあまりいろいろ入れると、カメラを
入れた時にちょっとフラップがキビシイかも。


二つある丸い縫い目には留め具としてマグネットが縫い込んであります。
しかしこれの効きが今いち。もっとビンビンのネオジム磁石使って欲し
かったなあ(まああんまり磁気強めるとデジカメとかに悪影響出ちゃう
かも知れませんけど)。結局真ん中のスナップを使うことになります。


背面にもポケットあります。B5の雑誌などが入ります。

全体に軽く作ってありまして、中仕切りを外せばデイリーユースにも
違和感なく使えるデザインは気に入ってます。ちょっと遠出するような
本格的なスナップ散歩にはややツライかなという感じですが(たとえば
大口径の望遠レンズはまず入りません)。ミラーレスや銀塩35mmカメラ
にはピッタリです( ̄▽ ̄)



Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 |