オリペンミニ精進

Posted at : 2012年 / 07月 / 04日
二年ぶりにカメラ買いました。
オリンパスE-PM1ツインレンズキット(シルバー)です。

アマゾンで39800円になったところでカートに入れたんですが、「でもなあ〜」と
ふんぎりつかずに逡巡していたら、日曜に突如「じゃあもう今回だけ泣くわ!」
という感じで37000円になったんですな。シルバーだけ。たまらずポチですよ。
今キャンペーン中でボディジャケットもオマケに付いてますし、ユーザー登録
したらミニチュアストラップも貰えるし。オマケ大好き( ̄▽ ̄)

しかしまあこのボディジャケット、白だからすぐ手垢で汚れちゃうんだべなあ。
オリンパスは好きな色塗ったりデコったりを推奨してますけど、着色したら
汗やら雨やらで色落ちして服についたりしそうだにゃあ。まあいいか。
タダだし( ̄▽ ̄)

しかしちっさいですなあ。すごくでっかいセンサー積んで、レンズ交換できる
コンパクトカメラという感じですね。エントリーモデルなのに敢えて無理して
ストロボ内臓せず、思い切って外付けにして同梱しちゃうという割り切りも
オリンパスらしくてイイ。逆にプロっぽいというか。

つーことで今日はM.ZUIKO 17mmF2.8一本だけで駆け足試写。
可愛いパンケーキレンズですが、あんまり評判は芳しくないですね。
なんかこのツインレンズキットが投げ売りになってるのも、この玉の
在庫一掃セールの意味合いがあるのかと思ったり。近いうちにリファイン
されるってウワサもありますしね。

サイズはコンパクトですが、レリーズすると「カシャッ」と内部で
メカが動く感触と作動音がするのはやっぱり心地いい。これはやっぱり
コンデジでは味わえません。


逆光だとフレアがけっこう。








アートフィルター初体験。今はどのコンデジにも搭載されてますけどね。

ラフモノクローム。森山大道調w


トイカメラ。


ドラマチックトーン。


文芸座の古いポスターをラフモノクロームで撮ると気分は70年代w


ジオラマ。

上位機種に実装されてるアートフレーム、あれカッコよくて好きなんですが、
このミニにはないんですね。そこだけ残念。付属のRAW現像ソフトで
追加できるそうですけど、ファームアップで追加してほしいなー。
わしあんまりRAW使わないんですよ。


薄いE-PM1のボディに薄い単焦点レンズはなかなか軽快で楽しいです。
個人的にも35mmの画角は大好き。まあ欲を言えばF2くらいの明るさは
欲しいですけど。描写性能についてはけちょんけちょんに言われてる
レンズではありますが、普通にスナップに使うぶんにはさほどの
不満は感じません。AF動作は多少音がします。多分新型はMSCに改良
されるんでしょうなあ。

さて次は標準ズーム14-42mmF3.5-5.6R。
フルハイビジョンムービーも試さなきゃいけないし、当分遊べそうです。

あ。液晶保護フィルムですけど、専用のものは7-800円もしますね。
100円ショップで売ってるこの携帯電話用のやつ(イノマタ化学)が
サイズピッタリですよ。

おお、ビックカメラでも特価300円(送料無料)のサービス品がありますね。



Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 |