「遠隔操作」ウイルスの正体は?

Posted at : 2012年 / 10月 / 10日
えげつない残暑から一転、急に朝晩ひんやりしてきまして、
昨日からめっきり風邪気味です。

アニメ演出家までが逮捕されたりして物騒がしい脅迫メール冤罪事件
ですが、肝心のウイルスが仕込まれたフリーウェアのリストと、
ウイルス自体の名前がなぜかなかなか報道されないため、ネットでは
不安の声が高まっていました。

今日FNNのお昼のニュースで当該のウイルスは「iesys.exe」であると
報じられました。ただコレ、ぐぐったところ特に新しい種ではなく
危険度も「低」とされる陳腐なトロイ。感染した人はよほどPCの
セキュリティに甘かったとも考えられますが、報じているのが今の
ところFNNだけなので、トバシの可能性もありますね。

なんにせよ海外の怪しいフリーウェアには、たいていなんらかの
トロイが仕込まれてます。中国製のPCやルータにはハードウェア
自体にあらかじめウイルスが組み込まれているという報道が
アメリカではありましたし、バックドアの用心は常に心がけて
なくちゃいけませんね。桑原桑原。

【追記】
トレンドマイクロ社の解析により、BKDR_SYSIE.Aと特定されました。
Windows 2000, Windows XP, Windows Server 2003など古い世代の
プラットフォーム上でのみ活動するようで、vista、7などを
使ってる人はひとまず大丈夫そうです。



Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |