ペンタブ買ってみた

Posted at : 2013年 / 04月 / 21日
なんですかもうじき5月とは思えない寒い週末でした。

ビックカメラ池袋アウトレット館でしばらく前から台湾製の
ペンタブが1980円という捨て値でワゴンに入ってます。
面白そうなんで買ってみました。

KanvusなるメーカーのOffice54 V2ってやつ。このメーカーは
3年くらい前、萌えパッケージ版をやはり低価格で出して
アキバ系メディアでちょっと話題になりました。

てことで開封。

ドライバは今どきインスコしたあと何度もOS再起動させられたり
けっこうめんどくさいです。一部マウスと競合する不具合も
報告されてましたが、わしの環境では問題なく認識しました。

カバー。両面テープで貼り付けます。


交換用ペン先が3本。ペン先は全て同じ素材。固いツルツルした
樹脂製です。黒い丸いのは交換作業用のツール。

ペンは一流メーカー製と違って単四電池給電なので代用が
効きません。輸入代理店で供給サポートもしていないよう
ですのでこのペン先が全部死んだらオシマイですね。
まあ1980円ですから( ̄▽ ̄)電池寿命は最大で5000時間
メーカーサイトによる)。

カバーを貼った状態。

入力面のサイズは公称13.97×10.16センチ。おおむねA6サイズ。
Officeという商品名だけに、WordやExcelに連携したショート
カットエリアがいっぱい設定されてます。まあ多分使いませんw
つーかカバー貼ったらけっこう見えなくなってるしw
上部中央の小さな点はパイロットランプ。ペンから入力があった
時だけ点灯します。

ペンは100円ショップ的チープ感。

「使わないときはペン先にものを触れさせないように」という
注意書きシールが貼ってあります。電源スイッチなどはなく、
3秒入力がないとスリープに入るそうです。

付属のチュートリアルDVDは操作に慣れるためのミニゲームが
入ってたり、レタッチやお絵かきの工程をflash動画で説明
してあったりそれなりに初心者に親切。とりあえずわしは
たまーに写真のレタッチに使う程度だと思いますけど、作業に
慣れてきた頃、気が向いたらインプレします( ̄▽ ̄)



関係ないけどMXで始まった『アステカイザー』おもしれーなあ。
なんであんなに極端な広角レンズ使うんだろ。70年代らしい
クセのある演出だねえ。

『ドキプリ』は早くも新キャラ登場で、今後の展開がちょっと
楽しみになって来ました。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |