たけしはキてる

Posted at : 2008年 / 12月 / 30日
毎年末恒例、たけしのオカルト特番、今年もよかったぜ
『ビートたけし緊急報告禁断の衝撃スクープ!!超常現象(秘)Xファイル』

今年はオカルト系ライター山口敏太郎氏がコメンテーターに加わり、
多分この人が番組にネタ提供もしているのだろう、ヴィヴィッドな
国内UMAネタからメキシコのコビト型UMAのミイラ、さらに以前この
ブログでも取り上げた
元宇宙飛行士のトンデモさんエドガー・ミッチェル
博士にガチインタビュー敢行、最近とみにオカルトタレントとして
露出開始し伊集院をも震撼させた須藤元気がイッた目つきでバシャールを
マジ語り、なぜか最近また深夜にちらほら復活し始めた元ワンギャル
相沢真紀唐突なゴールデン登場と、充実の内容でありました。ああ、
ここは70年代後半のニッポンか、とタイムスリップ感覚満点ですわ。

この山口サン、かなりのキレ者でありまして、場面に応じて懐疑主義的
になったり、ゴリゴリのビリーバーになって大槻教授を舌戦で追い詰め
たりと、大活躍。しまいにゃ大槻教授、最近テレビでもてはやされる
トンデモ説「人類は月に行ってない論」(爆問の太田あたりも
ビリーバー)の信奉者になりつつあることを告白するなど、
問題発言も飛び出しました。


まあテレビでこそ合理主義・懐疑主義の代表的論客とされる大槻
教授ですが、ぶっちゃけこのヒト、信奉してるのがオカルトか
プラズマかって違いだけのトンデモ学説を平気で著書に書いちゃう
プラズマ馬…もといプラズマ著しく好きオヤジですんで、この
華麗なる転向ぶりも決して意外でもフシギでもないんですが。

それにしてもゆうべのTBS生放送では久しぶりにキレッキレのたけしが
全開で、スタッフが確信犯的に放送コードギリを狙った感じが
すんばらしかったなあ。この数年、「扱いのめんどくさい大御所」
ポジションに置かれつつあったたけしだけど、まだまだ「やったら
やれる」ところを見せつけましたなあ。夏の27時間TVでもその
雰囲気をびしびし出してたけど、来年にかけて「たけしルネッサンス」
が見られるかも知れないなあ。楽しみだ。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
<<生録散歩 | ホーム | 大晦日>>

Comment List

Comment Form

 |