di:stage買いました

Posted at : 2009年 / 08月 / 30日
グッスマが、さらにFigmaを楽しめるアイテムとして発売しました
全く新しいコンセプトのフィギュアスタンド「di:stage」を
四つばかり買ってきました。さくらや池袋店は1個522円、秋葉原
ソフマップは490円。レゴブロックみたいにパーツを自由に組んで
フィギュアのためのステージを作ろう、というのが売り文句です。

とりあえず一番基本的な平面に組んで、格ゲー風に。


たくさんパーツが付属するんですが、アームと、フィギュアを掴む
「ツメ」の付いた「グラップユニット」が面白いです。

ただ、やっぱり本格的にポテンシャルを発揮するのは、ペーパー
クラフトとの組み合わせによるジオラマベースとしての使い途
なんでしょう。紙を挟むためのクリップパーツも異様に多数付属
してます。その辺のスキルがあんまりないもんで、これから研究
しなきゃ。

続いて垂直組み。
「グラップユニット」はねんどろいどにも使えるかと思いましたが、
いかんせんアーム長過ぎw あと髪の長い子は横から掴むしかない
のもちと残念。


そのへん工夫したねんどろいど用のアームを別売りして欲しいです。
ツメの保持力はかなりのもんで、バランスが悪く重いねんどろいども
楽々持ち上げます。


パッケージのベロには、ジオラマのフキダシに使える図版が4点
印刷されてます。なんとムダなくエコなパッケージ!


パッケージ内側には、台座にかぶせるカバースキンの基本形が
折り込まれてます。そのまま使ってもよし、自作スキンの型紙に
するもよし。気づかずウッカリ捨てちゃう人がいそうですね
(つーかわしがそう。1個捨てちゃいましたorz)。


カバースキンを台座にかぶせるとこんな感じ。
図のように4面ともバインダーパーツで固定してしまうと、別の
台座との接続が出来ません。そのため、スキンに穴を開けて、
別パーツのピンで固定する方法もあります。アームを差す時も
穴を開けなくちゃいけませんから、いろいろ工夫が要りますね。



とりあえず、来月末発売予定の拡張セットと、クリアバージョンも
楽しみですね。クリアバージョンはミクとか、リボフロアイマス
とかで、キラキラしたステージ組んだりするのによさげです。



Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
<<内蔵ストロボディフューザー買ってみた…けど | ホーム | ねんぷち『ボーカロイド シリーズ01』予約開始>>

Comment List

Comment Form

 |