本屋さんもいいもの

Posted at : 2009年 / 09月 / 20日
「シルバーウイークの日曜は、雲ひとつない日本晴れ。絶好の行楽
日和です」とテレビで言っとりましたが、目が覚めたのが昼過ぎでは
もう関係ありませんね。

いや、ゆうべは軽く資料を漁るだけにして、早く寝ようと思ってたん
ですが、いざ原稿を書き始めると、なんだかノッてきてつい夜が明けて
しまいました。気が乗らない時にはファイルを開くも嫌なのにねー。

しょーがないので、ゆうべ気づいた新しい資料本を買いにジュンク堂へ。





こちら2冊、アマゾンだと在庫切れで、ちょっと入手が面倒ですが、
ジュンク堂にはちゃんと置いてました。このところ、アマゾン偏重に
なっていたわしですが、こーゆーときは大きな書店が近場にある
幸せを実感します( ̄▽ ̄)

本の横にいる一回100円の子については、また後日。

余談その1。
それにしても、今日もいい百合でしたね『フレッシュプリキュア』。
同じグループだけど、あんまり接点ない同士が、初めて二人きりに
なった気まずい感じがテーマのお話。てことで、プリキュア四人の
中でも微妙にキャラカブリもしてる美希とせっちゃんがギコチない
初デートするお話。なんだかんだでプリキュア全員たぶらかす、
おそべき淫獣せっちゃんなのでした。





余談その2。
テレ東でオンエアした『コールドケース』、背景やレンズの使い方が
キレイで、ちょっとしたディティール(たとえば深夜、まだバリバリ
仕事してる刑事たちをよそに、天井の蛍光灯がぽつぽつと消えていく
シーンとか)もイイ感じだなあと思ってたら、監督はアンジェイ・
ワイダ門下生で、『秘密の花園』や『太陽と月に背いて』などの
文芸派アニエスカ・ホランドでした。仕事一辺倒の女刑事リリーに
突然訪れたロマンスのシーンも、降りしきる粉雪が古典的だけど
いい演出でしたね。


【追記】
荒船山で発見されたご遺体が、臼井儀人先生のものと確認された
そうです。
突発的事故だったのか、計画的な自殺だったのか、
多分明らかになることはないでしょうが、ご冥福をお祈りいたします。

連載陣のいわば大黒柱を喪った双葉社と担当編集者さんのご心痛も
お察しします・・・。

Category : お仕事 | トラックバック(-) |  コメント:0
<<ドロ沼 3 | ホーム | アキバで連休セール>>

Comment List

Comment Form

 |