猪木『スタジオパーク』に登場

Posted at : 2010年 / 05月 / 24日


栗山千明にガチのヲタコレクションを語らせたり、アラーキーが
放送禁止用語スレスレトークをしたり、お昼の全国ネット生放送と
しては最もガチンコと言われるNHK『スタジオパークからこんにちは』
ですが、今日は我らがアントニオ猪木が登場。

最近の石井館長との対談では、進行役の吉田豪氏をして「会話に
ならない」と当惑させたアントンでありまして、わしもプヲタの
友人とメールチャットしつつ観戦しました。

アンドレ戦の映像を流しつつ、律儀にケーフェイを守った問いかけを
するアナたち。そして興味なさそうに答えるアントン。さすがに
NHKらしく、事前のアングルがしっかり組んであるようで、ブラジル
時代の話、力道山のこと、糖尿病のことなど、台本通りにサクサク
進行していきました。興味ない話題や面倒な話題は、全部笑って
ダジャレでごまかすか、まったく関係ない話を始めてしまう猪木
トークは完全封印。まさにNHK、寝転んだ姿勢から水面蹴りで
責め立てます。

途中、力道山について「まあ殺してやろうと思ったこともありました
けどねムフフ」とか、「北朝鮮興行をやった時には……」といった
発言は、サラリとスルーして話題を軌道修正した住吉美紀アナ、
若いのになかなかやります。

いちばん面白かったのは、猪木ウォッチャー、そして辻仁成
ウォッチャーがともに大注目している映画『ACACIA-アカシア−』
の映像!!

最近、ブログのセルフ写真が50過ぎのオヤジとは思えないほど
自己陶酔してて、そのキモさがクセになるとネット雀たちが
大注目の辻先生ですが、自身の小説を映画化、自らメガホンを
取った作品『ACACIA-アカシア−』に、なんと主演に猪木を起用!
これをワクテカせずにはおられようか(いやおれない)。

流れた映像はわずか数十秒でしたが、それだけで充分すぎるほど
伝わりました! 何がって? 辻演出のユルさと、アントンの
怖いほどの棒読みっぷりですよ! これはもう劇場に見に行くしか!
ひさしぶりの本格カルト映画登場の予感!



てなことを書いてたら、ラッシャー木村さんの訃報が……
誤嚥性肺炎とのこと。享年68。アントンと同世代なのに、木村さんは
ずっと老けて見えたなあ。いかにも昭和レスラー然としたおっかない
容貌の人でしたが、空いた時間は動物図鑑を見るのが何より好き
だったという、やさしいエピソードが印象深いです。合掌。

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0
<<ex:ride 006 ミニバイク | ホーム | 『ベントラー ベントラー』>>

Comment List

Comment Form

 |