完熟フイルム

Posted at : 2010年 / 10月 / 28日
フイルムネタ続けます。

胸ポケットサイズのコンパクトデジカメが出回るまで、肌身離さず
持ち歩いた銀塩高級コンパクトの名機・リコーGR1s。

もうかなり長いこと放置されてて、付属品のフードを入れるための
小さな合皮のポーチは、自然の劣化でグズグズになっちゃってました。

電池を抜いておいたせいか、幸い本体には全く不調はないので、
天候が回復したらまたコレで撮ろうかなーと電源入れたら、ややっ、
コレ、フイルム入ったままだ。

うーむ、この窓からかすかに見えるブルーのコンテナカラー。
コニカのJX400っぽい。っていつからここに入りっぱなしなの!?
ていうか使用期限切れて何年たってるの!?
しかもまだ25枚も残ってるし!

現像に出したらすげえ色が出そう。楽しみです( ̄▽ ̄)
ちなみに手元にはこのほかに、使用期限が6年過ぎたフジカラー
スペリアも三本あります。こーゆージャンクで遊ぶのも、また
銀塩ならではの遊びってことでひとつ。



Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
<<銀塩で超広角スナップ | ホーム | ねんどろいどセイバー[スーパームーバブルエディション]>>

Comment List

Comment Form

 |