『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』

Posted at : 2010年 / 10月 / 31日

ずっと見忘れてた!てことでスターチャンネルプラスで( ̄▽ ̄)

しょーじき、「どれも悪くないけどイマイチ」だった『X-MEN』
トリロジーですが、スピンオフのこれ、アクションの迫力だけなら
ピカイチですな。ひじょーにスケールがデカい。このギャヴィン・
フッド監督が全部撮ったらよかったのに。

特にオプティック・ブラストの描写がイイ!
旧トリロジーでもアニメ版でも、サイクのブラストはなぜか物理的
「圧力」として描かれることが多く、標的をぼいーんとふっとばす
ことはできるんですが、溶解切断する「熱線」として描かれることが
ほとんどありませんでした。ところが本作では学校の校舎を切断し、
原発の冷却塔をコマギレにする大破壊ぶり。ここ、お気に入り!

プロフェッサーXと出会う前のスリム・サマーズ少年に、キザな
ギャンブラー・ガンビット、そしてラストの強敵にはデッドプール
登場と、新旧キャラがほどよくちりばめられてるのもよかったなー。



ついでなので昨日見た『フォース・カインド』も。

今時マジっすか、というアブダクションもの。
75年のテレビ映画『UFOとの遭遇』(『未知との遭遇』ではない)
以来、手垢つきまくりのネタですが、「実際の記録映像」という
ふれこみのビデオ映像と再現ドラマを組み合わせたドキュドラマ
手法で、宇宙人やUFOを見せずに、あくまでも「恐怖」を主眼に
描いたコンセプトが新鮮でした。

まあ上映直後に「実際の映像」が全部捏造で、データも全部ウソ
というのがバレちゃってましたけど。そもそも本作のキーになって
いる逆行催眠では、実際はマトモなことは何一つわからないという
のはもはや常識なわけで、その時点でリアリティは破綻しちゃってます。

とはいえ当節UFO映画は貴重なので、とても楽しんで見ました。
ビデオに記録されてた「宇宙人のシュメール語」もなかなかキモチ
悪くてよかったです( ̄▽ ̄)




それにしても、今日もよかったなあハトプリは。


新アイテムを手に入れるにあたって、必ず試練を経るんですよね、
ハトプリは。新章突入にあたって、プリキュアたちに課せられた
試練は、なんと内なる影との戦い。まるでジェダイの修行ばりの
シリアスさです。小さいお友達にわかるんでしょうか。いえ、今
わからなくてもいいんです。こういう深みのあるストーリーは、
必ず心に残っていて、少し大きくなった時にはっと思い出したり、
映像を見返して再感動したりするんです。

サンシャイン、ムーンライトとてこ入れキャラ登場編が続き、限り
なく存在感が薄くなっていたメインヒロイン・ブロッサムですが、
この内なる戦いを描くに当たって、彼女にだけまるまる一話を当てる
シリーズ構成の辣腕ぶりはやはり尋常ではありません。

ここで一人だけ覚醒に手間取るあたり、「内気で引っ込み思案」と
いうつぼみのキャラ設定がきっちり効いているのがまた泣けます。
そしてこの覚醒を待たずして、劇場版クラスの強大な敵キャラが
襲来と。このスリル。さらにそれに向かって不敵な笑みをたたえ、
マリンとサンシャインを率いて挑んでいくムーンライト姉さんの
カッコよさですよ。燃えまくりですよわしゃ。

今後ひとつだけリクエストするとしたらですね、揃ってフォルテ
ウェーブをするんでしたら、ぜひぜひゆりさんと会長が絡む回を
ですね、よろしくお願いしたいですハイ( ̄▽ ̄)


Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0
<<『森山大道 路上スナップのススメ』 | ホーム | 完熟ネガを現像してみた>>

Comment List

Comment Form

 |