『マッスルガール!』

Posted at : 2011年 / 04月 / 20日

なにっ!今このタイミングで女子プロレスドラマだとう!?
しかもアイスリボンとJWP全面協力だとう!?
主演はその昔、伝説のカルトドラマ『渋谷系女子プロレス』にも
出演した市川由衣だとう!?

つーことで見てみました、TBS深夜のドラマ『マッスルガール!』
(製作はMBS)。



いやいやいや、想像以上にきっつい出来でした( ̄▽ ̄)

市川由衣が父親(越中詩郎:遺影のみのカメオ出演)から受け継いだ
弱小女子プロレス団体は経営困窮につき、ライバル団体から今にも
乗っ取られそう。頼りのレフェリーも逃亡してしまった。このあたりの
設定は、業界どこにでもありそうでなかなかいいです。

でも、ここからがムチャクチャ。
逃げたレフェリーと間違えて、由衣ちゃんがチョークスリーパー
かけてしまった男は、なんとお忍びで牛丼食っていた韓国の大
スター
(くっっっっ!)イ・ホンギ。

どういう理屈か全くわかりませんが、なぜかこのイさんが突然
レフェリーをやることに。もちろんレフェリーが何をする仕事かも
まるで知らないイさんは、リング上でおろおろするばかり。

ほんとの道場マッチでそんなもん見せられたら、濃いプヲタが
「ひっこめゴルァ!」「金返せ!」と大騒ぎですが、そこはドラマ
ですから観客大喜び。イさんは道場で可愛い女子プロレスラーに
囲まれて暮らすことに。まったくもってプロレスにおけるレフェリー
の重要性をナメきったシナリオです。

そこへやってくる悪辣なライバル団体の社長。道場を明け渡せ、と
迫る社長に土下座をする由衣ちゃん。そしてそんな由衣ちゃんを
かばって、社長に自分の母の形見である宝石の付いたアクセサリーを
差し出すイさん。くうー、かっこいー(棒)。よくわかりませんが
スターの座を捨てて、由衣ちゃんとプロレス団体を始めることにした
イさんなのでした。ちゃんちゃん。

女子プロレスドラマといっても、画面にいちばんデカデカ映っている
のが、日本語がほぼ全部片言の無名韓国人(ちなみに母親役は黒田
福美というそのスジにはたまらない配役)と、まあこのあたりで
かなりハードルの高いドラマになっております。

プヲタ的見所は、やはりレスラー役でメインキャストに入っている
アイスリボンの志田光たんや、これから登場する本職女子レスラーの
皆さんでしょう。ポスターには倉垣やコマンドボリショイも出てます
し、今後ちょっとでも試合のシーンが見られることを期待しましょう。
レスラーを演じる女優さんたちもなかなか可愛いですしね。

かわいいよ志田っくすかわいいよ( ̄▽ ̄)

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0
<<ざわ・・ざわ・・figmaカイジ案内開始 | ホーム | スペシャルウィーク>>

Comment List

Comment Form

 |