アオシマ『学校の階段』

Posted at : 2012年 / 10月 / 29日
気づいたら発売になってましたアオシマ文化教材社の1/12情景セット
「学校の階段」、買ってきました。

パッケージがやたらカワイイです。

中身のキット。

いわゆるバンダイ、ハセガワ、ブキヤのそれと違い、昔ながらの
接着剤を使うプラモです。パーツ数はいたって少なく難易度は
低いものの、プラモ全く未経験の人にはちょっと敷居が高いか?
昔のプラモって、ちっちゃいチューブの接着剤が同梱されてる
ものもありましたけど、こちらそーゆー付属品はありませんので
接着剤は別途ご用意下さいませ。

とりあえず組んでみました。

ペーパークラフト製の踊り場や滑り止めは省略( ̄▽ ̄)
想像してたよりデカいですよ。

とりあえず三つのブロックから構成されます。

お好みで適宜配置を変えて組み替えて下さいませ。
説明書によると、両面テープなどで固定してくれとのこと。

手すりは右に置いても左に置いても。


手すりバーもあるんですが、これは要接着なので、一度付けちゃうと
もう大きな手すりの位置が変えられなくなります。なんとかダボ穴で
処理できなかったですかねえ。


フィギュア固定用パーツが4個付属。4ミリ径の穴が開いてます。


figmaスタンドのアームをぶっ刺してみました。

これだけだと自立はちょっとムリです。説明書ではやはり両面
テープか接着を推奨しています。どうせなら階段にダボ穴いっぱい
開けちゃえばよかったのに。

つーことでfigma置いてみます。

せっかくなんで、階段の上に置ける背景の壁とか窓とかの
ペーパークラフトも欲しいですよね。サイトでデータ頒布とか
してくれないかなあ。

盗撮カメラマン!






企画としてはとても面白いです。価格・作りやすさも合格点。
パーツも堅牢で、しっかり瞬着で組めばちょっとやそっとでは
壊れないと思います。

あとはもうちょっと飾りやすさへの配慮が欲しいですよね。
両面テープで固定してくれってのも、あまりにも色気がない。
それこそブロックジョイントにして、階段と手すりがパチッと
スナップフィットできたり、前述したようにスタンドがどこ
でも挿せるようにダボ穴開けたりしてあったらプレイアビリティ
何倍にもなると思いますよ。

とまれ1/12情景シリーズにはまだまだ可能性があると思います
んで、後続アイテムにさらなるアイデアを期待します。次の
ブランコも楽しみです。




Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
<<魔法陣で遊んでみた | ホーム | ねんどろいど柑菜ほか予約開始>>

Comment List

Comment Form

 |