リボルテックタチコマ

Posted at : 2012年 / 12月 / 26日

はいっ、お馴染みの「池ポで安かった」パターンです。これは
マジで欲しかったので買えてよかったです、『攻殻機動隊S.A.C』の
人気キャラ、リボルテック「タチコマ」ブルーです。


マニピュレーターの開閉は差し替え式。


お尻。液体ワイヤーのノズルは360度回転しますが、ポッドの
ハッチ開閉はなしです。ちなみにポッドと本体の接合部はなぜか
リボジョイントではありません。




天然オイルのボトルは持たせにくいよー。


マニピュレーターがのび〜るパーツは一本だけ。


ケーブル型センサーは差込式。



榴弾砲はリボジョイントで上下左右に可動。原作ではここが
動いていた印象はあまりないんですが……。砲口カバーは
はめ込み式です。


お腹の下にダボ穴がありますので飛行ポーズでも飾れます。
ワイヤーのエフェクトパーツとかもあったらよかったのになあ。


ジャンプする姿は獲物を狩るハエトリグモそのものです。


ハイウェイを疾走するイメージ。


アイボールを動かすときは、ドームを外してハマっている玉を
一度指でぐっと押し出し、適当に角度を決めてまた押しこむ
という、けっこう面倒な方式。


「少佐ー、あやしいアームスーツ発見しました〜」


「やーっ!」


付属の強力マグネットパーツ。


金属製のカベに貼り付ければ、壁や天井に張り付いて隠密
偵察をするタチコマくんを再現できます。ただしマグネットは
つるつるしているので、金属面もつるつるだと、重みで滑って
お尻が下がってきてしまいます。


ホイールユニットに付け替えれば、プルバックカーとしても
遊べちゃいます。これがまた存外楽しいw しかし後輪は
ポッド下の半球形センサーを外す必要がありますが、これが
寒くなったせいかやたらと外れにくかったです。

つーことで、機能美に溢れかつ愛くるしい、萌える思考戦車が
手頃なお値段のオモチャになってくれて嬉しい限り。欲を言えば
絡められるスケールのキャラがあればなあ。リボルテックミニ
サイズのバトーさんとか、同スケールの海自アームスーツとか。





Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
<<毒イブ2012 | ホーム | figma archetype:she [flesh color ver.]>>

Comment List

Comment Form

 |