『空飛ぶ円盤の秘密』

Posted at : 2013年 / 02月 / 12日
「空飛ぶ円盤強化週間」を謳ったわりには結局2冊しかネタに
できなかったな。まあいいや。

T.B.パウリツキー『空飛ぶ円盤の秘密』(1985年 講談社文庫)です。

UFOマニア系のサイトでもほとんど取り上げられることのない本。
表紙の画像すらほとんど出てこない有様ですよ。アマゾンの
マケプレで1円だったので買ってみました。

パウリツキーなんてなんとなくロシアの科学者みたいな表記ですが
カナダの人。綴りはPawlickiですんで多分東欧系の人(チェコ
あたり?)ですね。欧文でぐぐっても本屋のサイトしかヒット
しないので、単なる無名のトンデモライターだったようです。
3冊ほど著書があり、そのうちひとつは「高次時空探訪法」的な
原題です。ああもう典型的なトンデモさん。

ちなみにこの本の原題は"How to build a flying saucer"。
直訳すると「空飛ぶ円盤の作り方」。1985年の時点でもう
「空飛ぶ円盤」なんて言葉はちょっとアナクロな響きを帯びて
ましたから、ずいぶんと古臭い邦題を付けたもんだと思っ
ちゃったんですが、わりと原題活かしのタイトルなんですな。

で、本文中でも一章を割いてまさに「空飛ぶ円盤の作り方」を
縷縷説明してはいるんですが、そもそもの基礎理論が「ぼくの
かんがえたあたらしい宇宙のほうそく」なので、常人には
まあ理解不能です。カナダの清家新一さんです。一見それらしい
科学タームを散りばめてシロウトを煙に巻こうとしている辺りも
よく似ています。

まあ結論からいうと今更読む価値もない、つまらんトンデモ本。
UFO・オカルトブームの末期に、ソレ系の本ならなんでも出版
されちゃってたある意味幸せな時代の徒花みたいな本なんですが、
あまりにもこの本についての記録がネット上にないので、
ボランティア気分で記しておきます。


第一章 巨石モニュメントの謎

当時まだのさばっていた宇宙考古学かと思いきや、ピラミッドや
ストーンヘンジを古代人がどうやって建てたか、1970年代末期
時点での考古学的考証できちんと説明している。ここだけ読むと
ある程度まともな科学読物かな?と思わせます。

第二章 ピラミッド通信網

しかし論調がここから急に怪しげになってきます。
世界各地のピラミッドは電磁的に共振していて、古代文明を
つなぐラジオだったのだ、あるいは宇宙とも通信してたかも!
とデタラメな妄想が炸裂。

第三章 遭遇接近する惑星

ベリコフスキー「衝突する宇宙」擁護論。反地球は実在する!
とかこの辺は飛鳥昭雄さんぽい。「白人火星起源説」がこの章の
白眉。「『アーリア人』は『エイリアン』の変形だ!」は爆笑。
トンデモ理論は国籍民族を超えるなあ。

第四章 空飛ぶ円盤のつくり方

出た、ディーンドライブ!wwwww

第五章 超時間旅行

この辺になってくると電波がフル出力になってきて解読困難。
翻訳の人よく気が狂わなかったなあw 聖書にある「契約の箱」
(アーク)は神との通信装置だ、とかもうアレ。ただこの章の
「ホログラム構造としての宇宙」という記述は、一瞬近年の
(マトモな方の)多元宇宙理論で注目されているホログラフィック
宇宙論のことかと驚くが、読んでみるともちろん全然関係ないw

Category :  | トラックバック(-) |  コメント:0
<<ワンフェス | ホーム | 雷ジャクソン面白かった>>

Comment List

Comment Form

 |