『ドキプリ』#10が完全に百合修羅場回だった件

Posted at : 2013年 / 04月 / 08日

いまいち影の薄い印象だったキュアダイアモンド六花回でしたが
歴代プリキュアにかつてないほど濃厚な百合修羅場エピソードでした。


冒頭、いきなり妖精ラケルから「マナの奥さんみたい」と言われ
ビックリする六花。しかもマナ本人もあっさりそれを認めちゃう
まさかの「あたしの嫁」公式認定キタコレ。




当惑しているようで実はまんざらでもない六花。


そこへキュアソードこと人気アイドルの真琴が転校してきます。

人間界の常識に乏しい真琴のお世話に忙殺されるマナと六花
ですが、マナはどんどん真琴とねんごろになっていきます。

修羅場1 「ガチャッ」

知らないうちにマナの家に真琴がお泊りすることになっていると
知り、ショックを受ける嫁・六花。ほとんどマナが真琴の嫁
状態になっているのを目の当たりにしてさらに胸を痛めます。

回想シーン。六花、まさに嫁wwwかいがいしいなあ。


そんな蜜月時代を思い出し、ベッドの中で悶々とする六花。

おい性的すぎないかココwww

修羅場2 

「夫婦みたいだね」と要らんトドメを刺すチューリップハットw

もはや捨てられた愛人状態の六花www

なんだかんだでジコチューが現れてバトルの末に和解しますが、
そこまでの六花の煩悶ぶりはほとんどコミック百合姫の世界。
脚本は実力派の高橋ナツコ氏。プリキュアはこういう生々しい
百合っぽさは逆にご法度みたいなところがあったんですが、
『スマプリ』から解禁になったんですかね( ̄▽ ̄)いいぞ
もっとやれwww



Category : 百合 | トラックバック(-) |  コメント:0
<<ヤマトはじまた | ホーム | 宮沢模型展示会>>

Comment List

Comment Form

 |