東京さんぽ

Posted at : 2013年 / 05月 / 06日

こどもの日。快晴! おさんぽ日和ってことで、Oちゃんと
カメラ持って東京さんぽ。


スタートは現在大改修中の東京駅八重洲口から。


永代通りを下っていきます。
ちょっと寄り道してコレド日本橋を左折。
日本の道路の起点お江戸日本橋。

橋を守るドラゴンはいつ見てもカッコイイ。

橋の下では遊覧船が出るところでした。今度乗ろう。

茅場町を抜けて永代橋のたもと。牛丼屋で腹ごしらえ。

東京駅から続く超高級オフィス街がこのあたりからふっつりと
切れ、マンションが立ち並ぶ「人の住む街」に変わってくる
風景が面白いのです。

永代橋を渡ります。


北側にはスカイツリーが。

……などと歩いていると、向こうから10人ほどのグループが。
中心にいるのはなんと、タレントの石倉三郎さんでした!
一体なんのグループだったのでしょうか。

渡り切ると、いきなり「下町」が姿を見せます。
なんというか味わい深すぎるラーメン屋さん。


町並みに誘われるように横道に。
「運河都市・江戸」の往時をしのばせる風景。

運河・屋形船・水門。「釣りバカ日誌」の世界です。


運河に架かる巽橋。

多分近隣の皆さんが勝手に植木とか飾っちゃってる感じ。
嫌いじゃないです( ̄▽ ̄)

練兵衛橋。向こう岸にある物流会社のためだけに架かる橋。

関係者以外立入禁止です。

この橋がかかる大横川という小川に沿って雰囲気よすぎる遊歩道。

新緑が初夏!って感じですね。

水面にゆらゆらしてるクラゲなど見ながら数分歩くと、
そこはもう門前仲町。


深川不動堂。

右手にある荼枳尼天のお堂ではお坊さんが読経をあげていましたが
お堂には鳥居がかかっています。明治以前の神仏習合の名残が
残っているんですね。

壁面がびっしり梵字になっているポップすぎる建物。


ウィッキーさんもやってくる!


隣には有名な富岡八幡宮。骨董市やってました。




裏通りにはこれまた雰囲気のいい飲み屋街。


清澄通りに入って越中島へ。東京海洋大学のキャンパスがあります。
構内には帆船明治丸が展示されてますが、休校中につき閉門。
人がこないのでにゃんこたちがのんびり寝てましたw






向こうに見えるのは佃島のバブルマンション郡。


相生橋を渡ります。


たもとにある中の島公園は小さいですが雰囲気最高。時間が
あったらここで運河を見ながら小一時間過ごせそうです。


渡るとそこは佃島。

再開発でタワーマンションが立ち並ぶウォーターフロント。

押井守監督の『劇場版機動警察パトレイバー』は、バブル期の
急激な再開発によって消えゆく古き良き東京の庶民の町並みへの
痛切な哀歌がテーマになっていましたが、あれから20年。
きらびやかなウォーターフロントから道路一本挟んだ路地には、
ちゃんと古き良き庶民の町並みが、21世紀の今もちゃんと
残っています。

バブル崩壊のおかげさまでしょうか、あるいは東京の庶民は
それほど脆弱ではなかったということでしょうか。

そんなことを考えながら歩いたせいか、頭の中ではあのカコイイ
『劇場版1』のエンドタイトル曲がループ再生されて参りましたw

夕方。月島。もんじゃ街。


おやつに可愛い女の子の店員さんに焼いてもらったもんじゃ
食べて元気回復。もうひと歩き。


勝鬨橋を渡って築地へ。


道路にいきなりマグロの頭が! さすが築地?


リニューアルなったグレート・カブキ座。


数々のB級映画、ホラー映画を上映してくれた、時の流れに
取り残されたような銀座の地下映画館(向かいにあった飲み屋
とか怪しい店の雰囲気が濃厚な昭和でした)シネパトスも閉館。


ご挨拶の口上が傾いちゃってるこの悲しみよ。


連休で大混雑する銀座を抜け、日比谷の夕日を見ながら帰路へ。

いやー我ながらよく歩いたな。4日は15キロほど自転車こいだし
健康的な連休ですよ。

カメラはすべてオリンパスE-PM1です。

Category : 写真 | トラックバック(-) |  コメント:0
<<PLUMステージセット予約開始 | ホーム | 『ドキプリ』#14>>

Comment List

Comment Form

 |