ラジオはいいね

Posted at : 2013年 / 06月 / 20日

今、部屋でメインに使っているラジオ・パナソニックR-P130です。



以前は三洋diply icr-rs110mのスピーカーで聴いてたんですが、
昨年めでたくお逝きになり、後継のオリンパスPJ-20は思ったより
スピーカー出力が小さくてイヤフォンなしだと役に立たないため
(素直にスピーカーデッキ付き買えばよかった…)、当面の代役
として昨年10月に買ったのでした。ヤマダ電機で980円くらい。

なんの変哲もない昔ながらのポータブルラジオ。バンドはAMのみと
実に割り切った作りですが、ウリの機能は「単三電池2本で150時間
稼働」という低燃費設計。ポスト3・11時代には頼もしい特色です。

実際これ、呆れるくらい電池消費が少なくてですね、買って以来
2回しか電池交換してません(ちなみに2回目はさっき)。
わし家にいる平日は間違いなく昼2時間半+夜2時間、週末も在宅
ならやはり4-5時間は電源入れてます。4ヶ月毎に電池交換してる
として、単純計算で400時間以上稼働ですが、実際は外出して
いて昼間使っていない日もかなりありますので、実働はその半分と
見積もっても、カタログ値の150時間は余裕で超えそうなタフ
ぶりです。まあ多分、朝から夜まで10時間連続稼働を毎日・・・
というような使い方だともうちょっと電池の減りも早いのだろう
と思いますが。

感度も良好。KRとQRはすこぶる良く、LFはガリガリというのは
我が家の環境では他のラジオと大差ありません。ほぼKRしか
聴きませんので、部屋のどこでもほとんどノイズなくここを
受信してくれる性能は気に入ってます。スピーカーのチューニング
もAMに特化してるせいか、パリッとした音質で人の声が聴き取り
やすいです。こういうコスパのいいラジオは大好きです。

ちなみに今手元にあるラジオたち。

左から
パナソニックR-P130
オリンパスPJ-20
ソニーSRF-M97V
100円ラジオ

ソニーSRF-M97Vは実売6千円以上もした高級品。テレビの地デジ化で
テレビ音声受信機能が形骸化したため、それを省いた後継機
ソニーSRF-M98に道を譲っていますが、「ラジオのソニー」が
その実力をライターサイズ筐体にぶち込んだ名機です。ジョグ
レバーを使ったデジタルな選局や感度の良さなど、高いだけの
ことはあるラジオ。

いちばん右は巣鴨の100均で買ったAM1バンドラジオ。
なにしろ105円ですからもう聴こえるだけありがたいという
シロモノですw 感度、音質も「まあ100円だし」で許せるレベル。
雑音とか混信とか逆に懐かしい感じ。



Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
<<埋め草 | ホーム | グッスマワンホビ18商品発表>>

Comment List

Comment Form

 |