WWEカート・アングルを解雇

Posted at : 2006年 / 08月 / 27日


WWEがカート・アングルの契約を解除したらしい。
リンク先によれば痛み止めの薬物使用が理由だそうだが、
公式サイトによれば疲れきったカートが自主的に退職したとある。

いずれにせよ。
選手が家族を犠牲にし、ペインキラー漬けにならざるを得ない
過酷なツアースケジュールを組んでいるのは他ならぬWWEである。

今もまだ毎週2番組を放送し、さらにECWまでレギュラー化させ、さらに
週に数回のハウスショー。そして海外ツアーにPPV。これではどんな超人
だって心身ともにボロボロになる。

90年代の全盛期ならまだしも、現在2番組を放送する意味はあるのか。
現にどちらの番組も明らかにタレント、スタッフ共に力量不足が浮き彫り
になっているし、新生ECWは最初から方向性をはき違え事実上の大失敗。
PPVも値段に見合ったクォリティの番組は年に数本もないが、番組数だけ
水増しされている。

つまらない番組をダラダラ垂れ流し、挙句にカートのような天才的かつ
献身的なスーパースターをズタボロにして切り捨てるくらいなら、いっそ
2チーム制を廃止し、昔のようにRAW一本に全精力を注いで欲しい。
ECWは下部組織として存続させ、OVWとは別枠の、より強烈な個性を持った
若手を自由に育てるファームにすればいい(かつてのECWは自然にそのように
機能していた)。

海外ツアーに行くならその前後は特別企画を入れるなりして収録を休んでも
いいと思うし、個人的には日本に来るのも2年に一度くらいでいいと思う
(正直、歯抜けだらけでヤル気のないスマックダウンのツアーなんか
平日に見に行く物好きはもう日本にもいない)。

もうWWEは終りだ。
今必要なのは、安寧に浸りきったビンスに再び悪魔のような闘志を
燃え上がらせる、強力なライバル団体ではなかろうか。

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0
<<『日本映画ポスター集 成人映画篇』 | ホーム | もう朝か…>>

Comment List

Comment Form

 |