光市母子殺害事件犯人に死刑判決

Posted at : 2008年 / 04月 / 22日
妥当な判決ですわなあ。

わしは死刑に関しては何がどうなろうと肯定論だ。
ハムラビ法典のように動態復讐法にしろというんじゃない。
が、どう考えてもマトモじゃない利己的で残虐な殺人者
(たとえば己の欲望や自己実現のためだけに子供や弱者を殺す
ような人間だ)というのはいつの時代も存在するし、そんな
人間に更正を求めるのは時間と税金のムダだと思っている。

悪事に手を染めた人間に使われる一秒一円、何の罪も犯して
いない人のために使った方が、ずっと世の中よくなると
思わないかい? 連中はシャバで人よりいい思いをしたんだ。
ブタ箱では吊るされる日まで虫でも食わせておけばいい。

一方でわしは弁護士の仕事というものは大変に尊敬している。
法と知と論とを武器に権力と戦う、文明の粋たる立派な仕事だ。

が、この件の弁護団の目的は、「死刑廃止」という自分たちの
イデオロギーの喧伝のためでしかない。事件の真相がどうで
あったかは彼らにとって重要ではない。被告を死刑にしない
ためには、どのように奇怪な理論を持ち出し、解釈を捻じ曲げ
てもそれを恥じない。

この世代の左の人々特有の、まずドグマありきで、事実は
形を変えてその後からついてくるという歪な思考が、彼らの
戦術からは見え隠れする。

もし自分たちの思想を世情に訴えたいなら、彼らの目論みは
完全に失敗している。今現在日本人の大多数は、凶悪な人間は
罪を得て死ぬべきだと考えている。それを覆すのに、注目度の
高い、かつ被害者への同情論が強い事件でトンデモ法廷戦術を
ふりかざせば、多くの人たちは彼らを「単なる死刑廃止論狂信者」
としか思わない。

ドグマを奉じ広めようとするのは思想の自由だが、その手法には
良識が要りますよね。やっぱし。

あと凶悪事件に必ず引っ張り出される心理学者の意見というのも
どうかと思うよね。心理学っていうとすごく権威のある学問
みたいだけど、あんなもの医学でも自然科学でもないからね。
なにひとつ公式化されていないし、学問の礎になる統一理論も
存在しない。観察者の解釈次第の、占いオカルトと大差ない
もんだからねえ。開祖のフロイトにしてからが、自分のホモ
性欲を理論ぽく昇華させただけのトンデモだし。凶悪犯なんか
どう解釈したって考え方が普通の人と違うのはあたりまえで、
だから罪を減じるって法の適用してたら、じゃあ凶悪なこと
すればしただけ勝ちになっちゃうっつの。狂ってようが馬鹿
だろうが、欲望のままに人を殺したら一律重罪でしょ。
気違いなんか治療して完治するもんじゃないんだし。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
<<RAW#774 | ホーム | 公取委、JASRACにガサ入れ!>>

Comment List

Comment Form

 |