梅は咲いたか

Posted at : 2007年 / 02月 / 21日
氷雨の降った昨日から一転、春の陽気。
梅の花が早くも七分咲き。
この季節だけは望遠マクロが欲しくなるっすな。


(EOS KDN + EF200mmF2.8L)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

RADIOACTIVIST

Posted at : 2007年 / 02月 / 21日


OM-1姫が入院している間の無聊を慰めるため、日がな一日
ZUIKO 55mmF1.2を眺めてたりしているうちに、面白い話題を
ネットで見た。

どーやらこのレンズ、放射能レンズと言われるものの一つらしい。

戦後から70年代くらいまで、光の透過率を良くするために
トリウムガラスという硝材が盛んに使われていて、この
トリウムというのが放射性物質なんだとか。その特徴は、
経年によるガラスの黄変なのだそうだ。

この独特のハチミツ色は、いわゆる「焼け」ではなく、
トリウムの中性子がガラスを変色させたものであるのだとか。

もっともこのレンズが確かに放射線を出しているとキチンと
検証した人はいないようなので、あくまでも「その可能性が
ある」というネタではあるんだけど、時代を感じる話で面白いね。
もし仮にそうだったとしても、特に人体に影響はないだろうし。

いろんなサイトを見ていたら、わざわざ放射線測定器で
レンズを計測した人
もいて、そちらによると特に線量が
多いと言われる初期の旭光学スーパータクマー50mmF1.4は、
確かにちょっとヤバイらしい。と言っても、一年中昼も夜も
体にぴったりくっつけてれば、という極端な前提でだけれどもね。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

今月買わなかったカメラ雑誌

Posted at : 2007年 / 02月 / 20日
『アサカメ』『日カメ』はやっぱりベッサワイド特集が目玉。
『アサカメ』は大々的に打った「最後の銀塩カメラ大研究」が
思ったほどのパンチがなくて残念。トビラのデザインがヘンに
ポップでらしくなかったぞ( ´∀`)

『キャパ』はレンズ大賞発表と、レギュラーカメラマンによる
ベストデジイチ投票。今年のレンズ大賞はわしも愛用してる
シグマ17-70mmF2.8-4.5。近接能力とシャープネスが高く評価
されている様子。値段も安いしすげーよな、今のシグマは。
高価なEF-S17-55mmF2.8なんか『アサカメ』の標準ズーム特集で
ボロクソ書かれてたよ…orz

『月カメ』は表紙の雰囲気がちょっち変わった。佐藤寛子会長を
正面からまっすぐ撮ったポートレートがイイ感じだ。特集は今イチ。

『デジカメマガジン』は日本発売未定のコンパクトデジイチ
オリンパスE-400をミニ特集。けっこう高いのね、これ。

『デジタルフォト』は人気カメラマンが3万円持って中古カメラ屋で
いい買い物してくる企画が面白かった。レギュラーでやって欲しいね。



(EOS KDN + EF28mmF1.8)

関係ないけど、最近ビックカメラ館カメラ売り場の若い店員さんは
店内でも私物カメラを下げている人がいますな。お客への説明用
なんだろうけど、メガネの若い女性店員さんはカメラ女子フェチの
わしにはなかなか萌えであります。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

『ブーンドッグス』@アニマックス

Posted at : 2007年 / 02月 / 20日


アーロン・マグルーダーの人気新聞マンガ『ブーンドッグス』
アニメ化! しかもマグルーダー本人も携わってるとあっちゃ
期待も高い。

なにしろ全米が思考停止して愛国一色だった9・11直後に
ただ一人公然とブッシュ政権を批判し続けた猛毒風刺マンガ
だけに、どの程度原作のテイストを持ち込めるかがキモ。

やや演出にテンポとメリハリが欠けるためギャグにパンチが
効いてないきらいはあるものの、まずまずテイストは保ってたかな。

つーか原作と表現方法が全然違うんだよね。原作の方は典型的な
コミックストリップ。コマ数は違うがまあ雰囲気的には日本の
新聞の四コママンガに近いリズムのものなんだけど、アニメ化に
当たってプロットも新たに書き下ろし、きちっと30分のストーリー
に仕上げてある。個人的にはアニメ版の『スヌーピー』みたいに
原作の平面的な構成とリズムを忠実に再現した作りでもよかった
と思うんだが、マグルーダー日本のマンガとかアニメ好きだからな…

毒のある社会風刺アニメということでは『サウスパーク』や
『シンプソンズ』に連なる系列なんだけど、トータルなクォリティは
やや劣るかな・・・今回の大オチのキレた黒人門番のクダリは
吹替えの声優さん(残念ながらお名前がわからない)の素晴らしい
演技で笑えちゃったところがあるしなあ。まあ当分見るけど。
原作好きなので。


って関係ないけど、『くりナン』大木VS前田、公録観覧一般募集かよ!
やべーマジで応募しようかなあ!



Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

『ゴング』廃刊!?

Posted at : 2007年 / 02月 / 19日
ZAKZAKによると『週ゴン』ヤバイらしいっす。

新社長がかなりアレな人で、なんかもう詐欺再生容疑で
逮捕状とか出ちゃってるらしいっす。『ファイト』も
潰れたし、『紙プロ』はもうずっとDSEの機関誌だし、
日本のプロレスメディアも終りかなあ。

いや、迎えた新社長が痛いど素人で、老舗の会社を散々
しっちゃかめっちゃかにされた挙句倒産寸前って、
こんな有名な会社じゃないけど、わしもつい最近身近で
全く同じ例を目撃してるんで、ライターへの原稿料遅配
とかもうね、全然他人事じゃないっすよ('A`)

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0

100円フィルムなくなる?

Posted at : 2007年 / 02月 / 18日
他所様のブログなど拝見していると、「ダイソーから100円
フィルムが消えた」という書き込みがチラホラ。

マジか( ̄□ ̄;)

午後から雨が上がったのでぶらっと散歩がてら見に行ってみたら
うわっ、ホントにない。棚のスペースがまるまるなくなってる。
うーむ、先週見た時にはふつーにいっぱいあったのになあ。
もともと在庫限りというウワサもあるけど、もう入荷しないと
なると残念だにい。


(OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 50mmF1.8 
        F4・1/500 KODAK GOLD200)

そうそう、100円フィルムと並んで貧乏銀塩派に話題のローソン
プリントだけど、やっぱダメだなありゃあ。どのフィルム出しても
プリントの色が悪すぎる。常にグリーンに寄ってるんだよなあ。
まあ素直にフィルムスキャナ買って自分で画像生成しろって
話なんですけどね。今度機会があったらショップ99の激安
プリントも試してみよう。

Category : 写真 | トラックバック(-) |  コメント:0
・・・というメッセージがある日突然出るようになって、新しい
DVD-RAMを全く受け付けなくなってしまった我が家のRD-XS40。
お陰で使えないRAMが30枚ばかり箱の中で眠っているですよ。

最初はハードの寿命かと思ったのだけど、古いRAMは依然として
読み書き可能だし、-Rも普通に書き込み可能。これは機械の不調
では説明がつかない。原因はメディアにあるとしか思えない。

そーいえば、書き込みできる-Rはわし、データ用を使っていた
ことに気がついた。別に意識していたわけではなく、アキバで
安い国産のを選んだら自然にこれだっただけだのだけど。
で、使えないRAMのラベルを見たら、全てビデオ用(これも単に
安いからというだけで選んでいた)。最近のビデオ用ディスクは
全部「デジタル放送対応」とか書いてあり、例のクソなCPRM対応
仕様が、わしの古いドライブには適合しないようだ。

つーことで、ためしにデータ用RAMを一枚買ってきてテスト。
最初にフォーマットをかける必要はあるものの、問題なく認識した。
読み書きも問題なし。

【07年7月追記】
とうとうRAMドライブが限界に来たらしく、データ用RAMも
古いディスクも受け付けなくなった。

詳しくは以下のエントリにて


なるほろ。当面まだ、大枚はたいてハードを買い換える必要は
なくなったようで、まずは良かった良かった(まあどのみち
地上波デジタル放送が始まるまでの寿命だけど)。しかし
大量に余ったビデオ用RAM、どうすんべかな('A`)

※画像と記事は関係ありませんです・・・


(EOS20D + EF50mmF1.4)


本日の蛇足〜
[『レンズまたはディスクが汚れているので書き込みできません』]の続きを読む

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

佐藤寛子会長@只野仁

Posted at : 2007年 / 02月 / 17日


『特命係長 只野仁』今回のゲストは現役グラビアアイドルの
佐藤寛子しゃーん。レイープシーンキタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!

フンフンシーンもキタ━━━(;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)━━━━!!!


「グラビア界の生徒会長」をキャッチフレーズに処女ギミックを
貫いてきた佐藤さんですが、突然の「脱皮」にビックリです。
前期シリーズですほうれいこちんがフンフンした時以上の衝撃でしたな。

ビックリついでに、会長はこーして見るとグラビアアイドルには
珍しい正統派の和風美人で、演技もけっこう上手だったなあ
(芝居がハマりやすい顔立ち、と言いますか)。系統的には
木村多江さん系列。なんかここから、なにげに土曜ワイドとか
時代劇の常連になっていきそうな雰囲気もありますな。

椎名法子しゃんは毎回ブラパンがんがん見せてくれるし、いやー
いい番組だ。つーか、スカートからぱんつが見えちゃうとなんか
ちょっとした事件みたいな感じがするのに、堂々と下着姿だと
意外とエロくないのはなんででしょうか。知りませんか。すみません。


つーか来週のゲストは東てる美かよ!!
フンフンすんのかな! まあどーでもいいですが。
そーいえば来週はテレ東で『でんきくらげ』放送だし、
昭和ピンク好きにはたまりませんな。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

千明様電車道@スタジオパーク

Posted at : 2007年 / 02月 / 16日


昼過ぎに友人からメールが。「家にいるならNHKを見ろ!」

テレビをつけると、『スタジオパークからこんにちは』生放送に
栗山千明様ご出演中。おお、トーク番組にはあまりお出にならない
千明様なのでこれは貴重な。

司会の有働由美子アナを相手に、最初は美しいおぐしのお手入れ
方法など美人女優らしい話題を無難にこなされていた千明様だった
が、やがてNHKスタッフの仕掛けが炸裂。

「何に恋してる?」というお題から話題は理想の男性像に。
「現実にはいないような人がいいですね。色白で私より細くて
何かを悟っているような…マンガのキャラクターみたいな(苦笑)」

よせばいいのに「具体的には?」と食い下がる有働アナ。
恥ずかしそうに「『エヴァンゲリオン』というアニメの渚カヲルくん…」
と天下の公共放送でぶちまける千明様。キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!

さらにお題は「私のお宝」。
用意されたモノはもちろん…


                 …キタコレ

「これが先ほどお話の渚カヲルくんですか?」などとトンチンカンな
事を言いながら、やおらフィギュアの箱を開けようとする有働アナ。
「あ、ダメですダメです!!」と慌ててその手を掴んで制止される千明様。
「こういう物は開けちゃダメなんです!」と仰る千明様に、「はあ…」
とでっかい?マークを頭上に浮かべる有働アナ。


ちなみにこのフィギュアはゲーセンで30回以上挑戦してゲットされた
ものだとかで、獲れた瞬間「ゲームセンターで叫んでしまって恥ずか
しかったですね」と言いつつなぜかちょっと誇らしげな千明様なのだった。
専門店で買う、などという姑息な手段を用いないところはさすが千明様、
武人の鑑であられる。

他にも「アニメのDVDをボックスで買うのが好きです」「休みの日は
家でアニメかゲームですね」「『エヴァンゲリオン』のDVDは一人で
部屋を暗くして見ますよ」とお昼の生放送とは思えないヲタトークを
炸裂させまくり、有働アナを置いてけぼりにする千明様。素晴らしい。
スタッフはしてやったりだろうな。

最後は「お酒は芋(焼酎)が好きですね。カラスミとかエイヒレとか
炙って…」と漢くさい味覚も疲労してフロアの爆笑もかっさらったし、
いやー100点です千明様!


Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

EOSデジタル + Aiニッコール50mmF1.2s

Posted at : 2007年 / 02月 / 15日


ちょいと前に買ったニコンF-EOSマウントアダプター、
手持ちのMFニッコールの中で一番デジタルに使って
みたかったのは50mmF1.2sだったのだけど、こいつは
絞り情報用のノブの飛び出しが大きくて、数少ない
アダプターメーカー使用非推奨のレンズだったりする。

さすがにミラーボックスにキズを付けてまで撮ってみよう
とは思わなかったのだが、⇒このサイトさんを見たら
意外と取り付けオッケーみたいなことが書いてある!

えっ、そうなの?

つーことで、こわごわキスデジNに付けてみた。

あ、ホントだ。
特に干渉ないなあ。使えるなあ。
ミラーボックスの小さいAPS-Cデジタルならではだろう。

よっしゃ、純正50mmF1.2Lが買えないウラミをこいつで
晴らすとすっかあ。OM-1も入院しちゃってるしねん。

…ってアンタ開放だとピンが浅すぎてキスデジの
ファインダーじゃ全然ヤマが見えないよ。ううむ、
難物じゃのう。ちょっと開放で夜景にも挑戦してみたけど、
まあジャスピンのこねえこと。解像感の低さや色の滲みは
古いレンズだからこの際云々しないけど。


(EOS KDN + Ai Nikkor 50mmF1.2s  絞り開放)

全くの余談だけど、金属係数の高いMFニッコールは、冬の
夜には手に冷たいじょー。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
«Previous | Next Page»