ケンコー一眼レフキタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!

Posted at : 2007年 / 03月 / 24日
仕事で4日間も開催しているPIEに全く行けないので
鬱々とネットでレポートを読んでたら、ケンコーが
自社ブランドでフルマニュアルの銀塩一眼レフを
出すという話。しかも2モデル! しかも上位機は
1/4000秒シャッター搭載とな!?( ̄□ ̄;)!!

▼画像はコチラ

ま、グリップ辺りのデザイン見ると、また中身はコシナ
製なんだろうけど、ちょうどベッサフレックスが製造
中止になったところなので、そのニッチを狙おうという
商品かな。ただ1/4000秒はベッサフレックスやFM10より
上等で、その分だけ商品価値は高い。珍品好きのマニアや
機械式が絶対的に必要な天文写真派は飛びつきそう。
【追記】
中身は中国の鳳凰とのこと。なーんだ。鳳凰だったらどこでも
買えるじゃん。わざわざケンコーがダサいブランド名付け替える
手間賃かけなくたって。つーかPhoenixをKenkoに付け替える意味
ってなに?

マウントを見るとニコンっぽいけど、M42やKマウントを
出したりしないんだろうか。ワクワク。
ニコンAiマウントのみで他マウントは出さないもようですね。

ピョコっと細長く飛び出したレリーズボタンにはレトロ
感覚が溢れていてちょっと萌え。でも、やっぱりKenko
ブランドはカンベンして欲しいのココロ。カメラの銘板に
飾るには軽すぎる。せめてトキナーブランドにしないかい?

※画像と記事は全く無関係のココロだあーっ



(EOS KDN + SIGMA 17-70mmF2.8-4.5 DC)

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

PIE2007開幕

Posted at : 2007年 / 03月 / 23日
年に一度のカメヲタの祭典フォトイメージングエキスポが開幕。

ふだんヒマなのに、こんな時だけ原稿〆切がカブリまくってる。
うう…行きたいよーう。ビキニのコンパニオンさん…じゃない
最新のカメラを見たいよーう!

一番見たいのはペンタックス645デジタルの実機なんだけど、
やっぱりモックアップ通りのエルゴノミックデザインにしたのね。
21世紀の今、まだエルゴノミックなのかね。もともとその路線で
続いてるならそれでもいいけど、新規の分野を立ち上げるんなら、
やっぱりネオ・クラシカルだろ。


※悔しいので去年の画像でお茶を濁す吉宗であった…

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

『やるMan』公開放送行ってきた

Posted at : 2007年 / 03月 / 22日


行ってきました『やるman』最後の公開生放送。

12:00ちょうど頃文化放送に到着すると、入場待ちの列が。
思いの他女性が多くびっくり。二割くらい女性だったかな。
まあほとんどオバハンだったけど、わしの前にいた女性はすらっと
背の高い若い美人だった。コートの背中にいっぱいペットの毛が
付いてたけど。

12:30頃入場完了。
さて本番開始まで間があるなあ、と思っていたら、胸元の開いたド派手な
フラメンコ衣装で小俣登場。今日披露するダンスについてくどくどと
言い訳したあと、自分と沼尾の昔のビデオ上映。ジジイとマンションを
ゴロゴロ転がしていた頃の小俣はけっこうイイ女だ。あれなら
ジジイも転がせたろうなあ。

ビデオが終わるとほとんど間を置かず照美が入場して、すぐ本番。
どうやら小俣がビデオの時間読みを間違えたらしいw
小俣、昨日の夜から喉の調子が悪く、どんどん声がかすれていく。

ゲストは加山雄三。70歳とは思えない容貌。話しぶりも全く淀み
なく、薄気味悪くなるほど若々しい。

それにしても照美は、CMや曲の間は目を伏せて、あまり喋らない。
小俣はわけもなく客席に微笑みかけたりしてお愛想に余念がない。
好対照な二人である。

HARAHARA最先端情報のコーナーには水谷加奈アナ登場。
ものすごく趣味の悪い服装に軽く引く。あれ普段着なんだろうか。

お助けマンのコーナーでは沼尾ひろ子が「(陰毛は)ない。
剃っている」
と衝撃カムアウト。その後スタジオにやってきた
沼尾を照美が追及するが、テキトーに笑っていなすのであった。
最後の最後なので、沼尾には公開ボール挟みでもやって欲しかった
ところだが、思ったほど出番がなくちょっと残念だったなあ。

オハガキ定食のコーナーでは、かつてなべやかんのチンポを冷静に
握った
という伝説の技術さん・山田嬢が客前に登場。見るからに
女王様キャラっぽい、物事に動じなさそうな長身美女で、ああ
この人ならやりそうだと思い、ちょっと萌え(*´д`*)

それにしても小俣のフラメンコはキツかったなあ…マジなんだもん。

帰り道、小腹がすいたので、お土産袋に入っていたヤマザキランチ
パック(きなこもち味)をおやつに食べながら内幸町まで歩きますた。
おいしうございました。でも、きなこもちをパンに挟むというのは
アバンギャルドにもほどがあると思いました。

帰宅したら、番組のタイマー録音失敗してました…orz

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

オリンパスOM-1インプレまとめ

Posted at : 2007年 / 03月 / 21日
0M-1が我が家にやってきてはや3ケ月。
ここまで使ってきてのハンドインプレッションをまとめてみた。

■外観
ちっちゃい。けどシャープ。軽い。けど心地よいズッシリ感。
ぴょこんとトンガったペンタ部、軍艦部のエレガントなクロームの
仕上げ。実に女性的で愛くるしい。かつて尾辻克彦はニコンFを
「銀色の美少女」と表現したが、真に「美少女」に擬えられるのは
このカメラだろう、と思う。現代カメラに必須のホットシューを
「美しくないから」という理由で着脱式にしてしまう反近代的唯美
主義に惚れずしてなんとしよう。

■シャッター
柔らかで官能的な音。特に古い55mmF1.2を付けた時の音は
乙女の囁きの如し。レンズによって絞り制御レバーの作動音が
違うので、レリーズを切った時の音がかなり変わるのは面白い。

■巻上げ
オリジナルは滑らかで好評だが、この機体は何度か分解修理を
経ているので、本来の感触かどうかはわからない。フィルムが
後に行くほどやや重くなり、ときたま「ガリッ」とヘンな感触が
ある。レバーは直線的な旧型で、指への当たり具合はあんまり
よくない。

■絞りとシャッター
絞りダイアルとシャッターダイアルがレンズと同軸にあるという
OM特有のレイアウト。なにしろファインダーに露出情報が全く
ないので、指先の感覚だけでキメなくてはいけない。こいつが
なかなか熟練を要するのだ。小さなレンズだと絞りリングも
掴みにくく、よく手探りしてしまう。またシャッターは左に回すと
速く(暗く)なり、絞りは左に回すと値が小さく(明るく)なる、
という構成も混乱しやすい。また理由は不明だが、絞り環は
絞り込む方向には軽く、開ける方向には少し重くなっている。

■ファインダー
本機体には1-3スクリーンが入っているが、やはり現代のスクリーンと
較べると暗く、マットの像にも鮮明さがない。特に55mmF1.2を付けると
マット面のハイライトが滲んで非常に見づらいのである(この件に
ついては発売当時のアサカメ「ニューフェース診断室」でも言及
されていた)。OMのスクリーンは新型にしろ旧型にしろ中古屋でも
もうほとんど手に入らないため、スプリットのスクリーンが最初から
入っていたのは不幸中の幸いだったかも(ちなみに標準装備の
スクリーンはマイクロプリズム)。

■総括
気品溢れる美少女は、付き合ってみるとなかなかのじゃじゃ馬。
でも、そんなコに振り回されながらも、いい写真が撮れるとカイカン。


(EOS KDN + ZUIKO 55mmF1.2)
佐原由佳さん。高校生ですって(*´д`*)

…ってOM-1で撮った画像じゃないのかよ!
ズイコー55mmは撮れば撮るほどハマる玉。開放付近のふわっと
ハイライトが滲むナチュラルソフトフォーカスは、ひょっとすると
狙って作ってあるのではないかなあ。女性撮影専用玉として。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

懐かしいメロディ

Posted at : 2007年 / 03月 / 21日


最近トシのせいか、突然古いCMソングがアタマに流れたりする。
そういう曲に限って、すごく好きで印象に残ってるのに、曲名も
アーティスト名もわかんなかったりする。

そーいえば、大昔タイヤのCFで使われてた曲が大好きだったっけ。
なんだっけなーアレ。露出を切り詰めたサーキットの映像がすごく
カッコよかったんだよ。うーんうーん。そうそう、確か映像は
同じまま、少ししたら曲だけ稲垣潤一のに差し替えられて、しかも
そっちは大ヒットしちゃって、ますますわしの好きな曲の存在感が
薄くなっちゃったんだよ。確か「Wow wowふたりは〜♪」なんて
サビだった気がする…軽快だけどどこかニヒルな雰囲気でさ…

なんてオボロゲな記憶を頼りに検索を繰り返していると、インター
ネットてのは有難いもんで、見つかるもんですな!

安部恭弘のファーストアルバム『hold me tight』('83)に収録された
『CAFE FLAMINGO』という曲でした。横浜ゴムのCMソング。この
アルバムはなんと2004年に再販されましたが、現在は絶版。でも
iTMSでもちゃんと販売されてました。ビバ!ブロードバンド時代。

大人になった今聴いてみると、懐かしさフルパワーの反面、
「あーこんなに薄いサウンドだったっけ」とちょっと気恥ずかしい
ところもありますな。軽薄なギターやキーボードの弾みっぷりが
80年代丸出しで( ̄▽ ̄)いやこの時代のポップスの音の厚みって
だいたいこんなもんだったっすけどね〜。でもこのサビメロは
ハマれるな〜やっぱし。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

きこうでんみさAVデビュー決定!!

Posted at : 2007年 / 03月 / 20日


先日のヘアヌード公開が一部濃い人たちにちょっとだけ話題だった
きこうでん"HQN"みさ嬢、かねてからのウワサ通りAVデビューが
正式決定した模様。メーカーはクリスタル映像、監督は島村雪彦。

興奮すると飛び出すカワイイ乳首に、チョットした刺激で潮を吹く
超高感度BODY。グチョ濡れになりながら、アニメ声でキュンキュン
喘ぎ、イキ果ててしまう元祖コスプレアイドルの初AVを見逃すな!!


だそうです。
ちょっと重いけどコチラにパケ&カラミ画像あり。

うーむ、デジカメWATCHでEOS 20Dの実写モデルやってたのも
もう3年前かあ・・・時の流れは早いのお。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

今月買わなかったカメラ雑誌

Posted at : 2007年 / 03月 / 20日
各誌、キヤノン、ニコン、オリンパの新作一眼がメイン記事。
宮崎あおいのオリンパス広告テラモエス(*´д`*)


それにしても、各誌ついこの間のPMA速報記事を載せてたなあ。
デジタル時代だねえ。特に『デジカメマガジン』のボリュームが
凄かった。デジタル専門誌の面目躍如たるものがあったですな。

『アサカメ』特集は「ニコンの強さ」。ふーん。ニコ爺向けですな、
相変わらず。いっつもニコンかライカかって感じだよね。

『日カメ』はフォトコンがおもろい。横木安良夫さんが選者のところ
入選作の被写体ロリばっかやん! 昔サンダー平山が選者やってた
時もそんな傾向があったけど…

『CAPA』はサブ特集がパッとせず印象薄い。

『月カメ』は今、敢えてフィルム大特集! その意気やよし。
『日カメ』みたいな退行的懐古主義ではなく積極的表現ツール
としてのフィルムの今。ある意味、旬を捉えたいい企画だと思う。

『デジCAPA』は表紙がセーラーヴィーナスこと小松彩夏たん(*´д`*)
巻頭は増田賢一さんがフジのコンデジで彩夏たんを撮影してて、
これがイイ。一眼並みとは言わないまでも、画質の良さにビックリ。

『写真工業』はM42レンズ特集。エンジニア専門誌というより
クラカメ雑誌になってきてますな。こーゆー企画は印刷のいい
カラーで見たいけど。



ところでさ、話全然違うんだけど、今(午後8時台)、テレビ
ザッピングしたら、やってるのがバレエ、フィギュアスケート、
シンクロナイズドスイミング。で、全部の番組にジャニタレが
出てるw アメリカ人あたりが見たら、日本のテレビはゲイしか
見ないのか?って思いそうだなあ。オウ、ホットガイ!

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

大木ちゃん異物挿入

Posted at : 2007年 / 03月 / 20日


『くりナン』、番組改変期でしかも来週は拡張SPってことで、今週は
かなり手抜きな反省会企画。そうかあ、ディファにあんなたくさん
客入れして大イベントにした予算はこうして捻出したのか。

当然たいした見どころはないだろうと思っていたら、しっかりと
大木ちゃんに公開鼻こより責めというマニアックな映像を放送して
しまうあたりに番組の絶好調ぶりを再確認。

あの土田が「いいんですか。女子アナですよ!」と思わずフォローを
入れてしまうほどのギリギリ企画だけど、しっかりやっちゃう大木ちゃん
と、やらせちゃうテレ朝アナウンス部GJ。公共の電波に、鼻に異物を
挿入されて「くうっ、くうっ〜!」とヘンな声を出す姿を乗せられて
しまう大木ちゃんに女子アナの鑑を見た!

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

春だねえ

Posted at : 2007年 / 03月 / 19日


ブログで予告!「原爆ドーム」に侵入!34歳女を逮捕

広島市の原爆ドームで、立ち入りが禁止されている建物の中に侵入した女が逮捕されました。 逮捕されたのは、埼玉県鴻巣市在住で、篠原聡子と名乗る34歳の女です。篠原容疑者は17日午後9時45分ごろ、広島市中区の原爆ドームで、立ち入り禁止のさくを乗り越え、建物の中にいるところを広島市公園条例違反の疑いで現行犯逮捕されました。「インターネットのブログに、『17日か18日の夜、中に入って、原爆ドームを浄化する』との書き込みがある」と市民から連絡があり、警察と広島市が警戒していました。警察では、動機などを調べています。

…とまあ一見なんてことのないイタいおばさんのニュースですが、
この篠原聡子という人、2ちゃんねるジャニーズ関係板では
ちょっとした有名人だったそうで。 ⇒まとめサイトはコチラ

もともと重度のジャニヲタ+「私は天使ジブリールの生れ変り」
というキツい電波妄想のコンボおばさんだったが、ある時何をどう
間違ったか「タッキーは悪魔」という妄想に取り憑かれる。

「この世の悪いことはすべてタッキーのせいで、私はそれと
戦っている天使」というかなりアレな腐女子系妄想に固執する
ようになった篠原容疑者、昨年からブログで自らの実名を明かして
自説を開陳する一方、2ちゃんねるのジャニスレにところ構わず
乱入し、「タッキー悪魔説」を一方的に書き込み続けていたそうな。

今年に入ると篠原容疑者はいっそうアグレッシブさを増し、
日本各地のタキ翼コンサート会場に現れ、タッキーになぜか
「リンゴの皮むき競争をやれ!」などと意味不明のことを叫びながら
ステージに上がろうとして警備員に阻止される奇行を繰り返す。
ついにはコンサート会場に「篠原聡子立ち入り禁止」と実名
顔写真入りのチラシを公式に掲示されるに至る。

ウォッチスレにも乱入し、「今包丁もって外に飛び出して一人本気で
刺してやろうかと思ってしばらく外うろついたのに」
などと物騒な
ことを書き散らしていたので、そうとーヤバいレベルにイッちゃっ
てると思われますが、きちんとした施設で治療されるといいですな。
タッキーなり誰かを刺しちゃう前に。なにしろキチガイに刺されると
被害者は刺され損の泣き寝入りになっちゃいますから。

そういえば数日前には、ナゾの親子3人組がワケわからん事を
言いながら皇居に侵入しようとしたり
、春めいたニュースが
目に付く季節になってまいりました。ランラララン。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:1

喜多八師匠NHKに

Posted at : 2007年 / 03月 / 18日
最近フェバリットな落語家・柳家喜多八師がNHK『笑いがいちばん』に出演。
演目は追剥を主人公にした軽い滑稽噺『鈴ケ森』。枕からお馴染みの
ネガティブキャラ全開で良かった。

日曜昼の30分番組なんだけど、トップがチュートリアル、中入りが
ナポレオンズ、トリが喜多八師の古典落語と、内容濃いよなあ。


※画像と記事は関係ねえんです


(PowerShot A620)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
«Previous | Next Page»