『スーパーナチュラル』@日テレ

Posted at : 2007年 / 04月 / 25日


日テレの新外国ドラマ『スーパーナチュラル』

プロの妖魔ハンターであるイケメン兄弟が、さまざまな
怪奇事件を追う、というホラーアクション。

地上波洋ドラ冬の時代にあって、深夜とはいえ積極的に
海外のヒットドラマを流してくれる姿勢は大変ありがたい
んだけど、なんか久しぶりに吹替がヒドイ!

主人公兄弟の弟が成宮アッー!寛貴、弟が次長課長井上という
ワケワカなキャスト。そんなしょーもないテコ入れせんと
いかんドラマか? 二人とも腹から声が出てないヘロヘロ
芝居なので本当に見ていてイライラする。ヘンなところで
腐女子に媚び売らんで、きちんとした声優さんがアテてれば
大半の人が満足するのにさ。

ドラマ本編は特撮・オバケの見せ方はまずまず。
ストーリーはクライマックスまでにもうちょっと緊迫感が
欲しいところだけど、あるいはそれは主人公のヘゲ声のせいか?

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

キンコーズに行ってみよう

Posted at : 2007年 / 04月 / 24日
ブローニーのポジ、ネガをどうにかキチンとデジタル化したい
なあとずっと考えているのだけど、対応するスキャナは高いし、
縦置きもできないから置き場所にも困る。

毎月コンスタントに何百カットも撮るっつーなら(10年前は
そんな仕事もありました…)無理して買っても元取れるけど、
今はそんなこともないしなー。

業者に頼むっちゅー手もあるけど、これも枚数によっちゃ
バカにならんコストがかかる。さてどうしたもんかな。

と色々調べてたら、キンコーズが意外に使えるっぽい。

10分200円でエプソンの最高級フラットベッドスキャナ付き
PCが使い放題なんですと。もちろんポジの取り込み作業も可。
1時間1200円かあ。なんかよさげ。近いうちに行ってみよう。

ただそこに置いてあるエプソンのスキャナ、スリーブなら
問題ないんだけど、マウントしてあるポジはピンボケになりがち
というユーザーレビューが多いのが残念。古いポジはほとんど
マウントしちゃってるんだよなぁ…

※画像と記事は関係ないりんこ


(EOS 20D + EF50mmF1.4)

Category : 写真 | トラックバック(-) |  コメント:0

愛染恭子、中3のめいに4時間暴行で逮捕

Posted at : 2007年 / 04月 / 24日


その昔、「本番女優」として一躍エロ業界に旋風を巻き起こし
お父さん世代にはトレイシー・ローズとガチンコ対決した
裏ビデオでも有名な愛染恭子さんが逮捕されたそうです。

なんでも14歳の姪御さんが、自分の知人の男性と付き合っていた
ことに腹を立て、姪御さんの父親である兄と、70歳の自分の母親と
三人がかりで四時間に渡り殴る蹴るの暴行を加えたんだとか。

大の大人が中学生に暴行っていうのもアレですが、お婆ちゃんまで
加わって、というところに、なにやらこの家庭の底知れない闇を
感じます。

愛染恭子って、ついこの間「虎ノ門」に出て楽しそうに喋ってた
けど、いろいろあるんだろうなあ、やっぱし。

少し前には、80年代にロマンポルノで人気だった亜湖さんが、
かなりメンタルヘルスをお病みになっているというニュースが
あったしなあ。まあ、いろいろあるわな。ぐんにょり。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

『ライフwithマイキー』にキング

Posted at : 2007年 / 04月 / 23日


スターチャンネルでマイケル・J・フォックスの昔の映画
『ライフ with マイキー』を見てたら、子役エージェント役の
MJが子供達をプロレス観戦に連れて行くシーンが。

リングの上から、主人公のアンジーの誕生日を祝ってやる粋な
マスクマンが出てるくんだけど、このカン高い声、聞き覚えが
あるぞ。WWEの名解説者であり今年プロレスの殿堂入りした
「南部の帝王」ジェリー・"ザ・キング"ローラーだ!

調べたら間違いなかった。ちなみに相手のレスラーはジェフ・
ジャレット
だった。この映画、シンディ・ローパーが出てるから
もしかしてそのつながりかな?

つーかこの件を検索してたら、アメリカには「映画に出た
プロレスラー」
なんてリストを作ってる人がいた。
インターネットは面白いなあ。

そーいえばストーンコールドの『バトルロワイヤル』風
新作映画はどうなんだろ。予告編を見る限り、けっこう
面白そうだけど。

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0

早朝リナリナ祭じゃーっ

Posted at : 2007年 / 04月 / 23日


ますます暴走の度合いを強める『おはスタ』スタッフ、気温の
上昇と共にリナ・美神のコスチュームもますます露出度アップ。
ヘソ出しがデフォルトになったうえ、スカート下のショーパンも
スポーツタイプからフリフリの多いアンスコにチェンジして…
なんか、なんか…朝からエロすぎだよリナリナ!

しかも、これでもかというほど全力ターンしてアンスコモロ見せ。
ってか、台詞のない時でも自分でスカートの裾つまんでヒラヒラ
させてんだもんなあ。どんだけお父さんのハート掴みたいんだよ。

もお朝からエロスふりまいて行こう!というスタッフと本人の
迷走する意欲が最高な月曜『おはスタ』なのであります。
もう段取りがたどたどしいことなんか全然許せちゃう(*´д`*)


Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

拾ったポジ

Posted at : 2007年 / 04月 / 22日
『日曜日の秘密基地』聴いてたら、伊集院がフリマで買った
50年前のポジフィルムのネタやってた。

国産初のポジフィルムが市販されるようになったのは
まさに1950年代のことなので、今と較べても相当高価な
感材だったろうなあ。田園調布のお金持ちはやはり違う。

伊集院はスライドを見るために2万円くらいのプロジェクター
をわざわざ買ったっつーし、桐畑は全部それを紙焼きしたっ
つーし、ビンボー性のわしはいちいち「ひえーっ!」。

まあプロジェクター楽しいけどね。
ウチの親父も70年代にキヤノンFTbにレンズ一式揃えて、
ポジで旅行写真なんか撮ってて、ちっちゃいプロジェクター
まで持ってたっけ。金属筐体の中でハロゲンガンガン
使うから30分も使うとヤケドするくらい熱くなったんだ。
壁におっきく映すのはポジならではの楽しみ方だよね。

しかしそーゆー鑑賞法をする人、今どのくらいいるのかな。
デジタル全盛のこのご時世、ポジで撮る人なんてプロか
ハイアマだけだし、そーゆー人もライトビュアーとルーペで
チェックして、スキャンしてモニタで見てるんだろうしなあ。
キャビン工業はいまだにお手頃なプロジェクター作ってくれ
てるみたいだけど、年間何台売れるのかしらん。

そのうち「スライドショー」って本来の言葉の意味も忘れられて、
デジタル用語だと思う人が大多数になって行くんだろうなあ…

※画像と記事は関係ないでげす。


(EOS 20D + EF-S17-55mmF2.8 IS)

Category : 写真 | トラックバック(-) |  コメント:0

『レッスルマニア23』レビュー

Posted at : 2007年 / 04月 / 21日


23回目の祭典は「モーターシティ」デトロイトで開催。
観客数は公式発表8万人という超ド級ビッグ・イベント。

■オープニングはアレサ・フランクリンによる『アメリカ・ザ・
ビューティフル』斉唱。もともと巨体だったけど、もう人間
離れしてきたな、太りっぷりが。

エッジ vs ランディ vs CMパンク vs ブッカー vs 
マット vs ジェフ vs Mrケネディ vs フィンリー

マネー・イン・ザ・バンク戦。
常にため息ものの完成度を誇る特番のラダーマッチだけど、今回は
人数多すぎだろ。ブッカーなんかタイプ的に全く向いてないし。
ジェフが例によって凄いムーヴを見せるが、バンプしたエッジの
ケガがガチじゃないといいんだが。ケネディがブリーフケースを
手にし、本年度の主役級に名乗り。

グレートカリ vs ケイン
短っ! まあカリに長い試合をさせられないのは仕方ない。

クリス・べノワ vs MVP 
US王座戦。MVPはやればちゃんとした試合できるのに、なんで
スマダではジョバーマッチばかりなのか。客のヒートを煽るのに
成功してるとも思えないけど。ベノワが平然と防衛するが、
どうせならもっとポリスマン的凄みを見せてもよかったのでは?

バティスタ vs アンダーテイカー
世界ヘビー級王座戦。バティ相手の長い試合でもダレないのは
やはりテイカーのうまさ(相手によってはグダグダになるけど)。
入場もカッコよかった。どうせなら衣装も祭典バージョンが
見たかったけど、この数年テイカーはその辺こだわってないね。
テイカー十年ぶりの戴冠で、どう変わるスマダ!

ニューブリーズ vs ECWオリジナルズ
オープニングのハシゴ戦の後だと今いち見どころに欠けるECW戦。
ストライカーのセルの上手さが光った。

ウマガ vs ラシュリー
特別レフェリー:ストーンコールド。
ビンス対トランプの髪切りを賭けた一戦。Mr.ボーリングこと
ラシュリーも、このアングルとウマガの超人的バンプがあれば
ブーイングもなし。シェインの乱入タイミングもいつもながら
抜群。ビンス、憐れ公開丸坊主に。最後はなんとストンコ、
トランプにもスタナー!

メリーナ vs アシュリー
女子王座戦。全ディーバ参戦によるランバージャックならぬ
ランバージル・マッチ。短い試合でメリーナ防衛。

シナ vs HBK
WWEヘビー級王座戦。やはり都市部では圧倒的不人気のシナ。
一方HBKはベテランとは思えない華やかな攻めで声援独り占め。
最初の一撃でもう事実上勝負あったって感じなんだけど、WWE
首脳部は意固地になってシナのチャンピオンロードを続ける
のであった。あと何回、この青年が祝福されない勝ち名乗りを
冴えない顔で受ける姿を見なくてはならないのだろうか。
つーかなんでレッスルマニアでこんな後味の悪いメインイベント
見せられなきゃいけないんだ。どうしてこんな強引なプッシュを
しないで、自然に客が声援を送りたくなるスターに育つまで
じっくり待てないのだ。

[『レッスルマニア23』レビュー]の続きを読む

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0

宮崎あおい、E-410のTVCM開始

Posted at : 2007年 / 04月 / 21日


宮崎あおいをフィーチャーしたオリンパスE-410のTVCMが
始まったっすな。旅するカメラ少女という実に萌える
ヴィジュアルが展開しておるっす。

ぁぉぃ名物のお手製編み紐ストラップ、もともとはニコンFM3Aに
付いてたものが、しっかりとオリンパスE-410に…ううっ、
ぁぉぃの浮気者っ!

CM動画置いてあるかなーと思ってオリンパス公式行ってみたら、
なんと「あおいのフォトブログ」が始まってましたよ。
ぁぉぃたんのお作がこれから定期更新されていく模様。
思わずブックマーク。ハァハァ。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

いいねえ『よろずや平四郎活人剣』

Posted at : 2007年 / 04月 / 20日


二進も三進も行かなかった『逃亡者おりん』の後なのであまり
期待しないで見た『よろずや平四郎活人剣』、素晴らしかったね。
監督が『剣客商売』のベテラン井上昭じゃ、そりゃ手堅いわ。
計算されつくしたカメラのフレーミングとか、晩飯食うのも
忘れて「ほおーっ」と見入っちゃったよ。

のどかで活き活きした庶民生活の描写、一方で展開する陰謀劇、
カラーの異なる二つのストーリーが平行して実にいいテンポで
進んでいく。脚本も巧みで二時間まったくダレない。

暢気で屈託のない美剣士を演じる中村俊介がまた良い。
事務所の力のせいか、ルックスの割りに仕事に恵まれないきらいが
あるが、深夜のバカドラマで鍛えたコメディセンスがここで光る。
内藤剛志、増岡徹、山田純大(この人たちもみんなイイねえ)と
いったクセモノたちを脇に従えて見劣りしてないだけでも凄いと思う。

まあ正直、殺陣はまだまだのところもあるけど、新桃太郎侍に
較べれば全然合格点だし、若いから伸びしろもある。若手スター
不足の時代劇界にあって、こういう若くて甘い華のある役者を
育てようという感覚も好きだ。フジやテレ朝ならこの主役は
多分通らなかったろうし、テレ東製作ならではの英断だと思う。

ただ謎のテレ東女優・北川弘美だけはいただけなかったけどね。
深夜のエロドラマ『嬢王』の頃からテレ東イチオシなんだけど、
それほど美人ってわけでもないし演技がめちゃうまってわけ
でもないしお乳がデカいってわけでもないし、まあ誰かエライ
さんの愛人なんだべな。ここにもう一人マトモな女優さんが
入れば、またドラマの格がひとつぐっと上がるんだけどね。

あ、あと本田博太郎がいつものエグ味満点に演じる
ニューロティックな悪役もよかったねえ。江戸城の廊下で
内藤と丁々発止するところなんか、ムダのないカメラワークも
あって見どころだった。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

今月買わなかったカメラ雑誌

Posted at : 2007年 / 04月 / 20日
カメラ雑誌、各誌ともなんかいつにも増してパンチのない
特集でしたなあ。『デジカメマガジン』のメイン特集タイトル
「胸キュン!ニコン★」のハジケっぷりにちょっと笑った。
ものっすごタイアップ臭がするけど。「女子カメラ」新刊も
相変わらずわしのアンテナには全く引っ掛からず。

そんな中、「おっ」と思ったのは『中判銀塩写真バイブル』
(日本カメラ社)。銀塩ムックの新刊なんて貴重だわ。
巻頭でアラーキーが、今なんとマミヤ7?で作品作りをしている
とコメントしているところにシビレる。やっぱアラーキーは
ロクナナだよなー。

ただし他の作例はあんまり面白いものはない。シロートが
中判っちゅーとどうしても絵葉書風ネイチャーフォトなんだよな。
蜷川実花のしょこたんポートレートとかも載ってるけど、この人
あんまし好きじゃねえんだよな。フォン・アンワースの和風
アレンジでしょ? 

ブローニーカメラの歴史とか読み物もけっこう面白そうなんだ
けど、1700円(税別)はちょっと高い気も。この値段でこの
判型なら、もうちょっと「あーっ中判いいなあ!」って写真
見せてよ。

しかしビックの新しいカメラ館、天井とか建材むき出しで殺風景
このうえなかったな。ビルが古いせいか照明も暗くて、なんか
どんよりするわ。


(NEW MAMIYA6 + G50mmF4  ILFORD XP2)

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
«Previous | Next Page»