『21世紀を夢見た日々・日本のSF50年』

Posted at : 2007年 / 10月 / 21日


教育テレビETV特集は日本SFの黎明期を支えた第一世代作家たちを
振り返る。ホスト役は小山薫堂と栗山千明様。キタ━(゚∀゚)━!!!!

まあ内容的には本筋を外さずけっこうだったんじゃないでしょうか。
しかし小松左京先生はだいぶ老け込んでらっしゃいましたなー。
石川喬司先生なんか口の端から泡出っ放しだしなあ。あと
平井和正先生はテレビアニメ草創期にSFとマンガの橋渡し役
としてフィーチャーされたが、コメント無かったのが残念。
テレビでライブ電波飛ばして欲しかったなあ・・・

あ、日本SF界の歴史をたどるなら、第一世代が自らの墓標を
打ち立てることになった怪作映画『さよならジュピター』
ぜひ取り上げて欲しかったところでした。原作者である小松
左京先生が自らプロジェクトリーダーとなり、日本SF界の
頭脳を結集して「日本発の本格SF映画を!」という旗印のもと
スタートした作品でありましたが、フタを開けてみたらなんとも
ピントのズレたエコロジーメッセージ(宇宙開発時代に沖縄で
ヒッピーがイルカの歌を歌って反宇宙開発を訴える)やら
緊迫感のまったく無い展開やらで、結局印象に残ったのは
ショボい特撮で三浦友和が無名ガイジン女優と無重力ファック
するシーンとユーミンの主題歌だけだったというアレです。

当時、実はSF界の作家や読者たちは蔓延する「エセSF」に対して
「あれは間違っている。科学的に正しくない」とやたらと
噛み付きまくっておりまして(80年代になってもまだまだ皆さん
軒昂でいらした)、ガンダムなんかにもけっこう悪口言ってた
もんでした。「なら、オレたちが作って見せてやるよ!」と
ついに御大たちが立ち上がった! で、出来上がったのが上記の
ようなクズだったもんで、日本SF界第一世代の権威は大失墜。

いや、アタクシもガキでしたが、製作中に小松先生がやっていた
メイキングトークライブなんか見物して、そらもう鼻息荒く
「今どんなに凄い映画を作っておるか」とご本人がおっしゃってる
のを聞いて、期待に玉袋パンパンにしてた一人でしたから、
もうね。まあブレーンストーミングの席で、高千穂遥先生が
ひとりでアツくプロレストークを始めてしまい話にならなかった
なんてエピソードもあったようですが・・・

思えば「SFブンガク」と「アニメ・マンガ・トクサツ」の溝が
なくなって、SF総ラノベ化が始まったのは、あの「ジュピター
事件」がきっかけだったような気がしてなりませんが、それは
番組とは全く関係ないハナシ。

個人的には栗山千明様のアキバ探検のところだけ見られれば
よかったんですが。ハイ。



ちなみに今日のアキバ。


なんかでっかいシネカメラ抱えたチームが・・・


(EOS KDN + EF35mmF2)

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

讀賣m9(^Д^)プギャー

Posted at : 2007年 / 10月 / 21日


皮肉!アドバンテージ「不用」巨人が敗退(スポニチ)

 セ・リーグは今季からのプレーオフ制度導入にあたり、パ・
リーグが昨年まで採用していたリーグ覇者に日本シリーズ出場権を
得やすくさせるための第2ステージ「1勝」アドバンテージを取り
入れなかった。パ・リーグはアドバンテージの継続を主張したが、
セ・リーグでは意見が分かれた。巨人などが興行面などを重視し、
アドバンテージは不要と主張。中日などは最後まで必要と訴えた。
話し合いの末セ・リーグとしてアドバンテージが不要との結論に
至り、最終的にパ・リーグも同意した。       (後略)
---------------------------------------------------------------

97 名無しさん@恐縮です New! 2007/10/21(日) 12:24:52 ID:pqIikaXhO
2005年秋:読売リーグ五位!てゆーか交流戦除くと最下位m9(^Д^)プギャーーー!!!
    →「セもプレーオフ導入!だけどパのやり方は不公平だからセ独自のシステムで」
2006年春:読売開幕ぶっちぎりスタート!二桁ゲーム差で優勝も有り得る?
    →「パがセにあわせないのでプレーオフ導入しません」
      (おいおい、セ独自のシステムじゃなかったのか???)
2006年夏:読売故障者続出でジリジリ順位を下げて、ついに最下位転落!
    →清武改革委員会長「プロ野球を盛り上げる為、メジャーのようにポストシーズン制導入を検討しよう」
      (おいおい、ようはプレーオフじゃねーかw)
2006年夏:読売再浮上できず、二年連続Bクラス…
    →NPB「来年からCSやります」
      (;´Д`)
2007年夏:読売一位になるもCSで惨敗m9(^Д^≡^Д^)m9プギャプギャーーー!!!
    →清武英利球団代表「いずれにせよ、これからです」←今ココ!!



まさに讀賣・・・
           ,, -──- 、._ 
        .-"´         \. 
        :/   _ノ    ヽ、_ ヽ.:
        :/  o゚((●))  ((●))゚oヽ:
      :|       (__人__)    |: 
      :l        )  (      l:
      :` 、       `ー'     /:  
       :, -‐ (_).        /
       :l_j_j_j と)丶─‐┬.''´
          :ヽ   :i |:
             :/  :⊂ノ|:
さぁて、来年はどんなジャイアンルールをもってくるのかな?

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

『もうひとつの象の背中』

Posted at : 2007年 / 10月 / 21日


ふと深夜のテレビ番組表を見ていたら、『もうひとつの象の背中』
というドラマ枠のサブタイに、ただ二文字。

レズ

見ちゃった。ええ、全力で釣られましたよ('A`)

なんだよ、よく調べたら、秋元康が仕掛けてるゲロッパな
難病おセンチ映画のタイアップ企画かよ! オエッ。最近多い
けどさ、こーいう安直な難病もの。映画とかケータイ小説(笑)
とかでさ。昭和か。花は遅かったか。

ええと、このドラマは悪性ガンにかかったマジメっ子が、
同じグループだけどあんまり親しくないギャルっぽい子に
自分の病気を告白し、友情を深めるというオハナシ。
なんとなく、マジメっ子がギャル子に百合っぽい思いを
持ってるかなーというのを暗示させるショットもあるけど、
結局そのへんはあいまいなまま。

ていうかね、命に関わる病気を、こういうお気楽なドラマの
小道具にするって了見が気に食わないのよ基本的に。リアルに
病気に苦しんでる人だっているんだしさ。秋元みたいな奴が
ゼニ儲けのためにバカ女を泣かせる道具立てにしてるのも
腹立つし、それ見て泣いてるバカにも腹が立つ。

導入部のちょっとコミカルな感じとか、ダイアローグの小気味
いいカット割りなど深夜ドラマの演出としてはセンスを感じた
だけに、根っこに流れる腐れた志向と、百合イズムゼロの
内容にダブルがっかりだったわけですよ。

Category : 百合 | トラックバック(-) |  コメント:0

元EE JUMPユウキ、銅線ドロで逮捕

Posted at : 2007年 / 10月 / 20日


後藤真希さんの弟 工事用ケーブル窃盗容疑で逮捕
2007年10月20日11時24分

 建築工事現場から金属ケーブルを盗んだとして、警視庁は20日までに、02年に解散した人気歌手ユニット「EE JUMP」元メンバーの後藤祐樹容疑者(21)=東京都江戸川区東瑞江2丁目=と同区の少年2人を窃盗などの疑いで逮捕した。同庁は、後藤容疑者が窃盗グループの中心で、実行メンバーを入れ替えながら工事現場を狙った盗みを重ねたとみて、余罪や盗品の売却先、ほかのメンバーの割り出しを進める。
---------------------------------------------------------------

当時人気絶頂だった後藤真希の実弟としてデビューも微妙→
仕事バックレ→謹慎中に未成年でキャバクラ→事務所解雇→
素人としてバイク雑誌などに登場・・・

しばらく見ないなあと思ってたら、首に紋紋入れて完全に
ヤクザになっちまってましたな。しかも銅線ドロとかもうね。
日本にこんな戦後貧窮期みたいな犯罪が多発してるのは
まもなく五輪を控えた某国が裏ルートで掻き集めてるせいだ
そうですが、元芸能人が手を染める犯罪としては(いや犯罪は
どれもダメだけどさ)、あまりにビンボくさい。かつ馬鹿っぽい。

姉ちゃんも最近のニュースは急病で休演→また整形か!
みたいなのばっかりだしなあ。顔も乳もイジリすぎて
サイボーグになっちゃってるし。姉弟揃って迷走一直線ですな。



Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

Live Search人気急上昇

Posted at : 2007年 / 10月 / 19日


現在2ちゃんで絶賛祭中の「初音ミク画像検索問題」

ま、あたくしゃミクちゃんには全く興味なっしんでして、グーグル
八部の問題も今に始まったこっちゃなし、基本的にどーでもいい
んですが(だいたい本当に「陰謀」だったら、テキスト検索からも
弾かれちゃうでしょ。「初音ミク 検索 問題」でぐぐったら、
リンクのニューストップに出てきたぞ)、その余波で、ヲタの間で
評価急上昇なのがmsnが提供しているLive Searchの画像検索。

おー、確かにgoogle, Yahooでは一切ヒットしない初音ミクや
亀田の反則画像もザクザク出てくる。上記のメジャー検索
エンジンは、特定企業からの要望で画像表示や検索順位をいじる
ことは有名。中国では政府の意向を受けて「天安門」などを
検索不能に設定したりして、先進各国から大批判を浴びたりした
よね。日本でも、大手事務所のタレントの画像などは見つかり
にくいことで有名だ。

わしも画像検索はよく使うので、Live Searchの検索能力
(というかシガラミのなさっぷりw)にはちょっとビックリ。
さっそくFirefoxの検索バーにプラグイン入れますたよ。

余談だけど、このプラグイン導入のとき、うっかり個人が
作ったヘンな自作モノを入れてしまい、ちょいと不具合が出て
困ったりした。ちゃんと公式にあるのに、何やってんだと('A`)
まあ、アドオンや設定で挙動不審になったら、まずとりあえず
セーフモードで起動しろというワザが使えるのも火狐たんの
ヨイところだけどね。


Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

『幻の湖』

Posted at : 2007年 / 10月 / 19日
鮫氏から拝借したDVD『幻の湖』、ずっと前から凄い凄いとは
聞いてたけど、いやー面白かったわ。

監督・脚本は黒澤映画ほか多くの名画台本を執筆してきた名手
橋本忍、しかも東宝創立50周年記念超大作の肩書がありながら、
そのあまりのワケのわからなさから、上映わずか一週間で
打ち切り、以後二十年間ビデオ化も再映もテレビ放映も
されなかったという、まさに邦画界の黒歴史だった作品。

その爆笑ストーリーや評論については、ネットにも多くの
すぐれたテキストがあるのでそちらを参照していただくとして、
わしがシビレてしまったのは、展開のイカレっぷりに油を注ぐ、
ムダに(まさにムダに)おカネのかかった映像美だ。

いかにも東宝らしい格調高い風景ショット、さらに芥川也寸志
の手になる荘重なサウンドトラック。これぞ邦画の王道という
重厚な映像が描き出すのが、「マラソン」「トルコ嬢」「宇宙
飛行士」の三題噺を全くまとまりなくダラダラ三時間弱の
ごった煮にしたトンチキ話なのである。

これはもしや、橋本が「日本映画」そのものをパロディにした
ある種のジョーク映画なのではないかと思えば、かなり気の
効いた作品とも思えてくるが、もちろんそんなことは一切ない。
橋本忍、大マジである。

ヒロインのトルコ嬢・お市さんは、どこからどう見てもペット
を惨殺されたショックでパラノイアさんになってしまった
要入院女性なのだが、橋本は彼女を「孤独と狂気に冒された
哀れな女」ではなく、完全感情移入である。がんばれお市さん
なのである。逃げる男・追う女。なぜ彼らはマラソンで勝負
するのか。なぜ車に乗って逃げるとか、警察を呼ぶとかしない
のか。橋本は一切説明してくれない。だってそれは当然のこと
だから。橋本の脳内だけで。

隆大介が最後に宇宙空間で放つ台詞の意味不明さと尻すぼみ
加減に、ある種の脳汁が出すぎちゃったトンデモ本と全く
同じニオイを感じたのはわしだけではなかろうなあ。

いやもうほんと、クライマックスの琵琶湖マラソンシーンだけ
でお釣りがくるくらい笑える映画でした。

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

らじましょ終わり?

Posted at : 2007年 / 10月 / 19日
『ラジオdeアイマSHOW!』次週で最終回か…

いやまあわしゃ割と最近聴き始めたんだけど、ぼーっとしてると
会話の内容が半分も頭に入ってこない女三人の超高速トークの
ドライブ感が逆に面白くて、ゲームファンならずとも楽しめる
ラジオショーとして評価していたのだけど。つーかお世辞にも
売れっ子とはいえないこの三人、再びラジオ番組を持てる
ことはあるのだろうか。確かに最近はトップページから外される
ことも多かったしなあ('A`)

まてよ、前にもエセ最終回をでっち上げて、リスナーから
お怒りや(・∀・)ニヤニヤのメールがいっぱい来てたけど、また
それか? それにしても今は、公式の重さが尋常じゃないな…

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

亀田大、王者内藤宅へアポなし訪問

Posted at : 2007年 / 10月 / 18日


謝罪記者会見で「終始仏頂面」「ノーネクタイ」「俺はやってない」
「大股開き」「記者にメンチ切り」「当人無言のまま逃亡」と
相変わらずのヤクザメンタリティ全開の亀田家ですが、翌朝早く、
大毅が内藤の自宅を訪問、謝罪したそうです。

リンクの記事によると内藤、「突然、自宅まで来られてびっくりした」
そうで、アポなし訪問だったようですね。ソースが協栄の金平会長
の記事によると「一人」での訪問だったようですが、こちらの記事
(ソースは亀田道場のチームマネジャー)によると、「関係者数人」
という記述もあり、これだともお完っ全にヤクザの嫌がらせでしょ。
「オノレのヤサはわかってんねんど」でしょこれ。

朝9時前に、事前の電話もなしに、明らかにそのスジの男たちが
大勢で突然自宅に来たら、そりゃ世界王者も「びっくり」しますよ。

普通お詫びってのは、ちゃんとジムを通して電話して、
「お詫びしたいので何時でもいいのでお時間いただけませんか」
と平身低頭、向こうの都合のいい時間にジムにうかがって
(宮田ジムにだって多大な迷惑かけてんだから)、本人と
ジムの皆さん全員に頭下げる、てのが常識でしょ。

なんじゃその「オレの都合優先」ぶり。どこまで行っても
キチガイだなこの一家は。ひつこく絡まれる内藤にはお気の毒
と言うほかありません。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

『ギリギリ科学少女ふぉるしぃ』

Posted at : 2007年 / 10月 / 17日


『トンデモ本の世界』読んでたら、なんか思い出して結局
買ってきちゃった。最近アニメ『ぽてまよ』の主題歌も
手がけたアキバポップの雄MOSAIC.WAVが全世界のトンデモ
さんにささげる疑似科学賛歌(もちろん裏の意味で)
『ギリギリ科学少女ふぉるしぃ』。一年近く前に発売された
シングルだけど、やっぱイイね。

トンデモさんはたいていオッサンオバハンだけど、こうやって
萌えキャラにしちゃうと新しいアングルが見えるとゆーか、
面白いからタイアップして、「と学会」メンバーの作家さんたちで
ラノベ一本書いちゃったらいいのに。んでアニメ化して萌えで
啓蒙運動ですよ。マジメな科学教養番組も最近流行ってるし。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

『トンデモ本の世界U&V』

Posted at : 2007年 / 10月 / 16日
元祖『トンデモ本の世界』三年ぶりの新作…つっても、その間も
休みなく関連書籍は出続けてるけども。

そのせいかどうか知らんけど、なんか全体に不作。ていうか
トンデモ本の傾向が変わっているんだろうか。『U』に
収録された大賞受賞作『量子ファイナンス工学入門』がその
典型なんだけど、全体に書き手が変に小利口になってきてる
っつーか、ちっちゃくまとまりがちというか、と学会的にも
新たな切り口が見つからないのか、という気も。初期の
「宇宙生物ドルバッキー」みたいな、「ああ、バカが狂った!」
と腹抱えて笑えるインパクトの強い本って少なくなったなあと。

いやまて、もしかして、この三年、トンデモ本大賞にライブで
参加しているせいで勝手にネタバレ状態になってるのが悪いのか?
それともわしもだんだんトンデモにスレてきちまったのか?

とりあえずトンデモファンならどっちも当然買ってるだろうけど、
もし手始めにどちらか一冊…と迷っている人なら『U』の方が
面白いネタが多いと思う。『V』は平均的にややネタの爆発力
弱めな気がする。

『U』では特に世界的数学者・加藤和也先生がフェルマーの定理を
解くにあたって、なぜかゼータ関数を脳内萌えキャラ変換して
しまい、住居まで訪ねていった
という『解決フェルマーの最終定理』
が特にお気に入り。この先生は世界数学会議で基調講演をつとめる
ほどのガチの大学者だけど、奇人としてもつとに有名らしい。

同じく『U』掲載のライアル・ワトスン批判はちょっぴり照れ臭い。
恥ずかしながら大学時代、妄信して真面目に読み耽ったものなあ。
まあわしも「日本では地震云々」のクダリで、「この人はけっこう
いい加減なんじゃないか」と思い至って、そこで離れたけど。

あと『V』のあとがきで山本会長が書いていた、若い世代の論理的
想像力の欠如については全面賛同。会長はゲーム『ガンパレードマーチ』
を引き合いに、世界が妖魔に占領され、文明は日本しか残っていない
のに、食料や兵器を生産する資源に全く困っていない様子なのを
不思議がる。わしもアニメ版を見て、首をひねったクチだ。

ていうか『ガンパレ』に限らず、最近のアニメ、ラノベにちらちらする、
「ライトな末世」「カジュアルな戦時」には個人的にもゲンナリする。
またそういう想像力のない作家が、安易にキャラを殺して共感を
得ようとしているのなんか見ると本当に死にたくなる。別のところ
にも以前書いたけど、昔、宮崎駿は「アメリカ人は終末を描けない。
本当に国のどこにもモノが無いという時代を経験したことがない
から、核戦争後の世界でも地面にスーパーが埋まってて、そこの
コーラを飲んでたりする」みたいなことを語ってたけど、日本も
同じような世代が育っているのかも知れないね。あ、これはわしの
完全なる私見。トンデモ本とは関係ないですね。すんましぇん。

■お詫びと訂正■
映画「思春の森」に関する当ブログの記述について、山本宏様
公式HP
において「事実と違う」とご指摘をいただきました。
つきましては当該の文を削除し、ご迷惑をおかけした山本先生
および関係者の方々に深く謝罪いたします。



Category :  | トラックバック(-) |  コメント:0
«Previous | Next Page»