『ロボコップ』新作?

Posted at : 2008年 / 03月 / 19日


マイコミジャーナルによると、『ロボコップ』新作企画があるらしい。
ただし『4』になるかリメイクになるかも、監督脚本もまだ一切
決まっていない段階だそうで、予断を許しませんな。

リメイクは勘弁して欲しいなあ。ヴァーホーヴェンの無印は、
あれはあれでもう手を入れる箇所が全くない完全無欠の映画だからな。
徹底してシニカルな社会観、突き抜けた暴力描写、ラグジュアリーな
近未来描写、ドス黒いユーモア。全盛期のヴァーホーヴェンだから
こそ撮れた80年代SFアクション映画の金字塔のひとつだ。

今リメイクしても、重量感のないCGと、うるさいレーティングで
骨抜きにされたアクションシーン(TV版みたいな)のしょっぱい
出来になるのは目に見えてるし。

強いて言うなら、さんざん改変されてクソにされてしまった『3』の
フランク・ミラー脚本をオリジナルに忠実にリメイクだったら
嬉しい。近年よーやく『シン・シティ』や『300』でミラーの
ストーリーもハリウッドで評価されてきたしね。

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

『バクON』絶好調

Posted at : 2008年 / 03月 / 17日
「私物のバッグをハチミツまみれにされる」「月経周期をバラされる」
など、浅野真澄がアイドル声優というよりすでに人間としての尊厳を
踏みにじられ続けている地獄ラジオ『バクバクON AIR!』

[『バクON』絶好調]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

あったけえにもほどがある

Posted at : 2008年 / 03月 / 16日
昼から取材で新宿へ。

て、こんな日に限って室温が20度もあるのに布団の中で背筋が
ぞくぞくする。昨日要らん汗かいたせいか風邪っぽい('A`)
取材終わって街の電光掲示板見たら25度だって。
こんな日に体調崩してどうすると。花粉症とダブルパンチで
もうへろへろ( ̄▽ ̄)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

『ヤングスーパーマン』シーズン3最終回

Posted at : 2008年 / 03月 / 15日


毎回見るたびに感心してしまう『ヤングスーパーマン』。
BSフジで放送していたシーズン3も最終回だけど、また米ドラマ
らしい引っ張りに引っ張る終わり方でシビレましたな。

ピートとラナはそれぞれ町を去り、ライオネル・ルーサーはついに
旧悪を暴かれ逮捕される。しかし父を拘置所送りにしたレックスにも
また毒杯が・・・。ナゾの爆発に巻き込まれたクロエの運命は?
ケント家の庭に出現した炎のサインの意味は? そしてジョー・エル
のもとに身を投じたクラークを待つ「生まれ変わりの時」とは?
拘置所で自慢の長髪を刈られ丸坊主になったライオネルの表情とか
ゾックゾクしますわ。

突如クラークの前に現れ、彼を「真の父」のもとにいざなうナゾの
ブロンド美少女の名前が「カーラ」だとか(もちろんスーパー
ガールの名前だ)、ラストシーン、暗闇にうずくまるクラークの
体が、あたかもスーパーマンの胸のマークのようであったりとか、
本当にこのスタッフは「スーパーマン」という題材の使い方が
うまい。

で、BSフジはシーズン4やってくれるんかね?

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

『ラジオスクイズ』終了決定

Posted at : 2008年 / 03月 / 14日
『自分落下傘部隊』『キモオヤジ』などさんざんなニックネームを
リスナーから付けられつつもマイペースに続いた河原木志穂と
岡嶋妙の変態系残念ラジオ『Radio "School Days"』、本日配信の
回で、3月いっぱいで終了を告知。

[『ラジオスクイズ』終了決定]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

春ですよーだ

Posted at : 2008年 / 03月 / 13日
3月に入ってすっかり暖かくなったですな。

おー梅が咲いてらーと思いながら散歩してたら、
近所の河津桜が早くも満開ですよあーた。びくーり。



(PowerShot A620)



関係ないけど、スターチャンネルプラスで『ビバリーヒルズコップ』
見た。何ヶ月かに一度、ときどきやってる、「地上波版吹替」の奴。
故・富山敬さんの名吹替えにシビれた。もちろんCM抜き。イエー。

この頃の吹替えは、声優さんが達者なのはもちろんなんだけど、
翻訳台本も素晴らしいんだよね。エディ・マーフィが喋るデトロイト
の黒人英語を、いかにも品がなく威勢のいいチンピラ言葉に訳し
てて、本当に「生きた日本語」になっている。実に耳に心地いい。

最近の吹替えは映画会社が自分で監修してるから、訳が正確なのは
いいんだけど、こういう「吹替え屋の職人芸」みたいな作品は
少なくなったよねえ(『スパイダーマン2』とかは最近作としては
素晴らしい仕事だったけど)。

映画自体も面白かったなー。今見ると、屋外撮影なんかほとんど
レフ板も使わず地明かりだけで撮ってる低予算映画なんだけど、
脚本がいいから全然退屈しない。エディ・マーフィもまだ
ファミリー映画のクソ役者に成り下がる前で、『SNL』の
猛毒コメディアンの空気ビンビン出しててカッコイイ。
ジャッジ・ラインホルトって今なにやってんのかねえ?
『初体験リッジモンド・ハイ』でフィービー・ケイツのオッパイ
妄想しながらオナニーするシーンがおもろい役者だったけど。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

No Way Out '08

Posted at : 2008年 / 03月 / 11日


思いがけず面白かったね今年は。

Rawとスマダでエリミネーションチェンバー戦2試合やったり
現場は大変だったろうなあ。開始早々いきなりドア閉め忘れて、
テイカーがガチで転がり落ちちゃって、あやうく機材で頭打つ
ところだったけど、あんなの責任者クビ飛ぶんだろうなあ。

スマダ組はMVPのチェンバー上からのバンプと、フィンリーの鉄板
へのスラムバンプが凄かった。Raw組はジェフに意外と見せ場なし。
今年はジェフ押しで行くのかと思ってたからHHH優勝は予想外。

なんといっても最高だったのは、復活したビッグショー対世界
ウェルター級王者フロイド・メイウェザーJrのケンカ!
ラスベガスらしい豪華なゲストだったねえ。

スパスタがゲストとリング上で絡むのはひさしぶりのような。
またメイウェザーが素手でガチ殴りしたのか、大巨人、鼻真っ赤
血ドクドクwwwwwひでえwwww大巨人じゃなかったら気絶してるぞ。
激怒するショーをシェインが必死でなだめてるとこ、まあ台本
なんだろうけどリアルでよかったなあ。



それにしても今日は各地で気温20度越え。あったたかったなあ。
ニュースでは花粉もすごいと予報してたけど、不思議にわしには
来なかったな。ひどい日だと、もう目覚ました瞬間に目のかゆみと
くしゃみと鼻づまりでフラフラになるほどなんだけど、今日は
全然。なんだろ。

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0

第一の読者

Posted at : 2008年 / 03月 / 09日
鮫隊長にスシをゴチになりながら、今書いてる長い文章の導入部の
感想をうかがう。正直、我ながら手探り手探りで、「ハマった」
感じのない文章だけに、その点、やはり的確な指摘をいただいた。

編集者として、また小説やマンガの熱心な読み手として経験豊かな
友人が忌憚のない意見を聞かせてくれるのは本当にありがたい。
無駄にしないようがんがらねば。


(EOS20D + SIGMA18-50mmF2.8)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

広川太一郎さん逝く

Posted at : 2008年 / 03月 / 08日
俳優の広川太一郎さんががんのため亡くなったそうです。
享年68歳。70オーバーのご同業の多くがまだまだ現役でらっしゃる
ことを考えると、早すぎる訃報と思われてなりません。

軽妙な演技で『モンティ・パイソン』など洋画の吹き替えに独特の
芸風を確立されていた方でしたが、フリートークを聞くと意外にも
生真面目で、この世代の役者さんらしい、いい意味での偏屈さを
お持ちの方だった印象があります。

最後に印象に残ったレギュラーはアニメ『Mezzo』でしたか。
役としても作品としてもあまり上首尾なものでなかったのが残念です。

もっと広川節を全開に聞かせてくれる吹き替えを、最新の映画でも
たくさん聞きたかった。本当に本当に残念です。

「なんつったりなんかしてこの幸せもんがチョンチョン♪」
なんて言いながらひょっこり帰ってらっしゃるような気が
まだしてなりません。

ご冥福をお祈りいたします。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0


 児童買春・児童ポルノ禁止法の改正を議論する自民党の小委員会
(委員長・森山真弓元法相)は7日、党本部で初会合を開いた。
18歳未満を写したポルノ画像や写真を販売・提供目的でなく所有
する「単純所持」について、同法で新たに禁止する必要性があると
の認識で一致した。

 小委では冒頭、森山委員長が「法案作成当初から単純所持も何とか
しなければと思っていたが、その後のインターネットの普及で、
いよいよ何とかしなければいけなくなった」とあいさつ。政府側
出席者からは、07年の内閣府世論調査で、国民の約9割が単純
所持を規制すべきだと回答していることや、主要各国の取り組み
状況が説明された。【磯崎由美】

3月7日17時51分配信 毎日新聞
----------------------------------------------------------------

やれやれ、またおっかない法律ができそうですなあ。

何がおっかないと言って、「ポルノ画像」の定義があいまいなこと。
まあ素っ裸のエロ写真や動画は当然ダメとしましょうか。
それはいい。

さてそれでは水着はどうか。
ビキニはよし、Tバックはダメとかいちいち司法が判断するのか。
アニメは? マンガは? 誰かがペンタブで描いた落書きは?
親戚の子がプールで遊んでいるホームビデオは?
17歳の少年が上半身裸で踊っているDVDは? それもダメなら
ジャニーズ事務所は廃業だねw おっとまさか対象は女児のみ
なんて言わないよねフェミニストの皆さん? ペドフィリアに
とっては男児も立派な性的対象だそうですぞ。性差別はよくない。

要するにこの法律は、拳銃や麻薬よりはるかに簡単に手に入る、
かつ定義づけが極めてあいまいなデータひとつで、国民の誰でも
をいつでも逮捕できる法律というわけだ。

会社に気に食わない上司がいるとしよう。誰かが手頃な画像
(そうだな、今でも普通にDVDが買える鈴木清順監督の映画
『ピストルオペラ』のキャプチャー画像なんかでもいい)を、
そいつのPCのどっかわかりにくい場所にコピーして、いやいや
プリントアウトを一枚引き出しの奥に放り込んで、あとは
警察に「密告」すれば、それで立派な犯罪者の出来上がりだ
(もちろんこんな工作それ自体も立派な違法行為だけどね)。

「知らなかった」「記憶にない」と言ってもムダだ。自分の意思で
ダウンロードしたものじゃない、なんて誰にも証明できないからだ。
「持っている」事実があれば、それで彼はもう犯罪者なのだ。

警察の仕事もうんと楽になる。どこのどいつであろうとも、
「児童ポルノ所持の疑いがある」という錦の御旗があれば、
家宅捜索もPCや携帯電話の覗き見も思いのままだ。国民の
プライバシーなんか、子供たちの幸せのためには些細なことさ。
ね?

芸術やエンタテインメントを楽しむにも、今後は注意が必要だ。
ルイ・マル監督の映画『プリティ・ベイビー』や、世界的写真家
イリナ・イオネスコの作品集なんか所持している変態の非国民は
いませんか? タイホされますよ? ご用心ご用心。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
«Previous | Next Page»