EOS50D精進

Posted at : 2009年 / 01月 / 22日


はーい三世代ぶりに買い換えましたデジタルEOS。
価格.COMで都内の最安値探して、氷雨の降る中わざわざ元浅草まで
行って精進してきましたよ。PC VEGAで88500円。なんか知らんけど
わしが買う気になったとたん、全体に値上がり傾向に転じました。
('A`)

EOS20Dからのステップアップですんで、画素数がほぼ倍、液晶バカ
でけえ、ファインダーも倍率大きくなって像もずっとクリアになった。
液晶画素数も92万ドットで、実に目に心地よいのであります。
一世代ごとにマメに買い換えてるリッチメンには、この感動は
わかるまいさ( ̄▽ ̄)

全点クロスセンサーで端っこの合焦確率もぐっと上がった(ような
気がする)。シャッターフィーリングも「シャクシャクッ」という
感じでまずまずいい感じ。

使い古した20D用の縦位置グリップと互換バッテリーの組み合わせでも
問題なく動作。この辺、買い替えを強制されないのは貧乏ユーザー
にはありがたいすな。メディアはあきばお〜で1880円だったシリコン
パワーのCFカード8GB。マイナーブランドだけど、これも不具合なく
稼動しますた。

ボタン類の配置が少々変わったけど、基本的なレイアウトは20Dから
ほとんど変わっていないので、ほぼマニュアルなしでも使えました。
あ、ライブビュー機能だけは取説熟読( ̄▽ ̄)しかしライブモード
AFではピントの精度が極めてアヤシク、わし、あんまり使わない
だろうなあ。立ち位置が確保できない時とか以外は。

もう一つの新設機能、レンズごとにピント精度を微調節できるAF
マイクロアジャストメントはありがたい。さっそくシグマ17-70mm
F2.8-4.5の後ピンを直しましたよ(他社製レンズも登録できるって
太っ腹やなあ)。

残念なのは、天気が悪くてテスト撮影があんまりできていないこと。
ほぼぶっつけ本番投入になるけど、現場で有名なerr99が出たら
泣けるので、古女房の20Dにも控えていてもらうことにしよう。
(まあ出荷時にすでにファームがver.1.0.3.になってたんで、
多分出ないでしょうが)。

デザインがあんまり変わらないと書いたけど、20Dと50D、並べて
みると、三世代の間にずいぶんと雰囲気は変わってますな、やっぱり。

デジタル新世代EOSの旗手として独創的なデザインで登場した10Dから
一転、贅肉をとことん削ぎ落としてスリム化軽量化を図ったものの、
いかにも中級機然とした退屈なデザインに落ち着いた20D。

そこから較べると、50Dはこころもち先祖返りしたというか、やや
おデブになってますな。重量も20Dの685gに対し730g(40Dはもっと
重かったそうな)。全体に肉付きがよくなってるし、背も高い。
握った感覚も、10Dを思い出させる厚みと重量感。変化が少ないと
言われる二桁Dも、やはり微妙に変遷を続けてるんですな。

仕事で使ったインプレなど、また後日。


Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

「キイナ 不可能犯罪捜査官」

Posted at : 2009年 / 01月 / 21日


カンちゃんが『トリック』『ガリレオ』っぽいドラマやるよ、
ってんで、見てみた。

「本当にあった不思議な話」みたいな本によく出てきたような事件を
カンちゃん演じる美人刑事が解決、というオリジナル脚本のミステリ。
登場するや、殺人現場に散らばるナゾの魚を「竜巻ですよ!」と解決。
ふむふむ、ネタとしては半世紀くらい前のものだけど、まあいいでしょ。

ところがこのヒロイン、占いも血液型性格判断も熱心に信じる
バリバリのビリーバー。この時点でそうとーにオツムの具合が
心配になり、オツムの悪いヒロインの行動を見せられる方には
不安とイライラが募る。

クライマックス、ヒロインの超能力が明かされる。彼女は目にした
ものすべてを記憶する直観視の能力を持っていたのだ。いわゆる
サヴァン症候群、脳障害のある方によくある症例なんですが、
健常者がそういう能力を持ってても、フィクションですからOKでそ。

つーことで解決の糸口をつかむため、彼女は難しい医学書を大量に
読み漁るんですが、「字面を記憶する」ことと「読んで理解する」
ことは根本的に違いますね。情報処理の基本からつまずいちゃってます。
彼女は読んだ本を書き写すことはできるでしょうが、それを知識と
して自分のものにできるとは思えません(それだけの知性があれば
科学と疑似科学の区別くらいつこうってもんです)。

さらに「心臓にも記憶があるんです」とトンデモ本から引っ張って
きた事例を、さも科学的に検証されたケースであるかのように
得々と説明するヒロイン。あああ。頭を抱える視聴者=わし。

そしてクライマックス。
犯人に詰め寄るヒロインは、やおら犯人の顔面をぶん殴る!
理由は…DNA鑑定のために血液を採取したかったから。

えーっ!( ̄□ ̄;)!!

このヒロイン、自分の口で「DNA鑑定には髪の毛一本あればいい」
つってんですけど。あと捜査官が容疑者に理由もなく鼻血が出る
ほど暴行したら、公判でものすごく不利になると思うんすけど。
つーかそれ自体、鉄板で犯罪成立しちゃいそうですけど。
大丈夫?

ま、結論言いますと、スイーツ脳(笑)万歳。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

惑いの50D

Posted at : 2009年 / 01月 / 20日


EOS50D、ほどよきタイミングで精進しようと思っていたのだけど、
年末にネットブック買っちゃったし、ふと気づけば部屋の契約更新も
迫ってるしで、フトコロ具合が思ったよりあったかくない事に気づいて
しまった( ̄▽ ̄)

まーいいか。写真熱、今はちょっと冷め気味だし、かぁいい女の子
撮る機会もねーし、春まで撮影仕事もこねーだろうし。

と放置モードに入った矢先、知人から週末現スチ仕事やんねーか、
なんつーお電話が。うわっちゃー。どーしましょ。

念のため、価格調査してみたら、アマゾンはなぜか発売直後並みの
11万円くらいに急上昇してるけど、価格.COMを見るとやはり最安値は
順調に下がり続けてて、今日現在87000円という激安ぶり。どーせ
買うんだし、無理して買っちゃおうかなあ。悩ましいところです。

あ、画像は40Dのものですが、まあいいか( ̄▽ ̄)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

朋ちゃんまたOD?

Posted at : 2009年 / 01月 / 19日


かつての歌姫・華原朋美さんがおクスリ呑み過ぎ、モーロー状態で
保護されたそーですな。

朋ちゃんといえばその昔も実家のある錦糸町でバッドトリップして
一騒動あったり、小室サンに捨てられた後の復帰記者会見では
明らかに目がトビ気味のまま乗馬で登場で日本中を軽く引かせたり、
ファンと温泉混浴サービスしてあーあーもう感を猛烈に醸し出したり
しておりましたが、かつてのパトロンである小室サンがタイーホ
されて以降も着実に病状を重くしておられたようで。

なんつうか、小室サウンド全盛の90年代をゲンナリ過ごしてきた
身としては、長い長い、皮肉な皮肉な評伝映画の苦いエンディングを
見ている気分です。盛者必衰のことわりをあらわすと言いますか。



関係ないけど、今日は春先みたいな暖かな一日でしたな。
こーゆーのを小春日和ってんでしょうか。

そのせいかなんなのか、MXTVの映りがえらく悪いな。
今日の『帰ってきたウルトラマン』は、身体障害者差別をテーマに
した、とてもいいエピソード『悪魔と天使の間に…』なんだけど。

[朋ちゃんまたOD?]の続きを読む

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

会長出た

Posted at : 2009年 / 01月 / 18日


ヒマなので、ザらス行ってひたすら「どき魔女」ガシャポン。
狙うはくれは会長の首ひとつ!

しかしこれが手強い。
ハンドルをひねってもひねっても、カプセルの中に会長のご尊顔は
見えず、しまいにゃシークレットがダブる始末(つд`)・゜・
やっと出てきてくれた会長かわいいよ会長。太眉ハァハァ
ポーズも会長のがいちばん動きがあって好きです。

しかしたいがいぶっ込んで、手元にはさんざんダブりが転がってるのに、
いまだころんが出ていない恐怖wwwいや、ころん好きじゃないので
もう諦めますけど( ̄▽ ̄)



それにしても面白かったな「日曜サンデー」の黒柳徹子。
徹子がトップギアに入ると、あの太田ですら茶々入れられないw
わしが物心ついた時からずっとあの速度で喋ってっからなあ。
年齢考えたらありゃ妖怪だなガチで。ドープだぜ徹子。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

新年会

Posted at : 2009年 / 01月 / 18日
いつもの仲間で新年会〜。

本来主賓になるはずの先輩が、このところ体調思わしくなく急遽欠席。
しかし心配しつつも馬鹿話のテンションは落ちないところが、この
面子の頼もしいところ。

新宿三越のでっかい広告看板。
おねいさんのカメラが気になる。


(LUMIX DMC-FX35)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

ずんこちゃんwww

Posted at : 2009年 / 01月 / 17日
風呂入りながらTBSラジオで久米宏の『ラジなん』聴いてたら、
アナウンサー志望だったけど落ちまくり、大学四年の二月に
滑り込みで合格した、というリスナーからのメールが読まれていた。

久米氏が「これ名前読んでいーのかなー。書いてあるからいいのか」
と戸惑っていたリスナーの名前は「すずきじゅんこ」・・・んっ?
そのメールの結びは「今は文化放送でアナウンサーをしております」

ちょwwwwwQRの気象予報士アナずんこちゃんこと鈴木純子アナ
じゃないすかwwwwwなに他局にフツーにメール出してんすかwwwww

[ずんこちゃんwww]の続きを読む

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

TEAC、実売2万を切るリニアPCMレコーダー発売

Posted at : 2009年 / 01月 / 16日


衰えを知らないリニアPCMレコーダーブームですが、TASCAMブランドで
レコーダーを出しているTEACが、22日にエントリーモデル『DR-07』を
発売するようです。


エントリー向けとはいっても24bit、48kHzのオーバーCD音質を確保、
それでいて価格はぐっとお求めやすく、楽天では税込み予価
19800円となってます。いやー、超マニア向けオーディオ機器としては
3万円台でも格安と言われてたリニアPCMレコですが、ついに1万円
台が出てきちゃいました。ZOOM H4もアマゾンでは18000円になったし。

しかしわしみたいな貧民は興味津々であるものの、こーゆーのって
「安けりゃ買う」ってものではないような気もする。わし個人が
そうなんだけど、確かに大人のオモチャとしてはイジリ甲斐が
あって面白いものの、バンドやってるとか録り鉄やってるとか、
明確な用途がないと、買ってはみたが、「はて、何を録ろう」と
途方に暮れることになる。何しろ「音を録音する」以外になんの
使い道もないのだから。

逆に言うと、きちんと「●●を録りたいっ」という強い動機のある
ユーザーが、「多少高くても、多少無理しても買う!」という
性格の商品なんではないかと。もう1万円台になっちゃうと、
ビジネス向けのボイレコとそんなに変わらないわけで、それ兼用で
買ったりするのかなあと思ったけど、ボイレコみたいに胸ポケットに
スッというサイズでもないしなあ。TEACのニュースリリースでは
子供さんの発表会の録音などにドゾー、なんてあるけど、きょうびの
お父さんはHDビデオで録画するべな。本格的な音楽ホールで発表会
する子供さんって、そんなにたくさんいなさそうだし。

あれっ。なんか文句つけてるみたいで感じ悪いですね、わし。
いや個人的には安くなるのは大歓迎なんです。欲しいんです
買いたいんです、これ。


今んとこ、使い道思い浮かばないけど・・・

あ、あんま関係ないけど、前回の『バクON』、スポンサーの集英社
武田ブー氏が突然欠席。スタジオさえ押さえられておらず、やんぐ
師匠と浅野が二人で暮れの渋谷の街をさまよう、どこまで台本なのか
どこまでガチなのかわからないハプニング企画だったんだけど、
録音機材が「ビルトインマイク一つだけ」とのことだったんで、
多分リニアPCMレコーダー一台で録ったんだろうなあ。そーゆーのは
なんか楽しそうだ。

[TEAC、実売2万を切るリニアPCMレコーダー発売]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

いきなり

Posted at : 2009年 / 01月 / 16日


『どき魔女2』のガシャポンがあったので、くれはたん狙いで
やったら、代わりにいきなりシークレットのれんげたんが
出ました。あんまし嬉しくねー。くれはたんを…出したいです!

今はじめて公式見たら、烈火の中の人は画伯だったのか…

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

EeePC 1000H用大容量バッテリがあるらしい

Posted at : 2009年 / 01月 / 16日


ネットをさまよっていたら、EeePC 1000Hのためのサードパーティ製
大容量バッテリーがeBayで売られてるという話。


見てみたら、おお、ほんとだ。
容量は12000mAhと、純正の約2倍。単純計算で12,3時間単独稼働
できるってこってすな。すげー。

価格は$64.99プラス送料・手数料$2.99。支払いはPayPalのみ。
今日のレートで約6000円ってとこですか。高くはないですな。

重量520g、専用のレザー製巾着袋が付属。純正品と較べてかなり
かさばるみたいだけど、重さはどれくらいアップなのかな。
手元にハカリがないんでわかんないや。セルの出っ張りが大きい
んで、純正のインナーケースにも入りにくくなりそうだしなー。
予備バッテリー持ち歩くのと、どっちがスマートかは悩ましい
ところですな…

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0
«Previous | Next Page»