Who watches WATCHMEN?

Posted at : 2009年 / 03月 / 19日


つーことで試写会行ってきました待望の『ウォッチメン』。

原作は、フランク・ミラーの『ダークナイト・リターンズ』とともに
アメコミの歴史を大きく変えたと言われるアラン・ムーアの傑作。
これをほぼ忠実に映像化というフレコミだったんだけど、なにしろ
壮大かつ極めて重層的な、「アメリカンヒーローを主題にした現代文学」
と言ってもいいほどの作品だけに、どのくらい忠実なのかに興味は
注がれるところ。

結論から言いますと、実に忠実でありました。忠実すぎるほどに。

愛国心のためならどんな残虐な行為も厭わない右翼ヒーロー
「コメディアン」。
凄惨な生い立ちから、犯罪者に血の制裁を下す処刑人となった
「ロールシャッハ」。
スーパーヒーローを引退、実業家に転身し世界一の富豪になった
「オジマンディアス」。
やはりヒーロー業を引退、ごく普通の中年男となった
「ナイトアウル」。
そして量子物理学の視野を持つ、生きながらにして神の能力を得た
「ドクター・マンハッタン」。

彼ら「ウォッチメン」たちの複雑に絡み合う人生、愛憎、そして
世界に究極の平和をもたらすための巨大な陰謀。これだけでも
2時間程度ではとても足りない情報量なのだけれど、随所に
過去から未来という時間の概念を超越した量子論的世界に生きる
ドクター・マンハッタンの視点が入るものだから、これがハナシを
すこぶるヤヤコシクする。

わしのように原書も翻訳版も繰り返し読んだという原作フリーク
以外には、多分3時間近い長尺含め、ついてこれない世界だとは
思うっす。

仮面のヒーローが主人公でありながら、胸のすく痛快なアクション
映画ではないというのも、一般客がとまどう要因になるでしょうな。
いやこれでも、映画向けにカッコいい立ち回りシーンはずいぶん
追加してあるんですよ。原作はぶっちゃけもっと地味ですから。

原作以上といえば、残虐シーンも原作よりハーコーになってたのは
びっくりしたなあ。どうせR-15指定付いちゃうし、やるならとことん
やっちゃうかって感じです。ロールシャッハ絡みのところは特に。
スプラッタ苦手な方は要注意ですよ。

長い映画なんですが、これでも原作のサブプロットは大幅に削って
ますからオソロシイ。左翼と右翼二つの新聞記事とか、路上の
新聞売りのオッサンとマンガばっかり読んでる少年のドラマとか
(さらに少年の読んでるマンガの中身まで劇中劇になっててこれが
面白いんだ!)。DVDでは4時間になってもいいから、完全版
見たいなあ。

現代に翻案しろよ、という偉いさんの横やりつっぱねて、原作通り
1985年の世界を描いたザック・スナイダー監督は偉かったと思います
が、やっぱり当時のヒリヒリするような冷戦の恐怖が伝わってこない
のが痛い。これが基盤にないと、成立しない物語だから。

まとめますと、原作好きな人なら劇場行ってDVDも買ってお祭り騒ぎ。
原作知らない、アメコミの歴史のイロハも知らないという人は
多分ムリ。
です。


あと関係ない仕事のハナシ。

[Who watches WATCHMEN?]の続きを読む

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

おもしろ新製品多数

Posted at : 2009年 / 03月 / 19日
なんか昨日付のデジカメWatchは、面白い新製品がどかんと紹介されて
ますなあ。

まずはトキナーが久しぶりに新カテゴリーを切り開きそうなズーム
「AT-X 16.5-135 DX」


35mm換算で約25mm〜200mm(F3.5〜5.6)と、最近の高倍率ズームには
少々及ばないけど、手頃な大きさがヨイですね。描写もタムロンの
24-135mmくらい鮮鋭ならニーズはありそ。お値段も定価8万4千円と
高倍率ズーム並みなので、これはかなりの描写力がないとね。
実写が楽しみ。

お次。
クリップオンストロボをリングストロボに変換する珍奇アイテム
「オービス・リングフラッシュ」。


写真を見る限り、フラッシュは手持ちしてなきゃいけないみたい。
本格マクロをする人にはあかんぽいけど、ちょっとポートレートに
使ってみたい、部屋でちょっとしたブツ撮りしたいって向きには
いいかも。フラッシュにも三脚穴付きのスタンドが付属してる
ものがあるので、それをうまいこと使うと三脚やライトスタンドが
利用できそうですな。なにより専用リングストロボより光量が
多そうなのが萌え。ただ2万3100円というお値段はビミョー。
もちっとお安くなりません?

最後もストロボ関連。
モノブロック的にもグリップストロボ的にも使える大光量
ポータブルフラッシュ「トキスターe-Z Flash BP2.0」


カメラとの対比を見るとそんなにバカでかくはないですな。
カメラバッグにも収まりそう。GN72(ISO200)ってことは、
ISO100なら31? それほど大光量ってわけでもないですなあ。
わしの持ってる古いストロボットPE-381SGですらGN38だぞ。
なんとなくイキフン的には昔の超大光量ストロボ・ミニカムとかを
思い出させたりしますが。手持ちできるバッテリー式モノブロック、
と考えればいいのかな。

昔の大光量グリップストロボは外付けバッテリーが高価な使い捨て
積層バッテリーだったり、ランニングコストのかかる単1、単2
アルカリバッテリーを使用しましたが、こいつは充電式リチウム
イオンバッテリー使用というのがキモですな。

いや、今時どこに需要があるのかよくわかりませんが、
わしは好きです。こういう機材。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

対策会議

Posted at : 2009年 / 03月 / 18日
平日にもかかわらず、鮫隊長にご足労願って、新作に向けての
対策会議。
[対策会議]の続きを読む

Category : お仕事 | トラックバック(-) |  コメント:0

なんでこうなるの

Posted at : 2009年 / 03月 / 18日


まーた負けたよ。韓国に。

例によって天井がないと球威が出ないところを見せたダルビッシュ。
尻上がりに調子を上げたとはいえ、メジャーのスカウト陣はあれで
かなりのチームが見切りをつけただろう。

リードオフのイチローはじめ、無気力なスウィングを繰り返す打線。
円陣を組むでもなく、わざとかと思うほどだらだらした空振り・
見逃し・内野ゴロばかり。

守備では要の存在城島が審判にケンカ売って退場。以後、主審は
日本のリリーフ陣のコースに厳しくなり、不利な展開が続く。
もっともスンスケはコースを突くこともできず自滅だったけど。

原監督特有の左右にこだわるルンバ采配で、左というだけで
起用された中継ぎ岩田も自爆。中継ぎ経験はおろか、今大会
ほとんど投げていない岩田に重圧かけすぎルンパ。次の右打者で
さっと替えるかと思えば続投で押し出し。ここが今日のターニング
ポイント。ルンバ♪

原が継投ヘタなのは周知なんだから、もうなんのために山田が
いるんだよと。星野がニヤニヤする顔が目に浮かぶわ。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

花粉と黄砂

Posted at : 2009年 / 03月 / 17日
朝、ニュースを見たら、「今日は黄砂とスギ花粉がすごいです!」。
快晴で気温は四月下旬並みに上昇、ただし春らしく風も強い。
ヘヴィ級の花粉症であるところのわしとしては、地獄の一日を覚悟ですよ。

んで、ちとヤボ用あってアキバまで出かけたのだけど、「花粉鼻で
ブロック」を大量塗布したのが効いたのか、思いの外、鼻水や涙目に
悩まされることなく帰宅。多少眼は痒いけど、わし的にはヤマを越えた
みたいっす。

※画像と記事は関係ないんす


(EOS20D + EF50mmF1.4)


関係ないけど、スターチャンネルクラシックでジョディ・フォスター
主演の『白い家の少女』やっとったね。こういうご時世に見ると
いっそう全編にキケンな香りが充ち満ちるロリータ・サスペンス。

フォスター演じる、13歳にしてひきこもり、そして連続殺人鬼という
妖しいニンフェットの魅力もさりながら、彼女につきまとう変態
ロリコン男を演じたマーティン・シーンの粘着質の芝居もたまらない。
フォスターの裸のお尻が丸見えになるシーンもあるんだけど、
児ポ法がうるさくなると、こういう映画も焚書されちゃうんだろうな…


Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

『アヴェンジャーズ』公開延期

Posted at : 2009年 / 03月 / 16日


TSUTAYA ON LINEのニュースによると、製作進行中のアメコミ映画
『アヴェンジャーズ』と『ソー』が公開延期だそうで。
理由は不明。

『ソー』は「オリヴィエの再来」と言われたケネス・ブラナーが
監督するとかで、個人的にその辺かなりフックになりますが、
現代映画にするにはしんどい素材だよなあ。よっぽど冴えた脚本が
できてないと。延期はやっぱりそれが理由かな。

んで、ソーがいてくれないとアヴェンジャーズも成り立たないわけで
こちらも自動的にスライドで先送りと。キャップの映画はちゃんと
進んでんのかなー。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

【WBC】日本、キューバを完封

Posted at : 2009年 / 03月 / 16日
朝5時から見ましたよ、WBC 2ndラウンド日本×キューバ。

松坂も岩隈も馬原も盤石の出来。藤川が若干怪しかったけど。
打線もイチロー以外全員安打で、序盤のだらしない守備走塁の乱れを
挽回。起きてた甲斐がありました。

ちょっと寝て、昼からメヒコ×韓国も見ましたよ。
七回でメヒコが完全に戦意喪失したところでテレビ消したけど。
韓国の一発攻勢はやっぱり怖い。

つーかまた韓国とかよ。いいかげんもう飽きたなこのカード。
2ndラウンドは総当たりリーグ戦やれよと思う。たまにはプエルト・
リコとかとの試合見てえっすよ。

あと客席で日本の観客が振ってたヘンな棒、あれなに?
アジア某国とか某国の人たちがよく喜んで振ってるけど、ペトコ
パークでも売ってんですかね? バカっぽいからやめた方がいいと
思いますハイ。

しっかし眠いな−。今夜は伊集院まで起きてられるかしらん。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

梅も盛りを過ぎまして

Posted at : 2009年 / 03月 / 15日


久しぶりの上天気。気温はちょっとひんやりする日曜。
ちょっと遠目の梅林まで、カメラ持ってポタリング。
いよいよ桜の開花も近いこともあって、梅はもう半分散ってました。


今日のレンズは久しぶりにタムロン24-135mmf3.5-5.6。
2001年に生産が始まり、一昨年ディスコンになった標準ズーム。
かなり売れたレンズなので今も市場在庫がけっこうあり、お店に
よってはびっくりするような投げ売り価格で出されてます。

タムロン50周年に合わせて売り出された製品だけに、一見地味な
スペックの中に、同社の「本気」が詰まったいいレンズです。

いやまあ確かに設計が古いせいでAFはちょいトロいし、特にEOS
50Dとは電子的な相性があまりよくないようで、時々テレ端でAFが
正常に動かなかったりもします(わしの個体だけかも知れません)。

ただ24-135mmって、APS-Cデジタルでネイチャーやイベント撮るのに
最適の焦点距離で、デジカメ時代になっても色あせないスペック。
テレ端でF5.6の暗いズームとは思えない、スッキリとヌケのいい
描写と、キリリとした解像感、偏りのない澄んだ発色、どれも非常に
好ましいのであります。高い近接能力も素晴らしい。これ、駆動部
だけリファインして再発売すればいいのに…。




(EOS50D + TAMRON SP24-135mmF3.5-5.6)


関係ないけど今朝の『プリキュア』。
[梅も盛りを過ぎまして]の続きを読む

Category : 写真 | トラックバック(-) |  コメント:0

テスト死す

Posted at : 2009年 / 03月 / 14日


元WWEスーパースター、"テスト"ことアンドリュー・マーティン氏が
フロリダ州タンパの自宅で亡くなったそうです。享年三十三。

死因についてはまだ詳しいことが判明していませんが、若すぎる
レスラーの死はいつもやりきれません。

雄渾な体躯と絵に描いたような悪たれ顔はヒールの素質満点で、
一頃はWWE首脳部からもメインイベンター候補としてプッシュされて
いましたが、ムーヴは少々スティッフで、正直、個人的には好きな
レスラーではありませんでした。しかしそんなわしの眼から見ても、
必殺技のパンプ・ハンドル・スラムは説得力抜群でありました。

ご冥福をお祈りします。

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0

ホルモン

Posted at : 2009年 / 03月 / 14日
帰京して以降、ダラダラと続く不順な天候、さらに飛び交う大量の
花粉で頭はぼんやり、気分も沈みがち。おまけにJスポでWBC
見まくりんぐで、今週中に提出するはずだったプレゼンも
未完成のまま。(ノ∀`)アチャー

Oちゃんを誘って池袋キャロルでホルモン焼き祭。


(LUMIX DMC-FX35)

ちょっとメシ食ってバカ話しただけで、だいぶテンションも回復。
さーてお仕事やっつけますか。


関係ないけどフジテレビ、『ドラマ上地雄輔物語』だってよ。
『エドはるみ物語』といい、民放大丈夫? 死ぬの?

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
«Previous | Next Page»