アマゾンに新表示

Posted at : 2009年 / 10月 / 21日


アマゾンのトップセラー表示に、新しいセグメントが出来ましたね。

ランキングの上下動を表す矢印と、ベスト100圏内に何日間ランクイン
しているかという表示が商品の横に付きました。


ちなみに今日も半額以下の叩き売りが続く、ねんどろいどミックミク
かがみは284日間ランクイン中だそうで、もうどんだけ作ったんですか
グッスマさん( ̄▽ ̄)

ついでなので軽くホビー関係の値下げウォッチ。
リボルテックの北斗の拳REVOLUTION関係がいくつか値下がり中です。
サウザーが1415円、レイ白髪ver.が1423円、ラオウ1463円など。
一瞬ガチでポチかけましたが、ウイグル獄長ほどのネタキャラ力を
持つヤツはいませんなあ( ̄▽ ̄)ネタ要因としてはジャギ様か
ジード団が強力ですが、現在はどちらもほぼ値引き無しです。


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

夏日ふたたび

Posted at : 2009年 / 10月 / 20日
東京は昼間の気温27度と、夏日が帰ってきました。
年中短パンでいるのが好きなので、こういう日は嬉しいです。


(LUMIX DMC-FX35)

それはそうと。
昨日伊集院があんなにイジったんで、今日の『ゴールデンラジオ』で
文化放送のスタジオにじっと座っているナゾのおじさんについて
なんか触れるかと思い、放送初回以来ひさびさに聴きました。が。
大竹はスタッフのギリシア土産について面白くもなんともない話を
ダラダラするだけで、OPでは完全スルー。すぐ小島慶子にスイッチ
しました。こちらは伊集院の「呼んでくれない」という愚痴について
投稿があり、小島「あー来て下さい」とおざなりに一言www
神足にいたっては「来てもいいよ(ニヤニヤ)」痴豚涙目wwww

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

妄想タイム

Posted at : 2009年 / 10月 / 19日
仕事が煮詰まってくると、次の印税入ったら何買おう、と楽しい
妄想をすることにしています。

とりあえず新しいノートPCとか、EOS用のスピードライトとか、
欲しいものはいろいろあるんですが、第一候補はやっぱりオリンパス
EP-1でしょうか。もちろんパンケーキセットで。


だいぶ値段もこなれてきましたし、評判もいいし、ついでに
パナの20mmF1.7も買って。二本あったらかなり遊べそうですしね。

それにしても、このところWWE見るのサボってたら、もう一ヶ月分も
溜まってしまいました。HDDがパンパンだぜ。これから浅草キッド
方式(スキットだけ見て試合は早送りwww)で消化しようと思います。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

『モスラ対ゴジラ』

Posted at : 2009年 / 10月 / 18日


買ってきました。
今夜はコレです( ̄▽ ̄)

【追記】
見終わりました。
今見ると、スピグラひっさげた新聞社カメラマン役の星由里子さんが
可愛いなあ。フラッシュガン付きのスピグラに鳥打ち帽は古き良き
報道カメラマンのスタイルですよね。

ちなみに作中、「昼間にフラッシュ焚く奴があるかい」と怒られて
しまう星さんですが、被写体の熊山社長は強い海の照り返しを背に
した逆光状態ですので、あそこはフラッシュ焚いて正解なんですね。
スピグラにフラッシュガンですから、露出計算はそうとう難しくは
なりますが、ヤマカンでいけてしまうあたり、星さん演じる中西
カメラマンは、なかなかの凄腕とみました。

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

榊さんと大阪のフィギュア発売

Posted at : 2009年 / 10月 / 18日


先頃新装版が発売された『あずまんが大王』から、ネコ大好きの
榊さんと、関西弁少女大阪が久々のフィギュア化ですと!?
アマゾンでも予約が始まり、早速予約ランキングでトップ10入り
してます。

サンプル画像では榊さんの爆乳や大阪の幼児体型が申し分なく
再現されているようですが、あずまキャラは顔の造作がシンプル
ですので、3D化するといまいち見応えがない感じもいたします。
フィギュアにするならデフォルメ系の方が向いてる気がします。
でもちよちゃんが出たら(ry いやむしろ榊さんとよみがペアに(ry


Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

『プロムナイト』

Posted at : 2009年 / 10月 / 17日


スターチャンルプラスで。

「悲鳴の女王」ジェイミー・リー・カーティスが主演した、スプラッタ
ホラー全盛期である80年のホラーをリメイク。

いや、驚くべき映画でした。
ストーリーはすこぶる単純です。
女子高生をストーキングしたうえ、その母親を惨殺した変態男が
刑務所を脱走。女子高生のプロムパーティに忍び込み、四、五人
殺します。ヒロインはあわやのところで刑事に助けられ、犯人は
何もせず射殺されます。以上。

まあホラー映画ですから、ストーリーはこんなもんでいいでしょう。
客はドバッと血しぶきが噴出し、グチャグチャになった死体が
ドギャーン!と出てくるシーンが見たいだけなんですから。

ところが、これが出てきません。
殺人シーンは被害者がギャーッと悲鳴を上げる顔のクローズアップ
だけで、あとはハンガーが揺れているショットをつなげたりして
はなはだ迫力に欠けるのです。死体はちょっと血が付いてるだけで、
TVシリーズの『CSI』や『ヒーローズ』の方がよほどグロいです。

殺人鬼はありえないほど気が狂っているとか、特殊な能力を持ってる
とか、すごい凶器を使うとか、一切ないです。ふつーの変態です。
チンケなナイフ1本持ってるだけで、しかも大して使いません。

ここまでダメでも、昔のホラーはまだ楽しみようはありました。
サスペンスシーンで収音マイクが見切れてたり、逃げ惑うエキストラ
が半笑い
だったり、そのダメっぷりをゲラゲラ笑うというB級ホラー
ならではのお楽しみです。

が、この映画にはそんなお楽しみすらありません。
こんな単純なプロットに、実に中途半端におカネがかかっていて、
実に中途半端に高い撮影技術が導入されています。ぱっと見た
ところは、本当にちゃんとした「ふつーの映画」なのです。

結果として、演出はすべてのシーンが「どこかで見たショット」の
継ぎ合わせ、工夫もなければ血も出ない、意外な真犯人もなければ
驚愕のどんでん返しもない、「究極の無難映画」に仕上がってます。

長いこといろんなサスペンスやホラーやクズ映画を見てきましたが、
これほどまでに無難に徹した、言い方を変えれば、観客を喜ばす
ための創意をここまで放棄した映画は希有です。

ホラー映画というのは本来低予算映画の同義語みたいなもので、
かつてこのジャンルを賑わせた名も無き作家たちは、お金が
なければその分、よりたくさんの血を出し、首をちょん切り、
おっぱいを見せ、多少つじつまが合わなかろうと衝撃のラストを
用意して、観客に「チケットの元は取った」と思わせる最低限の
努力をしていたのものです。

こういう、ハリウッドの平均的予算をもらって、納期だけは守って
60点くらいの映画やっつけました、というホラーが、この世で
いちばんつまらないという格好の例であります。

そういえば、金曜のキラ☆キラでウエイン町山が紹介していた
新しいホラー『パラノーマル・アクティビティ』、面白そうですね。
総予算100万円(!)、口コミで全米に評判が広まったというのも、
ガチで宣伝予算がなかったからという本当の低予算映画ですが、
そのアイデアをスピルバーグが絶賛して権利を買ったという、まさに
これこそが王道のホラー映画ですね。


Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

『新・三銃士』のキャスト

Posted at : 2009年 / 10月 / 16日
一週目見終わって思ったんですが、声の出演も昔ながらの複数役
担当制なんですなあ。

そこまで昔のやり方にこだわることはないと思うんですけどね。
受信料とボッタクリDVDでガバガバ儲けてるNHK、そこまで予算が
切迫してるとも思えません(現に初回には贅沢にも西田敏行を
カメオ出演させたりしてます)。

『三国志』も、大量の登場人物をほんの数人のキャストが演じていて、
どーやっても無理が出てきちゃう。子供心に冷めたんですよ、あれ。
今回は当時と違って本職の声優さんがほとんどですから、ある程度の
演じ分けはできるでしょうけど。『三国志』と違って登場人物も
少なめですし。

とはいえ、敵のボスキャラであるリシュリュー枢機卿猊下まで
江原正士さんがやるってのは、どうかと思いましたよ。アラミス、
トレヴィル、リシュリューって、主要キャラ何役やるんですか。
ボスキャラはある意味、主役と同格くらいの重要性があるわけで、
ここはやっぱり、しかるべき役者さんを起用して欲しかったところ
ですハイ。



Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

魔法少女鏡音リン

Posted at : 2009年 / 10月 / 15日


たわむれに、リンの頭にアルの体を付けてみたらやたら可愛かった
ので、di:stageで魔法少女風にデコレーションしてみました。

短パンもいいですけど、やっぱりねんどろいどはスカートが可愛いと
思います( ̄▽ ̄)つかアルのワンピの破壊力は異常。

原稿が思いのほか進まないので現実逃避しているわけでは決して
ありませんハイ( ̄▽ ̄)


それにしても、TBSラジオ『キラ☆キラ』、面白い事になってきました
なあ。

[魔法少女鏡音リン]の続きを読む

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

『軽音部!』見たお

Posted at : 2009年 / 10月 / 14日


アニパロAVの殿堂TMAがついにやった! と発売直後からヲタの間で
話題沸騰の『軽音部!』見てみました( ̄▽ ̄)

『マリみて』のパロディをやってた頃は「ふざくんな」と悪評紛々
でしたが、リリースを重ねるごとにクォリティとコダワリが異常に
高まり、最近では「カラミのシーンがオマケ」と言われるまでに
なっておりますTMA。大人気タイトル『けいおん!』のパロディ
というだけあって、気合い入りまくりです。アニメ版第1話を、
ほぼ画面構成までそのまんまで完全再現です。EDとかCGの特殊効果
まで使ってます。この情熱はいったいどこからwwwwww

唯役の愛璃みいちゃんは、唯のぼへーっとした性格とかアニメ声
とかかなりイイ感じで表現できてます。澪役のつぼみちゃんは、
多分髪のキレイさでキャスティングされたんでしょうね。顔とか
演技はイマイチですが、エロいです。律役のさくら愛々ちゃんは、
もともと大塚愛のソックリ女優としてデビューしたコ。あまり
美人ではありませんが、ノリの良さそうな雰囲気がいかにも律っ
ぽいです。ムギ役の小泉梨菜ちゃんはメンバー随一の正統派
美少女。声が若干カレてますが、実戦力はいちばん高いです。

あ、演奏シーンはさすがに吹替えです。さすがに女の子たちに
練習してもらう予算までは取れなかったようです( ̄▽ ̄)
あと律のドラムが黄色いヒップギグじゃなかったのも残念。
これも予算の問題でしょうねえ。

[『軽音部!』見たお]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

『新・三銃士』ハジマタ

Posted at : 2009年 / 10月 / 13日


製作発表以来、あのNHK人形劇の復活、しかも脚本は三谷幸喜と
中高年ヲタの胸を騒がせてきた『新・三銃士』、本日放送開始。

いや、なかなかだったんじゃないでょうか。さすがのクォリティと
言いましょうか。当時の技術はかなり失われているはずですが、
その分は最新の映像技術で補ってる感じです。まるで魔王の城が
天を摩してそびえ立っているようなパリの全景も独創的でしたw
あれはノートルダム大聖堂? それはともかく、パリの雑踏を
表現したモブシーンは人形劇とは思えない厚みがあり驚きです。

「新」と付くだけあって、設定やストーリーも少し変えてます。
なんとダルタニアンがパリに着いた時点で、銃士隊は解散させられ
トレヴィル殿は浪人の身に。一回20分を毎日放送ですので、今週
いっぱいかけて三銃士が揃う展開なんでしょう。この感じもNHK
人形劇ならではですが、平成の今の放送と考えれば、もう少し
1話ごとの場面展開のテンポは早くていいと思います。

とりあえずきちんと会社に行っている大人視聴者のために、土曜に
一挙放送もありますので、見忘れた人も安心ですね。


ついでですので、テレ朝で始まった『怪談レストラン』も。

[『新・三銃士』ハジマタ]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0
«Previous | Next Page»