AmazonリボQBやや安値

Posted at : 2009年 / 12月 / 20日


アマゾン、リボルテックQBがやや安値傾向です。

まずは最新作メナス続落で1852円に。


1個前のメローナは、その最強エロパワーゆえにほとんど
値崩れがありません。市販のすべての可動フィギュアの中で、
唯一ほぼ全裸にキャストオフできる神仕様が評価の高さに
つながっているんでしょうか。全裸最強。ちなみに画像の全裸
アイリもメローナのボディ流用してます。


発売以来、ほとんど唯一値崩れのなかった人気銘柄アイリも
珍しく2100円台になってます。これはここが底値でしょう。


このところ値を戻していたナナエルも再び2100円台。
また1800円台に下がったら、わしはポチります。
ザーメン 聖乳パーツもう1個欲しいんだもん。


レイナは相変わらず再版分がだぶつきまくりで1100円台の
投げ売りが絶賛続行中です。妹のエレナも発売決定だそうで、
ひさびさの戦士系キャラ登場に期待が高まりますね。


さてさて、なんだかんだで年末年始のクソ忙しいさなかに出る
予定の葉っぱ教官も楽しみです。


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

オピネルのサビ

Posted at : 2009年 / 12月 / 19日
よくわかりませんが、週にお一人くらい、「オピネル 手入れ」で
検索していらっしゃる方がいます。お手入れ方法なんて書いてません
ので、なんだか申し訳ないです。

で、あの日買ったピカピカのオピネルは今どうなっているかというと。


こんな具合です。

リンゴやオレンジを切ると、こんなふうにサビます。
でも、これは黒サビ。見た目は小汚くなりますが、これは酸化膜で、
鉄が空気中の酸素と結合して腐食する、いわゆる赤サビを防いで
くれる良いサビです。

ブレードをピカピカにしておきたいコレクターにとっては嫌なもの
でしょうが、おかげでオイルを塗ったりメンテに神経質になる必要が
なくなりました( ̄▽ ̄)

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

『みつどもえ』8

Posted at : 2009年 / 12月 / 18日


やっと買ってきたっす。

7巻でやや息切れを感じて心配でしたが、こうして通して読むと
まだまだ大丈夫という雰囲気でホッとしました。アニメ化も決まった
ことだし末永く続けてほしいもの。

とりあえずわし的8巻のツボ。
・「佐藤が好きでしょうがない隊」のおがちん、3巻でぱんつを
脱ぎ捨てて以来ずっとノーパンだった衝撃事実発覚。おがちんの
破壊力はスベリ知らず。
・杉崎、宮下、松岡の出会いのきっかけは松岡の眉毛。
・宮下の尻はいつもエロすぎる。宮下大好き。

の3点ですハイ( ̄▽ ̄)


あ、そーいえば『にゃんこい』最終回か。

[『みつどもえ』8]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

Figmaラムちゃん予約開始!

Posted at : 2009年 / 12月 / 18日
えー、桜姫以来でしょうか、Figma「おっさんだけが喜ぶキャラを
出してみよう」シリーズ
、なんと『うる星やつら』(ATOKに登録
されてて今ビックリ)のヒロイン・ラムがまさかのリリース、そして
アマゾンでも予約開始です!


個人的には嬉しいし買う気も満々なんですが、顔が…
原作後期あたりの準拠なんでしょうか、そういうところも必要以上に
忠実にしちゃうグッスマ原型師さんの職人魂がニクいっす。
桜姫の時も思ったけど、イメージを壊さない範囲でなら、こういう
古すぎるキャラは、多少今風のアレンジを施してもいいんじゃ
ないかなあ。

ただし、桜姫以来待望のビキニ素体の登場でもありまして、流用
素材としての期待も高まります。そんなにバカ売れもしないでしょう
から、のんびり発売を待ちたいと思います。発売は3月25日予定。


ちなみに高橋留美子シリーズ第2弾、日暮かごめのリリースも
決定だそうです。趣味に走ってるなあ社長www



あ、もちろん最近キャラも忘れてません。
スバル・ナカジマも今日から予約開始です。グッスマさんはこの
子好きですね。


ついでですが、アマゾン、リボルテック・メナスが順調に値下げ
開始です。不出来とまでは言いませんが、サービスの薄さの
否めないモデルで、値下げはむしろ遅かったなという印象です。


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

ルーペもってる?

Posted at : 2009年 / 12月 / 18日
親父の老眼がだいぶ進んでいるので、帰省の土産に読書用のルーペを
買っていこうといろいろ調べて、ニコンのハンドルーペを選びました。
非球面レンズのヤツ。

で、ネットであれこれと調べていると、自分もちょっと欲しくなって
くるのがわしの悪いクセ。おー、エッシェンバッハの非球面ルーペ
いいなあとか。

手持ちタイプのルーペは、昔そこらの文房具屋で買った500円くらいの
虫眼鏡があるだけなので、ちょっといいのがあるといいなあ。
いや、別に何を見る、何に使うというワケじゃないんですが。

と、いろいろ妄想してると、わし写真用のルーペは三つも持ってた
ことを思い出しました。


いずれも編集者時代、仕事でポジチェックを毎日のようにやってた
頃に自腹で買った物。左から、ニコンのプロルーペx4、ピークの
アナスチグマット・ルーぺx7とx4。ピークのは会社にも備品として
置いてありましたが、数が足りなくていつも取り合いだったのです。

ピークのx4はブローニーのコマを全体チェックできるので、わしが
働いてた編集部では必携でした。文鎮のように重たいルーペです。
x7は、ニーショットくらいのピントチェック用。でも、これで
チェックしても、引き延ばして印刷するとピンアマだったりして、
困ったことがあったなあ。いや、ピークが悪いって話じゃなく、
深夜に疲れてポジ見てますとね、眼の方が死んでくるんです。
ピークのルーペは比較的手頃なお値段で充分すぎる性能があり、
業界の定番のひとつでした(もうひとつの定番はペンタックスの
大きいやつ。あれは軽かった)。もちろん今も現役で販売されています。

ニコンのはサンゴーに特化したサイズ。でも、どうして買ったのか
自分でも思い出せません。多分、アルミの鏡筒があまりにもカッコ
よかったせいでしょう。ピークのルーペは対物レンズがギリまで
せり出していて、ライトボックスでしか使えませんが、ニコンのは
レンズが接眼部に集まっているのと、台の裾部分が光を透過する
おかげで、明るい視野で活字や小物の拡大観察にも使えます。
ただし、対象物を台にくっつくほど近づけなくちゃいけませんが。
歪みも収差も全くない素晴らしいルーペですが、デジタル時代に
入って需要が激減したせいでしょう、すでにディスコンです…

どれもアイポイントは高いので、中心部だけなら接眼レンズから
多少眼を離してもピントは見えます。全視野を見渡そうと思ったら
やっぱり接眼部に眼をくっつける必要がありますけれど。

ヒマつぶしに、いろいろ拡大してみようかな。


Category : 写真 | トラックバック(-) |  コメント:0

ねんどろムギ、アマゾンでもやはり予約瞬殺

Posted at : 2009年 / 12月 / 17日


ねんどろいど琴吹紬、アマゾンではなぜかなかなか予約受付が
始まりませんでしたが、ようやく開始。そして瞬殺。発売予定の
ねんどろはいずれも同様の出足で、放送が終わって久しいという
のに、『けいおん!』人気に翳りは見えませんなあ。


年末発売の唯もなかなか予約が再開されず、やきもきしている人も
多いでしょう。アマゾンでは発売前から6千円強の予価が付くなど
異常事態です。ただでさえ年越し準備やら冬コミやらで忙しいヲタ
ちゃんたち、難民となってアキバを徘徊する人も多そうです…


おっと、そんな記事を書いていたら、14時現在で澪がアマゾンで
在庫復活、しかも20%offの2799円ですよ!



Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

また安いヘッドフォンなど買ってみる

Posted at : 2009年 / 12月 / 15日
一年ほど前に買ったビクターHP-RX500。基本ガサツなわしの手許で、
「床に落とされる」「蹴られる」「布団の下敷きになる」など
さんざん乱暴な使われ方をされているというのに、まったく壊れる
様子がありません。安くて音がイイのにさらに頑丈とは、どこまで
神ヘッドフォンなんでしょうか。

まあコレに不満があるわけではないのですが、新しい本に取りかかった
こともあり、気分を変えるために新しいヘッドフォンを買いました。
といっても、何万円もする高価なヤツは豚に真珠なので、同じくらいの
価格帯からアマゾンチェック。

おっ、AKGがありました。
AKGというと、最近は「澪のヘッドフォン」ということでバカ売れした
K701 Studioが有名ですね。


もっともコレ、安いところで3万円台、高いところだと7万円くらい
する超高級機(なんでこんな幅があるんでしょうね。どうでもいい
ですが)。とてもわしの耳には合いません。

つーことで、価格的にはその1/20ほどw 最下級エントリーモデルで、
しかももうディスコンになってしまったK44です。アマゾンで3200円
くらいでした。残り1個表示を見て、これも何かのご縁と思いまして
( ̄▽ ̄)


発売は2000年代初めの方という、かなりロングセラーだった
モデルのようです。

デザインや造作はいかにも低価格機という感じ。
ケーブルは太め、ハウジングとの接続部もガッチリした作りで、
ここは好印象です。

軽くて側圧が弱いため、長時間装着しても疲れないという評判
なので、執筆作業用ヘッドフォンにはピッタリですね。RX500も
同じ特徴で気に入っています。

実際装着してみると、評判通り。軽くて締め付け感はありません。
遮音性が悪くて音漏れも割と大きい、音量があまり取れないところも
RX500とよく似てます。屋外や人のいるところ向きではないですね。

イヤーパッドは楕円形で、耳朶をすっぽり覆う形。合皮製で
フィット感は悪くありませんが、汗をかくと蒸れます。この辺りは
低価格モデルにもかかわらず布製パッドを採用したRX500に軍配。

耳へのアジャストは、通常の、ヘッドバンドからスライダをカチカチ
伸ばして…という方式ではなく、ハウジング自体はヘッドバンドに
固定されていて、頭に当たるベルト部分にゴムバンドが入ってて、
ヘッドバンドの方が頭に押されて伸縮するとゆー面白い方式。
可動部が少ないので、外した時に「くにゃくにゃ」せず、しまう
のもラクです。

とりあえず6時間ほど慣らしをした段階での音ファーストインプレ。
基本的にRX500との比較です。

低音、来ます。AKGというとクラシック向きの高音が特色だそう
ですが、やはりこういう安いモデルは素人ウケのするドンシャリに
チューニングしているのでしょう。低音がほとんど出てこない
RX500とは対照的ですね。激しいダンス系はベースやキックが
ぐいぐい来てノリがいいです。反面、女性ヴォーカルや、スネアの
アタックがもうちょい前に来てもいいのになあと思う曲もありました。
高音のストリングスや女性ヴォーカルの伸びは正直いまいちです。
上モノ(特にギター)の分離はRX500の方がいいかも知れません。

解像度は値段なりで悪くないと思います。あまりカリカリに
エッジがキツいと聴き疲れするので、わしのように深夜の作業用
BGM専用と割り切っているユーザーにはこのくらいでいいんで
しょうね。R&Bやハードロックはなかなかいいドライヴ感ですが、
萌え系はちとベースが出しゃばり過ぎ、ウインドチャイム等の
金属的なキラキラ音は耳に刺さる印象です。向いてないかも…
あ、電波ソングはバッチリですれどね( ̄▽ ̄)ハイハイ!

ふかふかで蒸れない装着感、やさしい高音のビクターRX500と、
グルーヴ重視のK44。うまいこと特徴がハッキリしましたので、
レイドバックしたい時にはRX500、アップリフトしたい時には
K44と、作業内容によって使い分けようと思います。


Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

ねんどろねぶくろ

Posted at : 2009年 / 12月 / 15日


ミカタンブログのねんどろポーチを見ていて、ふとやってしまいました。
反省はしていない。

アルがくるまっている寝袋は、コカコーラが今ペットボトルのオマケに
付けている、ユナイテッドアローズとコラボしたフリースボトルカバー。

最初これ見たときは、「おお、あったかいボトルを保温してくれるのか。
なかなか実用的だ」と感心したのですが、注意書きをよく読むと、
「保温能力はありません」
……なんじゃそら。

まあ、寒い季節、ねんどろいど達をぬくぬくさせときますか。

それにしても、体調悪いときの伊集院のトークは面白いっす。
先週もなんかトーク絶好調だったけど・・・

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

ねんどろいどムギ明日から予約開始

Posted at : 2009年 / 12月 / 14日
今日のミカタンブログはいろいろ気になるニュースが。

まずはねんどろいどムギが明日から案内開始だそうで。
[⇒画像]
ううむ、やはり見事なたくわん眉毛っぷり。眉毛かわいいよ眉毛。
アマゾンではやっぱり予約瞬殺なんだろうなあ。でも発売日ちょい
たってから、アマゾンでするっと買えたりしそうだなあ。

続いて、ねんぷちうぃんた〜★キャンペーンで抽選で1000名様に
当たるという謎アイテム「おでかけポーチ」の画像が公開。
[⇒画像]
かっ、かわいいじゃねえですか!
ねんどろいど(及びねんぷち)を入れて携帯するポーチですか。
…いや、これ付けて街を歩けるかと問われれば無理ですが…

最後は、この日撮影したねんどろ澪の画像を投稿したら、掲載して
もらえたす。ありがとうミカタン。記念に別カットもあげ。



Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

ねんどろテイアにぷちトラブル

Posted at : 2009年 / 12月 / 13日
汗ばむような天気だった昨日に較べ、どんよりと寒かった日曜。
届いたばかりのねんどろいど・まじかるテイアをいじりまわして
いたらですね、ありゃりゃ、ブルーの髪に色移りが。


どうやら背中の黒いリボンから移ったようです。


髪飾りのリボンからも、同様に移ります。


まあ慌てず騒がずプラスチック消しゴムでシコシコしてあげましょう。
割と落ちます。ただやりすぎると地の色も落ちますので要注意です。
色移り防止には、塗料の定着液(マニキュアのトップコートでも可)
をリボンに塗るか、メンディングテープでも貼っときましょう。

ほぼ同日発売になったねんどろいど版ドロッセル様は、Figmaの
異常人気を受けてか、かなり大量の出荷になったようです(秋葉
鮫氏によると「ソフマップは見たことないほど積んであった」
とのこと)。おかげで澪のように秒殺完売になることもなく、
アマゾンでもお手頃な価格で発売中です。つーか、意外にレビュー
がネットに上がってないですね。高いからみんな買い控え?
まあわしもまだ買ってないわけですが。


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
«Previous | Next Page»