ねんどろいど 宇佐美々

Posted at : 2010年 / 04月 / 24日
あんまり売れてないようで、現在ソフマップで2480円になってます
ねんどろいど宇佐美々。つーことで、2日ぶりに雨が上がったので、
自転車転がして買いに行ってきました。


人気がないのか、レビューもあんまり出てないようですんで、軽く
インプレなど。

チョココロネみたいな三つ編みのおかげで、スタンドなしでも自立します。



小学三年生ですが、このけしからんm(ry


シリーズおなじみの赤ランドセル。


三つ編みはダボが二つ付いてます。これでいろんな角度が付けられます。


外ハネにしたり。


内巻きにしたり。


しかも毛先にはちゃんとボールジョイントが。りんに負けず劣らず
凝った作りの髪ですね。


メガネは前髪にくっついてますが…


着脱可能です。


メガネなしの顔。


いじられキャラなので、表情パーツも困り顔。
なんでしょうかこのエロ担当感。曲げ腕パーツもいい感じです。


もう一つの顔は泣き顔。黒と同じ座り脚パーツと組み合わせると
もう大変な感じに。


後ろ髪のおかげで、椅子に座らせても安定します。


ほとんどのねんどろいどは、過剰に後ろ重心なので、たいがい
椅子に乗せると、ぼてっとひっくり返ってしまいます。

最後はお約束の、ハナマル☆センセイション。
あんまり好きじゃないですけど、この歌。


おまけパーツが少ないので不満の向きもあるようですが、可動範囲の
大きいお下げや、取り外しのできるメガネ、どMっぽい表情など、
「こじか」は毎回原型師さんのノリが一味違います。特に表情パーツ
は流用しても面白そうですね。そのうちアマゾンで叩き売りされる
かも知れませんので、その節はオススメです。

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

フナキ、WWEを退団

Posted at : 2010年 / 04月 / 23日


WWFアティテュード時代に、TAKAみちのくとともにタッグチーム
「カイエンタイ」で名を馳せたフナキが、ついに退団だそうです。

カイエンタイ解散後は、もっぱら裏方と、売り出し中の若手に秒殺
されるジョバーを淡々とこなしていました。光の当たらない役どころ
でしたが、その人柄で会社からは愛されていたという記事を読んだ
ことがあります。

人気スターがみんな自分のブランドのTシャツをこれみよがしに
着ているのに対し、この人はいつも「SMACKDOWN!」の番組ロゴが
入ったシャツやパンツで、その滅私奉公な忠誠心がちょっぴり
もの悲しいレスラーでもありました。

その「SMACKDOWN!」のダイジェスト番組「ヴェロシティ」でちょっと
だけ流れる前座試合で、ひと頃よくこの人の試合が流れていました
が、実況担当の若手アナ、ジョシュ・マシューズ(重度のプロレス
ヲタ)が彼の大ファンで、試合のたびに「ショー・フー!」「フナキ
サーン!」と思い入れ込めすぎ実況をしていたのが思い出深いです。

ちなみに同時期にシェルトン・ベンジャミン、ジミー・ワン・ヤン、
ミッキー・ジェームスも契約終了だそうです。みんなすごくいい
レスラーで、特にミッキーやシェルトンはバリバリの一軍レギュラー
クラスなのでびっくりです。

ミッキーはちょっと前まで、意地悪コンビのミシェルとレイラに
「ブタ、ブタ」といじめられて泣いちゃうストーリーが延々と
続いてまして、台本とはいえお年頃の女の子がぽろぽろ泣いている
姿は胸が痛んだものです。レスラーらしいいい体格で、試合自体も
上手かったんですが…

シェルトンは、身体能力だけならバケモノ並みの逸材で、とくに
ラダーマッチではいつも超人的ムーヴを見せてくれていました。
会社からのプッシュもそれなりにあったんですが、顔に華がないのが
致命的で、とうとうオーバーすることなく終わってしまいました。
そういえば、彼の本領であるレッスルマニアのマネー戦でも、今年は
まったく見せ場がありませんでした(猪木のダーとHBKの引退試合
以外、全体に見せ場のない、つまらない祭典だったのですが)。
まあ彼は、しばらくしたら再契約される気がします。

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0

ねんどろいどカメラ

Posted at : 2010年 / 04月 / 22日


カメラヲタなので、フィギュアにもなんとなくカメラを持たせてみたい
わけであります。

幸い、figma用のは先日、岸辺露伴スペシャルからいいのを取れました。
後はねんどろいどにも欲しいなーと思っていたりするんですが、調べて
みると、ないことはないんですね(ちなみに画像のガチャさんが持って
いるのは、1/6ミリタリーフィギュア用のもの)。

現行品で買えるのは、ねんどろとの互換性が高いことでおなじみ、
シルバニアファミリーの「パーティーレストランセット」(ミ-65)。
おしゃれなテーブルセットですが、なぜか三脚付きの大判フィールド
カメラが付属してます。


おそらく「森の写真屋さん」(絶版)に付いてたカメラの流用かと
思います。わしのようにカメラだけ欲しい変人にとっては、高価な
絶版品を買わずに済むのはありがたいですね。まあこれはこれで
お安くはないんですが。


ネットを見ても、あまりねんどろとの互換性についてコメントされる
ことがないドイツのオモチャ・プレイモービルですが、大きさ的には
けっこう近いんじゃないかと思ったりしています。で、こちらの現行
品には、「ウェディングカメラマン」というヤツがあります。


さすがドイツ製といいますか、三脚のデザインとか、カメラに
グリップストロボが付いてるところとか、妙に凝ってますね。
このセット、お人形が三体も付いてくるんですが、ぶっちゃけ欲しい
のはカメラだけなので、ちょっと躊躇します( ̄▽ ̄)

プレイモービルではカメラマンが人気だそうで、以前もヴィクトリア
朝のカメラマンとか、


ムービーとスチルをセットににした「フィルムメーカー」という
モデルがあったそうです(これは80年代なので相当初期の
モデルですね)。


うーん、今のところ、まだどちらのシリーズも触ったことないん
ですが(一時ピンストにハマった時は、シルバニアにかなりグラッ
と行きかけたこともあったんですけど)、ねんどろの小道具として、
そろそろちょっと手を出してみようかなーとか思ってます。

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

ケーキ食べ放題祭

Posted at : 2010年 / 04月 / 21日


以前撮った時はおはぎしかなかったので、リーメントのケーキを
買ってきました。ケーキを食べてる女子はいつも幸せそうですね。

秋葉鮫隊長より、ソフマップで宇佐美々の値引き始まったとの
情報いただきましたんで、近いうちに買いにいきたいです。
明日は一日雨で寒いそうですが…今日は早くも夏日だったんですが。


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

figmaスクーター

Posted at : 2010年 / 04月 / 20日


一昨日アマゾンで一瞬だけ870円くらいになってましたので、
ポチりましたex:rideヴィンテージバイク(メタリックゴールド)、
届きました。この色、ソフマップでも1000円ちょっとくらいに
なってまして、不人気です( ̄▽ ̄)おしっこみたいな色だからね。
スクーターはニューレイのがあるから、スルー予定だったんです
けども。

ちなみにこの個体、塗装ムラがひどいです。
こことか。


こことか。


フロントカウルにもちょっとムラがあります。だから安かったのかな?

ニューレイ版と較べてみます。
こーしてみるとずいぶんスケールが違います。





買い物しようと街まで出かけたが、洋服忘れて愉快なカトレアさん。


「ぐえへへへ、お姉ちゃん乗ってかねえかー」




あんまり関係ありませんが、サファリ社のぶたちゃんも買いました。


ファットカンパニーが出してる動物シリーズがいまいちピンとこない
んですよね。こちらはお値段も500円ほどで、あちらよりお手頃。
ものにもよりますが、figmaとの大きさもマッチしてます。

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

ねんどろいどQBレイナ予約開始

Posted at : 2010年 / 04月 / 20日


海洋堂のリボルテックシリーズが一段落しましたクイーンズブレイド
ですが、フリーイング製作のねんどろいどがいよいよスタート。
7月発売のレイナが今日から予約開始になりました。

メーカーが違うせいでしょうか、スケール感とか顔の造形の雰囲気が
今までとちょっと変わった感じです。ねんどろいど初のセクシー
キャラですが、キャストオフはするんでしょうか( ̄▽ ̄)つーか
ねんどろで裸になられても…という話ではありますが。
個人的にはスルー予定です。あ、でもトモエが出たら買っちゃうな。


フリーイングといえば、figma用のりものシリーズex:rideが絶好調
ですが、そのSP型番であるBD-1も本日から予約スタート。


なんでSPナンバーかというと、まず「MaxFactoryが自社製作である」
こと、そして「実車である」ことがこれまでと違うからでしょう。
このBD-1、独リーズ&ミューラー社が発売している大人気折り畳み
自転車で、figma公式ブログによると、マックス渡辺社長も愛用して
いるんだとか。相変わらず社長シュミ全開です( ̄▽ ̄)

これまでバイクにしろホイールウォーカーにしろ、「似てるけど
やっぱ違う」デザインでしたから、いよいよ「本家メーカーさんに
ライセンス料払っても元が取れる」メドが立ったんでしょうね。
カラーリングもすべて実車に忠実なばかりか、折り畳み機構も
完全再現とかゴイスー。もうふつーにバイクのスケールモデルです。
本物は10万円以上する高級自転車で、とても手が出ませんので、
こちらはすかさず予約ポチッとな。


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

DSC- TX5インプレ(パノラマ編)

Posted at : 2010年 / 04月 / 19日
ex:rideのスーパーカブを予約しようとアキバに行ったら、なんと
もう全種予約〆切になってました。そ、そんなに人気あるのかアレ。
まあアマゾンで予約復活してくれましたんでいいですけど。

手ぶらで帰るのもなんなんで、アキバの風景をTX5のスイングパノラマ
で撮ってみましたよ。


オリジナルはフルスイングすると5000*1080ピクセル、3MBくらいの
画像になります。上の画像は半分にリサイズ。一部通行人の顔を
消してます。

複数の画像をつないでパノラマ画像を生成する機能は、比較的初期の
デジカメにも実装されてましたね。たとえばキヤノンなんかは
「ステッチアシスト」という名前で、パワーショットG1にも搭載して
いました。もっともそれは、専用のソフトを使ってPC上で後処理する
ものでした。

TX5の「スイングパノラマ」は、258度にわたってノンストップで
水平に画像を記録し続ける方式で、後処理不要、カメラ内で画像が
即時生成されるのが便利です。

とにかくカメラがずーっと動いているわけですから、ややシャープ
ネスはゆるめ、コントラストも落ちるようですが、それにしても
一発撮りでこれだけ映るのは驚きです。最初わしは、動画機能を
援用しているのだろうとシロウト考えをしていましたが、公式サイト
にある開発者インタビューによると、「最大100連写して、その
中心部分を短冊状につなげている」のだそうです。
な、なにその神業。だって画像生成まで1秒だよ?

画像をご覧になっていただければわかりますが、つなぎめは
ぱっと見ほとんどわかりません。実はよくよく見ると、ところ
どころにうっすらタテ線の角度のズレがあったりするんですが、
これは仕方ないでしょう。セガと松屋の境目あたりに歩いている
人の姿が半分消えてしまっているのは、わかりやすいつなぎめ
ですね。これはこれで、かえって面白い画だと思います。



話は全然違いますが、近所のスーパーで、大量のブリのアラ発見。
しかもちょっとテンションの上がる量です。


今夜はブリ大根だ!

【追記】
[DSC- TX5インプレ(パノラマ編)]の続きを読む

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

けふのアマゾンウォッチlite

Posted at : 2010年 / 04月 / 18日
ねんどろいどドロッセルの暴落が止まりません。


現在なんと65%offの1403円!!
ねんどろいどの割引率最高記録じゃないでしょうか。
買え買えモマイラ( ̄▽ ̄)


長いこと定価近くに戻していましたリボルテック黒王号も、昨日
あたりから半額割れの4084円になってます! ここまで安いと
「買っちゃうか!」という気分です。


ex:ride ride.001 ヴィンテージバイク(メタリックブルー)が
2割引の1175円ですね。基本ex:rideはアマゾンではほとんど
値引きなしですので、目を引きます。ちょっと前、一瞬だけ
メタリックイエローが870円くらいになってましたので、思わず
ポチッてしまいました…アマゾンは時々、こういう何かのマチガイ
的なタイムセールがあるのでたまりません。

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

開放病棟

Posted at : 2010年 / 04月 / 17日
いつもの面子でバカ飲み会。
参加者某氏曰く「キ●ガイの開放病棟だねここは」。
まったく同感です( ̄▽ ̄)
今作ってる本についても示唆に富んだご意見をよってたかって
もらえまして、有意義な会でした。

わし個人もやや執筆が煮詰まり気味でしたので、いいリフレッシュ
になりました。


あっ、近接で撮ったら、刺身じゃなくて海草にピンが。
こういう時はいくら広角といっても、ズボラせずちゃんと
ピント位置を指定しないとダメですね。
非常に暗く、かつ肉眼でもかなり赤っぽい電球照明のテーブル
でしたが、ブレもなく、オートでもいいホワイトバランスです。


(CYBERSHOT DSC-TX5)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

DSC- TX5インプレ(夜景編)

Posted at : 2010年 / 04月 / 16日
四月も後半だというのに、東京は雪が降りそうな寒さです。

昨日の帰り道、ちょこっと深夜の街を撮ってみました。
最近のソニーの売り物のひとつである「手持ち夜景モード」をテスト。



ISO400。
「手持ち夜景モード」ってのは、やたらに感度を上げまくるんじゃ
なくて、ワンシャッターで瞬間的に6連写して、その画像(露光)を
合成して一枚の鮮明な画像にしてしまおうという手法。銀塩時代も
低感度夜景撮影の定番手法だった多重露光を、瞬間的に、デジタル
的に処理してるんですね。

画像合成処理自体は他社もすでに実装して、ダイナミックレンジ拡張
などに使っていますが、6連写というのはドープですね。裏面照射
センサーと光学手ブレ補正を組み合わせたチカラワザという感じです。

前述した銀塩の多重露光は、結果として長時間にわたる露光になり
ますから、車など動いているものは流れて消えてしまうのですが、
TX5は瞬間露光なので、上の画像を見ても判るように、歩いている
人の影がちゃんと止まっています。びっくりです。画像自体も
シャープですね。

もう一枚。こちらは元画像のシャッター速度が1/8秒なので、
さすがに車が少し流れています。ISO500。


お恥ずかしい失敗例もアップします。
左下隅にでっかく写り込んでいるのは、ぼくの指です。
レンズがボディの端っこですし、広角レンズですから、おかしな
持ち方をするとこういう失敗をやらかします。このカメラは基本的に
「持つ場所」がないので大変です。



その他のインプレ。
・電池室の「半ドア」判定はとてもシビア。蓋を閉める時はかなり
気合いを入れて「ぱちっ」とやらないと、かなりの頻度で警告が
出ます。まあこのカメラ唯一の開口部ですから、ここからちょっと
でも浸水したらそれでオシマイ。無理もありません。
・カメラ内赤目補正というのを、初めて使ってみました。一昔前なら
フォトショでシコシコやった作業が、スイッチひとつで一瞬です。
しかもキレイに消えて、別画像として保存されるんですからビックリ
ですね。アンシャープ機能やタッチペンを用いた落書き機能も
ありまして、もうヘタなペイントソフトは要りませんね…

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
«Previous | Next Page»