王者内藤、亀田2号に圧勝

Posted at : 2007年 / 10月 / 11日


内藤のボクシングは決してパワフルでもキレイでもないけれど、
それでもド素人と較べたら雲泥の差があったわね。亀田兄弟が
初めて噛ませ犬以外と戦ってみたら、いかに連中がボクシングの
基礎ができてないか素人にもハッキリ。

当初は亀田一家の仕掛けに乗ってやりたい放題やらせてたJBCも
今回は事前にジャッジの公平性を強調するなど、完全にハシゴ
外しにかかったこの興行。頼みの綱はTBSだけだけど、ただでさえ
人気に陰りが出てチケットも売れなくなってた亀田興行、一応
サクラも仕込んじゃみたが、フタ開けてみたら、今まで鬱憤の
溜まっていたアンチ亀田が大集結。もう完全に亀田アウェイ。

そんな健全な雰囲気の中、着々とポイントを稼ぐ内藤と、困ると
いつものバッティング、ローブローとダーティな戦法で相手の
ダメージを狙う2号。しまいにゃヤケクソのボディスラムで
前代未聞の1Rで3点減点くらう醜態を晒す始末。

今まで調子に乗ってチンピラ風吹かせまくっていたオヤジや
長男は、場内に満ち満ちていたあの怒号のような内藤コールを
どう聞いたのかね。多分、初めて「世間の声」というものを
ナマで耳にしたんじゃないかな。少なくとも、「何かが終わった」
ことだけは、あの足りなそうな頭でも理解できたこったろう
(切にそう願う)。

悪名高い共栄パワーも、最終ラウンドのゴングを10秒遅らせる
のがせいいっぱいだったようで、1号も次はキビシイ試合に
なるんだろうなあ。ああ、溜飲下がったわ。

とはいえ、今この社会にネットがなかったら、と思うとゾッと
するよな。テレビを見て何十万もの人が「あれはおかしい」と
思っても、その意見を発信する手段がない。情報を共有できない。
多くの人は、偏向したマスコミを丸呑みにして、「亀田は強い」
「亀田は英雄」と信じ込んでいく。

こうして「アンチ亀田」の風潮を作ったのは、明らかにインター
ネットだ。亀田フィーバー当初は、TBS系以外のテレビ局や大手
新聞社までもが尻馬に乗って亀田家を賛美していたことをわしは
決して忘れない。

TBSよ、今の時代、人々はお前らがお手盛りにしたやっすいエセ
ヒーローになんか乗らないよ。第二の沢村忠を作り上げようっ
てんなら、次はもっとうまくやんなさい。

さて、亀田2号くんは試合前日、全国民の前で「負けたら切腹」
と言い放ってるわけで、まさかほっかむりはしないよな?
男らしくザックリ行っちゃってくれ。な。
★オマケ( ^ω^)★



Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

SMACKDOWN!#422

Posted at : 2007年 / 10月 / 11日
今週放送のスマダの目玉はテディ・ロングGM(孫がいる!)
とディーバ・クリスタルの公開結婚式。


どう考えても面白くねーだろと完全にナメてたら、これが
まあ全盛期の「めちゃイケ」的面白さだった。

なんと招待席にはビンス会長を筆頭に、3番組のスパスタが
全員正装で集合。特別ゲストには人気アカペラユニット
ジャギド・エッジが駆けつけ、素晴らしい生歌で二人を祝福。
司祭役はコメディアンのブルース・ブルースが務め、なんか
すんげー本格的。

ところが、式が進むにつれ、「アタシに歌わせろ」という
ジリアンやら、懐かしのゴッドファーザーがエロいお姉さん
たちを引き連れて乱入したりで、新婦の顔は歪みっぱなし。
あげくにホーンズワグルは花嫁衣裳のスカートの中に潜り
込んじゃうし、参列者の男どもはゴッドファーザーの
ホートレインに乗りたくて付いて行っちゃうし、もう無茶苦茶。
しかもラストには衝撃のオチが・・・!

クリスタルのリアクション芸がいちいち面白かったのは
言うまでもないんだけど、ワキの人たちも手を抜かずに
仕事してるんだよねー。コントなのに、感極まってちょっと
涙ぐんでるミシェルとか、介添人なのにゴッドファーザーに
ちょっと付いて行きたそうなロンとか。なんかね、久々に
「劇団WWE一座」の大喜劇って感じでね。

主賓のビンスがまた、一座の座長であり、参列者みんなの
お父さんって感じで、なんかイイ雰囲気だったなあ。

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0
 |