【WBC】日本優勝

Posted at : 2009年 / 03月 / 24日


ふうー、もうマンガみたいな試合だったなあ。
9回追いつかれた時はほんとにもうダメかと思ったわ。
ずーっと「あと1点取れる」ってところで突き放せない流れだったし。
代打ムネリンが内野フライになった時にゃ目眩がした。

しかしそこでイチローなんだよなあ。
今大会は一貫して不振だったイチローだけど、前回の「三〇年」
発言に端を発し、今回も「ねえよ、ねえ」「3連敗はできない。
プライドの問題」「韓国さんとはもういいでしょう」と、
韓国に対しては一貫して距離を置くコメントを続けていた。まあ
今までさんざんいやがらせもされて(今回も韓国内で球団公式
暗殺Tシャツを作られたりした)、ムカつくなというのが無理な話。

そしてそれらの因縁がすべてここに帰結する、まさにゴッドアングル
としか言いようのない決勝打。

あるいは韓国の監督(お世辞ではなく原より名采配が多かった)に
もう少し冷静さがあったなら、あそこでイチローとの勝負を避ける
選択肢は常識としてあったろう。だが、彼らはそうしなかった。
前述の因縁ゆえに、韓国人特有の民族的自尊心がその合理的判断を
許さなかった。

つまるところ、イチローひとりに彼らは負けたのだ。

近年特にいろいろ言われることが多いけれど、やっぱりイチローは
百年に一人の野球の申し子なのだと思わざるを得ない。才能と、
そしてこういう試合でこういう打席が回ってくる星の巡り。
なおかつ結果を出す。常人ではない。インタビューでの
「ほぼ、イキかけました!w」は今年の流行語大賞決定だなw

不慣れなレフトで名守備を見せチャンスできっちり振れていた
内川、終盤捕まったとはいえ中四日で快投した岩隈(原の引っ張り
過ぎが悪い)、ナカジ、青木、みんなありがとう。特に村田の
手袋で試合に出てくれた片岡、ありがとう。

【追記】
産経ニュースによると、最後のあの局面、キム・インシク監督は
敬遠を指示していたそうだ。新しく替わったキャッチャーに
うまく伝わっていなかったとかで、監督、失礼しました。

まあ、この総力戦になった時に「一枚足りない」層の薄さが、
日韓の差なのだろうね。延長戦になった時、残ったコマを考えて
日本の優勢を、願望とは別に、冷静に確信したファンは多かった
ことだろう。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |