イヤフォン新調

Posted at : 2009年 / 04月 / 06日
EMPP2Cが購入僅か四ヶ月で断線。

マイクロソリューションズのイヤフォンはエイジングで音が激変する
というけれど、実際これ、二ヶ月も鳴らしていると、気がつけば
ホントにキレイに高音も解像するようになった。今はちょっとだけ
値上がりしてるけど、1700円のイヤフォンとしては上々の音だった
ですよ。

安いのでまた買い直してもいいのだけど、星の数ほど製品があるこの
ご時世、保守的になっていてももったいない。アマゾンをつらつら
見ていたら、おおっ、アルティメットイヤーズのMetro.fi 150が
3200円の投げ売りじゃにゃーの!

つーことで、ポチッとな。
えっ。年末に買ったアップルのBAはどうしたのかって?
おうちでクラシック聴く時専用に置いてありますが何か。


塩ビ製のカプセルと、サイズ違いのイヤーピースが付属してます。

ご案内のようにUEといえば米国のプロ用エアモニのトップメーカーとして
知られてましたが、去年スイスのロジクールに買収されてなんか
ゴタゴタだった模様。つかまあそんな事とは関係なく、コダワリ派の
ための最高級メーカーだけに、買うとなったら皆さんフラッグシップ。
こーゆー廉価版をわざわざ買ってどーこー言う人はほとんどいない
ようで、検索してもレビュー記事とかあんまり出てきませんw
まあそんなイヤフォンです。

某有名レビュアー様によると、「値段なり。良くも悪くもない」
とのことで、実勢5千円当時で値段なりの性能なら、3千円で買えると
ちょいとお得感が( ̄▽ ̄)

つーことで、慣らし時間ゼロのファーストインプレ。

わしの場合、イヤーチップはデフォルトのMサイズですが、装着感は
すこぶるよろし。ちょいとハウジングはデカめなものの、さほど気に
なりません。タッチノイズ、風切り音もほとんど耳につかず。

ケーブルはY字型で、ちょっと長めかな。普通に垂らしても、耳の
上から1回巻くいわゆる「シュア巻き」でもOKだそうです。

慣らしなしでも、特に気になる音のクセはなく、低音から高音まで
過不足なく鳴ってます。ベースは出過ぎず、高音は想像以上の解像感。
アコギの音も丁寧に拾います。

音量は普通に取れますが、もうちょっと大きくてもいいかな。
音場はあまり広く感じません。

最初の印象は「元気のいい音が鳴るなあ」。
低音がズンズンくる感じではないですが、中高音がぱぁん、と
弾むように響く印象。近似価格帯で評判のいいフィリップス
She9700がソツのないお嬢様とすると、こちらは明るいスポーツ娘
というところでしょうか。ポップス向けですね。ヒップホップや
ダンス系にはちょっとベースのパワーが足りない感じです。

しばらく使い込んで、また音が変わるようならまたなんか書きます。
型落ち品とはいえ、とりあえず3200円なら余裕のお買い得品っす。


Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |